さわやかでまえむきな人間になりたい男が
好きな「文化」を語る。
そんなブログです。from 2004yaer。

ファンレター&苦情はこちら kyopon2017@yahoo.co.jp



俺は後ろ向きだ

後ろ向きで悪いか。はっきり言うと俺はネガティブだ。
最近好きなアーティストそれは犬神サーカス団だ。悪いか。何も悪くない。
彼らだって立派なメジャーアーティストだ。昨年10月、「命みじかし恋せよ人類」でメジャーデビュー!レコード会社は天下の「zetima」だ!あのモーニング娘。と一緒だ!ついでに事務所もアップフロントエージェンシーだ!これも一緒だ。なぜ「うたばん」にたびたび出ているのかは大体こういった事情からだ。
そもそも彼らを始めて見たのはナツカシの「えびす温泉」。
田代まさし三井ゆりが司会の(ガハハ)、バンドが対決してがんばるといった「いか天」再びといったような内容の番組だった。
確か犬神サーカス団、確か確か(はっきりしない)スケボーキングを倒してしばらくチャンピオン(スケボーキングってどこいったの?)だったのだが、CASCADE(後のグランドチャンピオン→メジャーデビュー→結構売れた→解散)に敗れた記憶がある。すごい面子だ。スケボーキングを倒す犬神サーカス団。でも違ったような気がする。でもスケボーキングは出てた。それは確かだ。

当時の犬神はメンバーも違って(ボーカルの犬神凶子ちゃんと、ドラムの犬神明はいた)、音楽性も多少違った。今はなんだか古臭いハードロックに乗せて凶子ちゃんが高らかに歌いあげる感じだが(歌もの)、当時は凶子ちゃんはプログレッシフブなバックに乗せて「今夜もお母さんが私の首を絞めにやってくる お母さんは知っているのね。私とお父さんが愛し合っている事を!」とセリフを絶叫するような音楽だった。歌はあまりなかった。この曲は「でもねお母さんは私の中にはお父さんの子供がいるのよ アハハハハハハ!」という感じだった。(放送できるんですね)そのほかには「アポリネールよ!!」とか突然叫びだしたり、楽しかった。

で、その1年後位に新宿のツタヤで犬神サーカス団のCDが売っていたので思わず買ってしまった。「御霊前」という縁起の悪いタイトルに、そのまんま「御霊前」の袋なジャケット。中身は「えびす温泉」でやっていた曲を含めてメドレーのような形で繋げた3トラックの大作だった。(1トラック10分くらいで、細かい曲がいろいろ繋がっている。普通に収録してくれてもいいのに)
やはり凶子ちゃんがセリフを叫び、プログレッシブな演奏だった。格好いい!
これは完全自主制作で今はかなりレアらしい。

犬神といえばそういうイメージで止まっていたので、「うたばん」で久しぶりに曲を聞いてびっくりした。凶子ちゃんが歌いまくっているのだ!歌うな!叫べ!演じろ!

インディーズ時代のベスト+メジャーのシングルをまとめたグレイテストヒッツを聞いてみたが「でもワザとじゃない」(私は○○をしてしまいました・・・でもわざとじゃない!と展開していく曲)とか「人工妊娠中絶」以外は歌ものが多い。でも聞いているうちに好きになってきた。うたものもいいじゃないか。でも音が古すぎる。プロデューサーがアースシェイカーの人だからか。モダーンな犬神もききたいぞ。

それにしてもこんなバンドをデビューさせたzetimaは神。ていうか馬鹿じゃないのか。何を考えているんだ。本当に株式会社か。でもうれしい。さすがアップフロントの考え付く事は常人には着いていけません。

お前らが笑う所で俺は泣く
お前らが見ない所に俺はいる
お前らが知らない所に俺はある!
だけど俺はお前らを知らない
だけど俺はお前らが怖い!

呪ってやる!