さわやかでまえむきな人間になりたい男が
好きな「文化」を語る。
そんなブログです。from 2004yaer。

ファンレター&苦情はこちら kyopon2017@yahoo.co.jp



さようなら、眼鏡の世界

maemuki2004-07-15

9月11日に横浜アリーナでBUCK-TICK様のライブがあるからいこうかな。
でもBUCK-TICK好きな友達とかいないんだよな。皆洋楽ばっかり。さみしいな。
一人で横浜アリーナ‥遠い‥。埼玉県民には「ちょっとした観光」レベルだ。

BUCK-TICKって今でも人気あって武道館以下のライブは軒並みソールドアウトしちゃうんだよ。
さすがに横浜アリーナだったら大丈夫だろう。チケットも取れるに違いない。


横浜アリーナには後藤真希脱退のモーニング娘。のコンサートに行きました。
あのだたっぴろい空間はモーヲタに埋め尽くされてました。凄かった‥
今度はBUCK-TICKファンに埋め尽くされるのか‥そっちも凄いな‥俺は変なのばっかだ。
もっと皆が好きそうなのを普通に好きになりたいな。アジカンとか。
ベル&セバスチャンとか。タヒチ80とか(とっくに流行終わってるか‥)
洋楽にしても俺のフェイバリットアーティストである、The Divine Comedyや
momusやMylene Farmerを好きな人はまわりにいなくてさみしい。


オレンジレンジは嫌いでない。若い人たちの乱交パーティーみたいな音楽は好きだ。
眼鏡かけてさえない人が「僕らどこまでも〜飛んでいく〜(ズタタタタ〜←聴きやすいディストーションギター+ラウドすぎないが、そこそこエモーショナル、バーストしたリズム隊の音)」みたいなのに比べたら好きだ。


オレンジレンジと、アジカンもしくはくるり。
お前はどっち側の人間かと言われたらもちろんアジカンくるり方面なんだろうが、
実はオレンジレンジの仲間に入りたい。俺も太陽の下で騒ぎたい。
「上海ハニーと浜でレッツダンス〜」「刺激的な穴にエスコートしてよ〜」
ああ。
いい。
知らない世界だ。
知らない世界は素晴らしい。
知らない世界を知る。
それは芸術だ。


アジカンくるりみたいな世界観は実体験済みである。俺もかつては下北界隈のギターポップバンドをやっていた。(今、背中に鳥肌が立ったが、傍から見たら当時はそういう状況だったのは間違いない)毎週のように下北に練習に行った。
もう十分だ。眼鏡な世界は十分だ。
さようならハイラインレコード。


これからはオレンジレンジみたいな人生を送りたい。


ところでBUCK-TICKは素晴らしい。
暗いから。
暗い音楽をやる人はみんな友達だ。
最近は暗くもなく、明るくもない音楽(僕らどこまでも〜飛んでいく〜 バックはズタタタタ〜←聴きやすいディストーションギター+ラウドすぎないが、そこそこエモーショナル、バーストしたリズム隊の音みたいな音楽)が支流でさみしい。別にどっちでなくてはならないということはないのだが、俺ははっきりしたのが好きなんだ。


今日の日記は最低だ。でも、いい。
俺はもう眼鏡系の人間じゃない。かまわない。
浜でれっつダンス。刺激的な穴にエスコートしてよ系なのだ。


今年の夏、俺は軽薄で意味のない夏を送りたい。
意味がありそうで無いのはもうやだ。どうせ無いのだったら快楽がある方がいい。