さわやかでまえむきな人間になりたい男が
好きな「文化」を語る。
そんなブログです。from 2004yaer。

ファンレター&苦情はこちら kyopon2017@yahoo.co.jp



D「Paradox」

バンド名が「D」ですよ。ピーンときたアナタ。そうです。バレました?。
ヴィジュアル系ですよ
ひとことでヴィジュアル系っていってもいろいろあるですよ。
最近の流行は、まるでSHAZNAを継承したようなラブリー&ポップな感じやDir en greyのニセモノ
みたいなのが多いんですけど、このDというバンドは伝統芸としての「ヴィジュアル系」を継承してます。
長髪、染髪、エナメル衣装、羽飾り、嗚呼これぞヴィジュアル系!コテコテ!IDジャパン!当方浅葱同化!


皆さんはあまり知らないでしょうが最近こういうバンドがいそうでいないのですよ。
バロックというバンドが登場してからというものの、ストリート系や古着にアクセサリを
多用した今風の格好にメイク、みたいなバンドが増えちゃったんです。


万が一そういう昔風のバンドがいてもレベルが低い、うんこみたいなバンドが多いんですよね。
Dはそこが違う。まず、そこはかとない「おメタル」な感じ。これも最近無い要素。メタルは
難しいのでへっぽこヴィジュアル系は皆避けてるんです。当然Dも演奏力はこの界隈では
トップクラスですわ。特にドラムは上手い。これまたいまどきツーバスですよ。


ボーカルのASAGIさんはこれまたヴィジュアル系では珍しい、高い歌唱力の持ち主ですよ。
昔は売れるバンドの条件はボーカルが上手いって事は必須だったんだけどねえ。最近は違うのね。
そんな中でASAGIさん(通称:あー様)はピカイチですわ。中低音のよく伸びる声。ビブラートも
ゴージャス。高音もばっちり。前の前のバンドのジュルビアンから知ってるけどますます上手く
なってます。おメタルな骨太演奏にも負けてません。


歌詞もコッテコテ。「花惑」という曲の出だしから「私は駆ける 漆黒の騎馬で〜」でやられて
しまった。エクスタシー!「Pride」というLUNA SEA風の曲では「あの鳥の様に 翼を広げて〜
君を連れて〜闇の向こうへ〜闇の向こうぇぇ〜〜フウ〜」と高らかに唄い上げてたまりません。
この曲、手扇子したくなります。あー男だけど手扇子してぇ〜髭に坊主だけどお〜許してよバンギャ様〜

まさに伝統芸能。あややのライブを始めて見た時の「うわ〜アイドル!これぞ伝統芸能!卓越した技!」
という感動とよく似ています。

期待の伝統芸能継承的ヴィジュアル系バンドのD様には是非ともブレイクして頂きたい。
この後は渋谷公会堂ワンマンでメジャーデビュー発表。伝説の日比谷野音、メンバーの
アクシデントでツアー中止、謎の音源延期、無駄に豪華な初回版仕様、ソロ活動にハラハラ、
等、活動内容も継承して頂きたい。
でも不景気だからなあ どうかなあ。