さわやかでまえむきな人間になりたい男が
好きな「文化」を語る。
そんなブログです。from 2004yaer。

ファンレター&苦情はこちら kyopon2017@yahoo.co.jp



秋冬のテーマは「ヨーロッパのビーボーイ様」


秋冬はビーボーイ様のような格好をしたい。
なぜ様付けなのかというと、やはり自分がビーボーイ様ではないから、
外部の方への謙遜と礼儀ということで様付けをしている。
夏もダラリとしたサイズのジーンズとシャツとサンバイザー(キャップが
似合わないので)なんかでにわかビーボーイ様でキメてみた。
髪も坊主だし、少し肌も焼けていた。なかなかキマっていたと思う。


「お〜ビーボーイ様のよう」
と街角のショーウィンドーに映る自分を見て思ったのだが、問題なのは
そのとき愛器「ジギタリス」(iPodにつけている名前)が奏でていたのは
よりにもよって「Moi dix Mois」。(ex.MALICE MIZERのmana様のソロ・プロジェクト
エレガントでゴシックでロリータなメタル要素を含んだメタルな曲が多い。)


こんな格好で聴く音楽じゃない。
Moi dix Moisモワディスモワと読みましょう)ズタズタズタ、タリラリラリ(高速チェンバロ
激しくない麗しいギター、ロマンス歌謡の如きボーカル。歌詞も「天使の羽広げ〜♪そう記憶の音〜♪」
と、孤高のエレガント・ゴシック・メタル
フリル着けなきゃ!ビーボーイじゃなくて、mana様がプロデュースしているゴシックロリータブラン
「Moi-meme-Moitie」着なきゃ!丸井ワン行かなきゃ!亡くなったのかあそこ。


別に聴く音楽とファッションは結びつかなくてもいいのだが、両方に失礼な気がする。


小沢健二様が好きなブランド「sarcastic」(http://www.sarcasticclothing.com/
なんかいいんじゃないか。コスプレである。当方小沢コス。いい感じだ。
でも楽天のsarcastic通販を見るとなんとなく自分には似合わないかもと思った。
別に何着ても似合わない気もするけど。うー


こう気品あるヨーロッパ系ビーボーイ様(ヨーロッパが気品がある?笑わせるね)
になりたい。ピエールカルダンあたりのでかいシャツを着ればいいのかしらん。
ファッションセンスがないのでわからない。
ウーフィン読もうかな。うーんメンズエッグか。(メンズエッグをコンビニ立ち読み
する時、凄いドキドキする!)うーメンノンー。スマートーはぁぁ。
もういいか「ゴシック&ロリータカタログ」で。えー嫌だ。
あー

いや、やっぱり音楽から変えよう。
ヒップホップを聴こう!
何から聴いたらいいのだろう?アレステッドディヴィロップメント???
自分の中のヒップホップといったら
かせきさいだぁ
スチャダラパー
TOKYO NO1 SOUL SET
あとはテレビで見たTHE BLUE HERBがかっこいいと思った
けどちゃんと聴いてない

id:cameracamera さんの所で勉強しよう