さわやかでまえむきな人間になりたい男が
好きな「文化」を語る。
そんなブログです。from 2004yaer。

ファンレター&苦情はこちら kyopon2017@yahoo.co.jp



忍び寄るアレ、防護するソコ、漂う暗闇


徐々にまたアレが忍び寄る


コンクリートの壁の間の細い道を俺はひたすら歩く
歩きながら壁の模様を眺めている
雨など降っていないのに壁は湿って、つぅぅと雫が垂れる
空は刻々と暗くなり、意識を少しでも遠ざけると暗くて何も見えない。
息を吸うと湿度の高い黒い霧が体内に入り込んだ気分になる
絶え間ない不快に足を止め、後ろを振り返ると湿った靄の中に光が見える
「光は後ろに」
呟き俺は進行を逆にし歩き始めた。