さわやかでまえむきな人間になりたい男が
好きな「文化」を語る。
そんなブログです。from 2004yaer。

ファンレター&苦情はこちら kyopon2017@yahoo.co.jp



彩冷える シングル「クロイツカササグイトシネガイ」

上記CDを買いました
ライカエジソン限定CDのセカンドプレス。初回プレスとは曲が一部違うらしい。面倒くさいことしますねー。セカンドプレスは4曲入り。
1曲目「VUMP」は宅録と思われるインスト。ツンタカツンタカドコドコドコヴォーイって感じです。昔自分がやっていたバンド界隈(インディーポップ周辺)を思わせるローファイ振り。とてもヴィジュアル系のCDとは思えません。そういう意味では斬新なのかもしれない。
2曲目が表題曲「クロイツカササグイトシネガイ」 自分的に好きな「ロマンサー」を継承する切ないポップ路線で、初回プレスを買った人たちの評判が良かったので、期待をしていたのだが・・・うーん「ロマンサー」の方が好きかなあ メロディラインが普通。「これぞクロイツカササグイトシネガイ」という強固たる主張をするメロディはなかった。サウンド面でも殆ど進歩がなくて残念・・・
涼平くんの詞は相変わらず美しい。今回はセックスソングの様子です。クロイツカとセックスして愛しいみたいな歌詞なんだけど、クロイツカってのは何でクロイツカなんでしょうねえ。黒塚さんっていうラブリーな関係な人がいるのかな。
あと「少女地獄(まだ読みかけ)」みたいなくだりも。夢野久作を知っているヴィジュアル系の若手がいるなんて!感動です!!!!!

3曲目「壁_R」はフールズメイトのインタビューでは「ダンスメタル」とのこと。変なタイトルなのでかなり期待。壁、アンダーバー、アール?やっぱり涼平くんは何か良いものをキメていらっしゃるのではと勘ぐってしまいます。
ダンスメタルとのことで、リズムは打ち込み。彩冷える独特の「音色だけハード」なギターが絡むやっぱり変な曲。アレンジの表情のつけ方が巧みで聴いてて飽きない。
最後の気持ち悪い半音転調もいい感じですね。ボーカルが半音の転調に若干ついてこれていない感じで、それが気持ち悪さを増幅させて良い感じ。
歌詞は緊張感がある感じでこれまたステキですね。

4曲目は「シクレトトラク」ってこれ曲名じゃないではないのかな?違うか。
うーんこれがビックリ。デモテープ。昔のヴィジュアル系であった販売用のデモテープ、ではなく「曲作ったんだけど聴いてみて」とスタジオ練習の際に渡すようなバンド内のデモテープ!!!
右トラックから聴こえてくる素朴なエレキギターの音に何故かバンドマン時代の思い出が蘇ります。しかも間違えてる所もそのまま収録!男らしいです。うーんアノラック!ヴィジュアル系アノラック!アノラックっていってもわからないですよね。(80年代パステルズというイギリスのバンドに代表されるヘボさが売りのポップロックをアノラックという‥のか?ちょっと違うか)

CDの感想で最後に☆☆☆とかつける人が多い理由が今日わかった。こういうレビューって締めの言葉難しいからだ!!