さわやかでまえむきな人間になりたい男が
好きな「文化」を語る。
そんなブログです。from 2004yaer。

ファンレター&苦情はこちら kyopon2017@yahoo.co.jp



オシオクエスト

http://blog.livedoor.jp/orz_kawaisosu/tb.cgi/26489968


ロックスターでありFAKE STARでもある、私達の真のロック先導者LIVの押尾学様が、洋楽ロックの重鎮たちと戦い、世界のロックを救うために立ち上がった様を描いた、2ちゃんねるVIP板に立ったスレのまとめBLOGです。
面白い。面白すぎるwwwwww


お気に入り箇所は


ソニックユース『ジーザス&メリーチェイン・・・復活するときが来たぞ』
マイブラ『本当に・・・力を解放するのか』
ソニックユース『しょうがない。世界を陰鬱なノイズで埋め尽くす。
        俺がUK勢に魂を売ったのもそれが狙いだ』

押尾のストラトキャスターが白く生まれ変わる

インギー『それは・・・ジミヘンのストラト!』
押尾「パポヘイ〜ズ!」
インギー『くわっ』
押尾「いくら偉大なる早弾き王でも許さんぞ」
インギー『ワレエ!』
押尾「遅い!もうお前はインペリよりも遅い!」
インギー『クソオオ!』
押尾「終わりだ」

押尾のストラトがインギーの頭に直撃した

押尾「・・・イングヴェイお前は強かったよ
   しかし間違った強さだった」

ジェフベック『仕方ないな。そころで君は?』
押尾「LIVの押尾です。クイーン女王に会いに来ました」
ジェフベック『クイーンはもう死んでる』
押尾「え?」
ジェフベック『まあゾンビ化して日本を徘徊してるけどな』
押尾「日本を?」
ジェフベック『クイーンは朽ち果ててゾンビ化したが
       ジュエルズという宝石で日本に召還されて未だに日本に居座ってる』

押尾はザ・フーのアジトに向かった

押尾「たのもー」
タウンゼント『あ?』
押尾「エントウィッスルはどこだ」
タウンゼント『誰か名乗れ』
押尾「LIVの押尾だ」
タウンゼント『知らねえな』
押尾「そうか・・・じゃあ幼女と遊びに行ってくるか」
タウンゼント『ちょwwwwおまwww』
押尾「ん?」
タウンゼント『幼女紹介汁!」
押尾「汁!じゃねえよ。じゃあしたらエントウィッスルにあわせろ」
タウンゼント『おkwっうはwwwwwwwwww』
押尾「かつてのTHE ROUDEST ROCK BANDも形無しだな・・・」

ついにLIVが完成
押尾学(Vo.Gu)カルロス・サンタナ(Gu)TMスティーブンス(Ba)サイモンフィリップス(Dr)

押尾「あまり若者向けのサウンドではなさそうだな」

日本人A『ラブパレード最高!』
日本人B『昔はクラッシュとか粋がって聞いてたけど
     最近じゃレンジ一筋っす!』
日本人C『俊介神wwwwwwwwwでもオレンジレンジの方が神!』
押尾「どうしちまったんだ・・・」
日本人D『は、俳優の押尾学だ!』
C『かっけえなやっぱ』
B『ファッキン ライト』
押尾「凡人が俺になんのようだ。それに俺は俳優じゃない。今はロッカーだ」
A『ロッカー?ああモップとかほうきとかチリトリとかワックス入れるアレか』
押尾「ROCK!わからんのか。俺みたいに家庭内では英語なのは当たり前じゃないのか」
D『ROCK?だったらオレンジレンジ!間違いない!VIVA ROCK!』
C『オレンジレンジ>>>>>>>>>>>>>>>大黒』
押尾「話にならん」
ナメック星人『久しぶりッスね先輩』
押尾「な、ナメック!」
ナメック星人『日本のロックを仕切ってるオレンジレンジヴォーカルです』
押尾「お前らがロック?歌を聞かせてみろ」
ナメック星人『花びらのように 散り行く中で〜』
日本人D「やべえ、涙出てきた・・・」
日本人A「まじ良い歌だよな」
押尾「ふん、まるで初期スマップ並みの歌詞だな。見ろ、鳥肌が立ってる」
日本人A『レンジの歌をバカにすんじゃねーよ!死ね!』
押尾「いつから日本はこんな風になっちまったんだ・・・」
ナメック星人『先輩、何しに日本に戻って気たんすか?』
押尾「うるせーよお前に教えるか」
ナメック星人『マーティーならウチのレコーディングで使ってますけど?』
押尾「!?」

エミネム『YO!』
押尾「ほう・・・ヒップホップ畑からお出ましか?」
反町「今度は俺が行くぜ」
エミネム『MOTHER FUCK'N SHIT!GET UP!』
スティング「気をつけろ。手強いぞ」
反町「パブリックエネミーを聴いて育った俺にとってエミネムのフリースタイルなの
   ただの駄洒落さ」
エミネム「Fuck'N!」
反町「俺は東京生まれ ハードロック育ち
   悪そうな奴は だいたい皆殺し!」
スティング『なんて攻撃的なライムだ!』
押尾「・・・パクリじゃないっすか」