さわやかでまえむきな人間になりたい男が
好きな「文化」を語る。
そんなブログです。from 2004yaer。

ファンレター&苦情はこちら kyopon2017@yahoo.co.jp



というわけで、行ってきました。


[場所]埼玉(ex.彩の国)某シダックス
[時間]平日の金曜日(俺はニートじゃないぜ!)
[参加人数]一人
[今日の意気込みは?]ライブの前の100の質問みたいでうざい


1、シダックスといえばお馴染みのカラオケボックス。初めていく店舗でした。
金曜日の時間は昼13時。天気は良好。ドラキュラの俺にはつらいね。あっ!ごめん。幻想世界に逃避しちゃった!たいほしてー!!!


2、私は、店舗の前に、自転車を止めました


3、シダックスはまるで薔薇の聖堂の如く静まり返り、吹き抜けの天井には静寂が「お待ちしておりました」と我を迎えてくれました。そんな気がするのです。そんな気が・・・するのです・・・・


4、受付には吉山はるかさん(想像名)19歳、シダックスのバイト暦1ヶ月週3のシフト、趣味はもちろんカラオケ。好きなアーティストはヤイコアイコ。さいきんインディーズも好き。そんな聖なる女子の口からそれは発せられた「いらっしゃいませ」「あの一人なんですけど」と我。「会員さまですか」「いえ違います」「こちらにご記入ください」と個人情報を書くように命じられる。私の個人情報などお好きにお使いください。この紙はSSL対応ですか?とブツブツいいながら記入しました。


5、「お時間は?」と聴かれたので、奇を衒わず(わたくしは、たとえばこの文の中で一人称がブレているように)2時間で、と答えました。


6、「おにかいの206号室へどうぞ」と彼女はつぶやく


7、二階の部屋はすべてドアが開いていた。
それが、空室を意味することは、もう若くない僕は知っている


8、部屋は、真知子と麻美と悟とキャシーが入れば「狭いな」と言い合えるような広さだった。


9、嗚呼、ついに来てしまった。念願の一人カラオケ。緊張します。


10、歌本をめくる。パラリと。その音が響くはずもないのだが、意識をするほど辺りは静まり返り、静まり返り、わたしは孤独を感じた


11、思えば恥の多い人生だった


12、でも、コンセプト!おお、私の中のわたし、こんにちは。


13、-SET LIST-「わたしのなかのわたし、こんにちは」

傘がない/井上陽水
プレイタイム・アイル・オーバー/インスタント・シトロン
砂の王国/Elldrado
マスカット/カジヒデキ
なりきりボニー&クライド/カスケード
自由の女神/かまいたち
ゴロワーズを吸ったことがあるかい/かまやつひろし
君が咲く山/カリガリ
グッドバイ/カリガリ
青春狂騒曲〜青春立志編〜/カリガリ
冷たい雨/カリガリ
風の向くまま/カンナ
愛のコーダ/キリンジ
じーさんはいい塩梅/筋肉少女帯
讃美歌/黒夢
至上のゆりかご/黒夢
あなたのキスを数えましょう/小柳ゆき
ナイフ/La'Mule
ピンクの傘/ラレーヌ
麗しき仮面の招待状/マリスミゼル
Syunikiss〜二度目の哀悼〜/マリスミゼル
Jesus Phobia/ROUAGE