さわやかでまえむきな人間になりたい男が
好きな「文化」を語る。
そんなブログです。from 2004yaer。

ファンレター&苦情はこちら kyopon2017@yahoo.co.jp



やおいはちょっと置いておいて、BUCK-TICKのライブ初体験


去る12月9日金曜日、ZeppTokyoにて行われた、BUCK-TICK様のライブに行って参りました。
なんと私もう齢30近くになって初めてのバックチクのライブです。
彼らとの出会いは、小学生か中学生か。当時の厨房の間では結構人気があり、ミーハーな実姉が「あっちゃんかっこいー」とか言ってたのがきっかけです。(姉は僕とは違い本当にミーハーです。当時それだけの大衆的な人気があったということでしょう)
初めて聴いた曲はもちろん「JUST ONE MORE KISS」!1回聴いただけで覚えられるヒット曲ですね。でも別に・・・って感じでした。当時は確かユーミン(しかも荒井由実)が好きだったので、「ふーんお化粧系か」と思ってました。
今井さんの例の事件の時は、それはもう凄い騒ぎでした。続く「悪の華」ではもう頂点って感じの人気でしたね。今で言うオレンヂレンジですよ。本当に!
僕が興味を持ったのは「殺シノ調ベ」の時かな?初めて買いました。まあまあ好きになりました。「daker than darkness」は当時さっぱり意味がわからなかった。
上京してさらに内的ネクラ化が進み「Six/nine」を聴いた時にはもう感激でした。「デタラメ野郎」とか「これは俺のうただわ!」と思ったものさ。本当に暗かったのね・・・
「COSMOS」あたりで段々興味なくなってきて、(この間が長い)
「残骸」で「お?何事だ?」と思い、ファン復帰。
「COSMOS」あたりで〜「残骸」で復帰っていう人、多いような気がする。
そういう人がいたら、僕の事をまず思い出してください。


で、行きましたよ。ゼップトウキョウ!池袋から東京テレポート駅までなんと510円もします!池袋から大崎までいくのに300円かかるって言われたら(かからないけど)納得するけど、大崎から東京テレポートにいくのに300円って納得いかないね!


まずはお楽しみの観客チェックですよ。
噂通りに「大人の女性」が多い感じ。黒い服が多いような気がするけど、思ったより少ないような気がする。思ったより、普通。と思ったのは、僕がもっと凄い群れを普段見ているだけだと思います。
男は、俺みたいなパッとしない人が多い。メガネ率高し。
「ピザ食べすぎ!!!」みたいな男女も多い。スタンディングだと辛いなあ。
場所は3柵目の最前キープ。まったり見ることにしました。
開演前、あっちゃん方面を見ると、背の高い男の観客の顔も見える。あっちゃんとどうしても比べてしまう位置。辛いなあ。人の事は言えないけど。あっちゃんとこの人の顔を比べながら見ることになるのか。なんか悪いなあ。
1曲目は「HURRY UP MODE」!!!ナツメロキターーーーー
なぜか今回は「十三階は月光」の曲を中心にやると思い込んでいたので、対極な曲から始まってびっくり!
音はあんまり良くなかった。まあ、こんなもんかな。
櫻井氏は、歌が上手だった。常に安定していたような気がする。
今井氏は、変な音を出すのに命を賭けているような気がした。カッコイイ。
星野氏は男前だった。
ベースとドラムの兄弟さんは、安定していた。さすがベテラン。
全体的に、まあまあなライブでした。
通っているファンの人たち的にはどうなんでしょ?
デジデジでノリノリな曲が多かったけど、一番よかったのは「君のヴァニラ」「romance」「ゴブリン」等の独特の雰囲気がある曲。
まったりした曲をもう少し聴きたかったです。まあ、それはホールでってことかな。
機会があったらまた行きたいですね。