読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
さわやかでまえむきな人間になりたい男が
好きな「文化」を語る。
そんなブログです。from 2004yaer。

ファンレター&苦情はこちら kyopon2017@yahoo.co.jp



メガマソのメジャーデビューに寄せて

ギターは超カワイイ女性!? ビジュアル系バンド「メガマソ」とは?
http://news.walkerplus.com/2009/0915/15/


この記事がmixiニュースで話題になってますね!
まあ、ニュース引用日記を書いているのは、ほとんどV系ファンですが。
メガマソがメジャーデビューとのことです。おめでとうございます!
V系インディーズシーンに滞留してても、何一つ良い事が無い(活動資金捻出のための音源乱発など)ので、本当によかったねえと思います。
それにあの怪しげな事務所も移籍して、エイベックスのマネージメント事務所に入ったとのこと。本当によかったと思います。涼平くん、浜崎あゆみとかに曲提供したらいいのに。
「あゆ、こんな歌いにくい曲ヤダ」とか言ってボツになりそうですが。


せっかくなので箇条書き形式で華麗なる超カワイイ(笑)涼平さんの歴史を箇条書きで振り返ってみましょう。

  • 某三田方面にある名門大学在籍中に、これまた名門大学のメンバーとバンド「雛罠」結成
  • 現Alice Nineのメンバーがいた「ギプス」と共に高田馬場AREA、池袋CYBER当たりで活躍する東京ショボ系ヴィジュアル系シーンを代表するバンドとしてショボ系マニアの間で有名になる(2ちゃんではあまりにショボいのでよく叩かれてた)
  • 雛罠解散
  • 2004年4月雛罠のタケヒト、インテツと、雛罠より数段ランクが上のバンド「MASK」にいたボーカルの葵と「彩冷える」結成
  • 彩冷える と書いて「アヤビエ」と読むという困ったバンド名を付けたのはもちろん涼平さん
  • MASKは結構な有名バンドであり、引き抜かれたような脱退でもあったので結構波紋が広がった
  • 彩冷える結成後は音源乱発!1年のうちに数えるのが難しいくらいにシングルやらミニアルバムを出した
  • 平氏のさっぱり意味不明な歌詞と、独特なセンスの曲で結構人気が出てくる!
  • 結成約一年後、3連続リリースシングルの第1弾「戴冠式前夜」リリース この曲は「ウインナーを指せば」などの難解なレトリックを駆使しつつも、涼平氏の類いまれで、かなりウザい上昇指向と脅威ともいえる自尊心の高さを象徴した曲であると個人的には考えます。歌詞の要旨も「インディーズシーンで一番になる!絶対に売れる!」みたいなもの。
  • ドラム加入。5人編成に。
  • 2005年11月ミニアルバム「EquAL pRayer 2 aLL 」リリース この頃から雑誌のインタビューでの「売れたい」発言が目立つようになる
  • 彩冷える」を「アヤビエ」に表記変更
  • 2006年8月 涼平さん、アヤビエをまさかの脱退!この時点で殆どの歌詞と曲を涼平が作っていたのでその衝撃はかなりものだった。。。
  • 脱退の理由は「今後の活動に関してメンバー同士で価値観のなんたら」おそらく、クビというか1対4になったことがその後の様々な発言と歌詞から想像できます。
  • アヤビエの他のメンバーはバンド名の表記を「彩冷える」に戻して活動の継続を表明。この時点で誰もが「彩冷えるオワタ」と予測。無理もないわ。。。
  • 2006年の年末 新バンド「メガマソ」の結成がアナウンスされる
  • ドラマーが脱退するものの、例のごとく矢継ぎ早にリリース
  • 2007年夏あたりから、彩冷えるまさかの起死回生!人気が爆発しはじめる。
  • 2007年10月メガマソこの年なんと2枚目のフルアルバム(ひえー)「またたくよる」発売
  • 2008年彩冷える更に更に人気拡大!メジャーの噂も。。。
  • メガマソも負けずにアルバム発売!!!!!!人気爆発!!!とはいかず。。。
  • 2009年彩冷える 徳間ジャパンから華麗にメジャーデビュー
  • 2009年8月彩冷える セカンドシングルの「夏物語」という壮絶な曲がオリコンTOP10入り!
  • 2009年9月メガマソ レコード会社、マネージメント共にavex所属となりメジャーデビュー発表!!!イマココ!!!


壮絶な歴史です。。。
かなりどうでもいいレベルの壮絶さですが。。。
結成から見て来たので、こんなドラマティックな展開になるなんて、予想もしませんでした。
「先のことは本当にわからない」
「メインコンポーザーが抜けても、何とかなる時は何とかなる」
メガマソ彩冷えるの歴史から、この事が立証されました。
そういえば脱退に関するインタビューの際に
「新しいバンドで彩冷えると共演したい。過去の自分の作った曲も今後もやり続けてほしい」と発言していました。
要するに
「自分は抜けることになったけど、はっきりいって余裕なんで!あ、僕の曲なかったらライブできないでしょwやってもいいよ!」
みたいな裏が感じ取れる発言です。
さすが。。。
でも、残された彩冷えるのメンバーは
「は?てめーの曲なんか無くてもやってけんだけどwww」
とばかりに、一切合切涼平の作詞作曲のナンバーはやりませんでした。
なかなか、、、出来ない事だと思います。
そして見事にメジャーデビュー!オリコンTOP10!この強い意思は恐ろしいです。
でも、もう過去の事はいいでしょう。先のことはわからないのですから!


涼平のポテンシャル。。。自分は学歴は大した事なく、そんなものはくだらない!と思うし、どうでも良い事だとおもうのですが、「学歴」とかそういうことではなく、「学校で何を学んだか」「いかに”勉強”をしてきたか」という視点でみると、涼平氏はヴィジュアル界屈指のインテリジェンスの持ち主だと思います。
その深みをメジャーという世界で活かせるか、、、。
きっと活かせると思います。他の人に無いものを持っているのですから。強いです。
そういう意味で、avexに全てを託したという選択も正しいと思います。


別にavexが大好きというわけでも全くないのですが、上で書いたmixiのニュース引用日記でも散々「エイベクソに移籍ショック」とか「avexとかありえねー」みたいな日記が多いです。
avexというだけで思考停止しているとしか、思えません。
イメージでだけで物事を判断する。。。恐ろしい人達です。
「avexはアーティストを使い捨てにする」なんて言われてますが、実例はあるのでしょうか。いなくなるのは、事務所の都合、本人の都合、いろいろあると思いますし、契約期間内に実績が出ない場合は更新なし、というのは当然だと思います。というかそんなものはどのレコード会社も一緒です。
売れないから、切る。当たり前なのですが、社会で働いた事の無い人には受け入れ難い現実ですよね。夢見る中高生は理解できないでしょうから、しょうがないというのもあります。
しかし、育成しない、すぐ契約切る、ということでしたら、一番悪質なのはSONYです。あっちの方がひどいと思うのですが。。。


彼の話に戻り、褒めた後には落としたいのですが、過去にメジャーデビューしたヴィジュアル系バンドの中でも涼平氏のギターは、かなりヘタクソです。一番、ひどいと思います。一番は無いかもしれませんか、ワーストクラスのヘタさです。
彼の愛称は「りょぺこ」で「ぺこ」とも呼ばれていますが、最初は由来がわからず
「ギターの音、特にソロの音がペコペコであんまりにもショボいからなのかなあ」と本当に思っていました。
音作りがとにかく酷い。アヤビエ時代、メガマソのバンド全体に言えるのですが、サウンドプロダクションのレベルが明らかに低いです。機材面が進化した現代において、このローファイぶりは貴重!などと変態最終頁な僕は思ってましたが。。。
でも、天下のavexですから素晴らしいサウンドを聴かせてくれるでしょう!
いや本当に期待しています!
最後に、ニュースのタイトルについて。。。
彼は、写真やPVだと女の子なのですが。。。
メガマソの前の怪しげな事務所が提供&たぶん制作もしていた、テレビ東京の深夜のインディーズの番組で見た動く涼平さんは、「うっす うっす りょぺこ兄貴 うっす」という感じでした。とにかくたくましくて、力強い!という印象でしたが。。。
たくましくて、力強い!素晴らしいことです。
メガマソさん頑張ってください!