さわやかでまえむきな人間になりたい男が
好きな「文化」を語る。
そんなブログです。from 2004yaer。

ファンレター&苦情はこちら kyopon2017@yahoo.co.jp



この世で一番華麗な出オチアルバム Versailles「JUBILEE」

JUBILEE(DVD付き初回限定盤)

JUBILEE(DVD付き初回限定盤)


Versaillesのデビューアルバム、リリースされましたね♪
全然関係ないんですけど、会社辞めようと思ってて、次の会社が決まったら(決まるのかな、、、)ヨーロッパを放浪しようかなと思うんです。たぶんフランスにも行く?かも?もしフランスに行けたらもちろんベルサイユ宮殿にも行きたいと思ってるんです。そしたらiPodVersailles聴いちゃうよ!楽しそう!華美な装飾、重厚な歴史の建物、美しい庭園、そして問答無用に独特な素晴らしいKAMIJO様の歌、、、なんて素敵なんでしょう。聴きながら通りすがりの人に「うへへへ、自分ベルサイユベルサイユ聴いてるんですよウヘヘ、薔薇がなんとかどうとか、素敵でしょうグヘヘ メロスピでHIZAKIさんは姫ですよグヘヘへ」とか話しかけちゃうかも。
でもちょっと予算的にヨーロッパ放浪はムリかもしれない。
そしたら妥協でアジア放浪になるかも。そしたらフランス領だったベトナムで我慢したいと思います。はああこの先どうなるのか。。。


そんなこんなでJUBILEEですが、これはもう「華麗なる出オチ」アルバムといってもいいでしょう。
1曲目から我らが天才作曲家にしてイケメン、そして類まれすぎて常人にはなかなか本質が理解することのできない歌唱力のKAMIJO様の作詞作曲の10分半の大曲「GOD PALACE -METHOD OF INHERITANCE-」です。
ゴッドパレス!
すごい
「ゴッドパレス駒沢公園」とか「ゴッドパレス上福岡」とかマンションにありそうな感じもしますね.
METHOD OF INHERITANCEってのは?継承の方式?よくわからないです。
この曲は4楽章にて構成されております。さすがKAMIJO様、教養がありますね。
クラシック音楽では、交響曲、ソナタなどは基本的に全4楽章なのです。もちろん単一楽章とか3楽章とかもありますが、5楽章以上あるものはあんまりなくて、基本的には全4楽章なのです。
曲的には、神曲「The Love From A Dead Orchestra」で確立した「展開が多くてとにかくメロディ激臭」系を更に極めたものです。
そういえば曲のはじまりの「ダダダ!ダダダ!」は一緒ですね。
楽章で分かれてますが、切れ目なく続いていきます。
またその楽章の名前が笑え、、、あ、笑っちゃだめですね。おそらく大真面目に付けてると思うのでアハハハ!
第一楽章「神の誕生」
第二楽章「激動の時代」
第三楽章「運命」
第四楽章「永遠の果て」
だ、そうですよ。素晴らしいですね。この時代、こんなタイトルをつける曲を作れるなんて凄い才能です。いや、本当に褒めてるんですよ!思いついたとしても本当につける才能が凄い。あ、本当に褒めてるんですよ!
第五楽章「モード系への回帰」
というのものは無いので、NEW SODOMYのファンの方は残念でした。。。
またこれ曲の内容が凄いですね。四楽章に分かれてるせいかメリハリがあって、10分半でも飽きなくきけます。
僕なんかこの曲が気に入って「あ、もう終わちゃった!薔薇が足らないよ〜薔薇が」なんていってまた繰り返し聴いちゃいます。なにかの病気ですかねえ。
曲のピークは第三楽章の「運命」でしょうか。HIZAKIの曲みたいなツタツタメロディアスが来たかと思うと、怒涛の転調を繰り返す三拍子のところが凄まじい〜!「美しくいきゆけ〜」のところですね。四度あがってさがってあがってさがって、KAMIJOさん天才ですね
さらにまた同じ転調で更にあがってさがって、更に歌詞が「美しく美しく美しく〜」とコードは転調するのに歌詞はうつくしくうつくしく連呼で、あまりに凄いので僕は最近メンタルクリニックに通ってます。責任取ってほしいです。


この他の曲もなかなか良いんですよ。でもこの一曲目でお腹いっぱい。「とりあえずもう帰る」とよくわからないけど言いたくなる濃い曲です。あ、3曲目のこれまたKAMIJO作曲の「ROSEN SCHWERT」これはいいです。「LAREINE再結成キター!でも演奏うますぎ」と思いました。演奏のうまいLAREINEなんてラッレーヌじゃありませんよね。
残念なのが、1昨年のCCレモンホールを収めたDVDでは、まるでこの世の奇跡のような「上手いヴォーカリスト」ぷりを見せてくれたKAMIJOさんのボーカル力が、なぜかあんまりこのアルバムでは向上してないことです。あのライブDVDの歌のウマさはなんだったんだ?
もしかしてあの日がピーク????いやいや、まだ期待してますよ。

この日の歌声よもう一度!