読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
さわやかでまえむきな人間になりたい男が
好きな「文化」を語る。
そんなブログです。from 2004yaer。

ファンレター&苦情はこちら kyopon2017@yahoo.co.jp



オサレ白系の行く末は・・・お遊戯ゎが魔々団×【PaRADEiS】

検索をするとあまりレビューが無いようなので、今回はお遊戯ゎが魔々団×【PaRADEiS】を取り上げます。
ま〜なんて素敵なバンド名!
一見「お遊戯ゎが魔々団」に気を取られがちですが、PaRADEiSを「パレード」と読む敷居の高さの方が気になりますね。
このバンドTwitterでも2ちゃんV系男スレでも話題になってない、そして現実世界でもこのバンドやファンの方と触れ合ったことがないので
アレなんですが、たぶん普段は「パレード」と呼ばれてる、ということでいいんですよね。
「お遊戯ゎが魔々団」っていうのは東京ドームを揺るがしたあの大物バンド「the GazettE」様にあられます、「大日本異端芸者」的なものと
解釈すればよいのでしょうか?


由来等は不明ですが、きっと、本にして映画に出来るほどの深い深い由来があるんだと思いますよ。
いつか明かされるお遊戯ゎ魔々団の謎!!!(すみません適当に書いてます)
それにバンド名に見合ってルックスも素敵なんですよ。さすがヴィジュアル系(なんか懐かしい言葉・・・)

メンバーの名前ゎ(←意識してみました)
Voacl:ゎたぁめ真白
上手Guitar:聖
下手Guitar:碧
ベース:瑠希
ドラム:実春


やっぱり光りますね「ゎたぁめ真白」たん。公式ニックネームは「ましたん」だそうです。
ましたん!ましたん!ゎたぁめましたん!発狂チャンネル!スイッチオン!
「愛狂います」に負けてないですね。
オサレ系(死語)というよりは、デコラ系?KERA???
よくわからないのですけど、こういうデコラな感じを見ると
「時代はかまいたちに戻っているのか???」と感じさせますよね。すみません発想が古くて。


ましたんとベースの彼が前にやっていたバンド「ひめゆり」から僕の中でのゎが魔々団のパレードが始まったんですw

このPV!特筆すべきはドラムが全くやる気がない事!こんなにやる気を感じさせない人は珍しいです。
僕の中で「ドラムが全くやる気がない大阪のバンド」というかたちでインプットされました。
上のPVだとましたん。。。。キモ(以下略)
キモに。。。なってますよね!バンドの!アハハハ
なんていうか、個性的なボーカリゼーションで、まあまたいつか会いましょう的な刹那さを感じさせる・・・
オブラートに包まずいえば、もう二度と聴きたくないごめんなさいと言ってしまいそうな違和感のある歌声なのですが


数年後、ひめゆり解散後また似たような、あ、違う個性的なバンドを組んだと聴いたのですが
「なんだドラム変わったのか、やっぱりやる気なかったんだ。じゃあいいや」とスルーしてました。
で、数ヶ月前に「そういえばお遊戯なんとか聴いてみるか」と投げやりな感じでYoutubeでPVを見てみたのですが
これがびっくり!ましたんの歌唱力が大幅アップしてます!
あ、ここまで読んで「アレそんなにうまいの?聴いてみよう」と思ったアナタ、ストップ!
自覚してるのであえて言いますが、僕の理想のボーカリストはBAISERの紫たんとLAREINEのKAMIJO様なので、、、
そうですちょっとズレてます。デザビエの俊様が歌詞でよく使う「ズレた頭が」とかそれくらいにズレてます。ズレてますね。


元々の期待値が低かったせいもありますが、ましたんの驚異的な(大げさ)歌唱力アップ!
これは蜉蝣の大佑さん(ご冥福をお祈りします)以来の、「突然変異的歌唱力向上」事件じゃないのとちょっと思ったりしました。



上の「ひめゆり」の動画と比べてみましょう。別人のよう!!!いや、やっぱり大げさかなあ?
いろいろPVを見ていると、意外に曲のクオリティも高い!
ていうかモロにラルクの影響受けてる!白系???そういえば、ゎたぁめ真白!やっぱり白系???
つながった・・・全てつながった・・・・
Renter en soi亡き後の絶滅白系の救世主・・・それはお遊戯ゎが魔々団×【PaRADEiS】!!!
とまで言うと、白系マニアのホワイトV系ゾンビの皆様(いるのかそんな人)に怒られてしまいそうですが。


iTunesで売っている音源を幾つか買ってみました。

albare[TYPE A]

albare[TYPE A]

  • アーティスト: お遊戯ゎが魔々団×【PaRADEiS】
  • 出版社/メーカー: Planet CHILD Music
  • 発売日: 2011/03/23
  • メディア: CD
  • クリック: 7回
  • この商品を含むブログを見る

今年の3月に出たミニアルバム。
あれこれがびっくりするぐらい白系ですよ。
ちょっと頭のアレな子供がワーワー言ってるイメージのあるましたんのボーカルですが、
2曲め3曲めは、ソフトで独特なボーカルスタイルを駆使してます。
ファルセット的な、起伏の無い独特なスタイルですね。これが上手い。
コレ系のバンドだと、昔のましたんみたいに「ウニャ!ポーウ」などの癖があるというか癖しか無いんじゃないのみたいな
ボーカルスタイルがやっぱり普通になっていますが、ましたんはそのスタイルにプラスして
徹底的なソフトボイス」を導入してますね。新しい!これは新しい。
3曲目「ひとつすべて」はそれが顕著で、盛り上がるところもなるべく抑えて、ソフトに徹してて非常に聴きやすい。
ていうか、やっぱりhydeの影響が濃厚かも。裏返り方とか。
全体的に曲のクオリティが高いというか、ボーカルスタイルが面白いので聴き応えがあっておすすめな音源です。
ただし、最後の曲「花列車」のベースはひどい。
ラルク丸出しの疾走系の曲なのですが、まるでTetsuのように動くベースなんですけど
ボーカルとユニゾン、同じ音程でキメフレーズをやるのは理論的に間違っているし、第一聴きづらい!
ライブ会場に乗り込んで説教したい!
なーんてウソですよ〜嫌ですねえおじさんって。
でもライブは行ってみたいかも??咲き禁かなあ〜

試聴もあります!

ちょっと長くなったのでここで終わりにします。(後で追加するかも)
意外に聴ける!お遊戯ゎが魔々団×【PaRADEiS】です。僕は白系の未来を彼らに託します!!!
がんばれ白系!がんばれましたん!


レビューを取り上げているページ
The House of the Evil Dogsさん
http://evildog.blog29.fc2.com/blog-entry-121.html