さわやかでまえむきな人間になりたい男が
好きな「文化」を語る。
そんなブログです。from 2004yaer。

ファンレター&苦情はこちら kyopon2017@yahoo.co.jp



SKE48 「この日のチャイムを忘れない 」 特典DVD 「63人それぞれの想い」 63人のMV 全員レビュー

この日のチャイムを忘れない (CD+DVD) (初回限定盤)(初回限定フォトブック仕様)

この日のチャイムを忘れない (CD+DVD) (初回限定盤)(初回限定フォトブック仕様)


なんだか旅行後いろいろすぐれず、最初は「なんだが優れないな仕事もすぐれないな自分ってすぐれないな」っていつものように
思ってたのですが、それが身体にキタらしく、帯状疱疹という病気になってしまいました。もうほぼ完治しているのですが、どうも辛かったです。この病気、原因はストレスらしく、自分的にはストレスなんて無いと思ってたのですが、気づかないところであったんでしょうね。怖いです。
ということで、久々の更新はSKE48の1stアルバム「この日のチャイムを忘れない」の初回限定版の特典DVD「63人それぞれの思い」 の全員レビューです。
SKE48に関しては(AKB48もそうだけど)特別好き!大好きだ!ということは全く無く、フ〜ンニヤニヤと観察している感じです。
しかしこのアルバムの発売が伝えられて、特典DVDが「SKE63人全員の単独のプロモーションビデオが約2分間収録される」という内容だと聞いて、これは面白い!絶対買う!と心に決めました。
こういう束ドルにおいて、露出に差が出てしまうのは構造上の仕様というか、しょうがない(韻を踏みました)というか、仕方がないことだとは思うのですが、だからこそこのように全員平等に映しだした企画というのは、とても面白いと思うのです。
本家のAKB48でも第1回のじゃんけん大会に参加したメンバー全員に密着した「51のリアル」も一人ひとりにカメラマンが1日密着して本音を聞き出すという内容で、そのあまりの濃さと人間の描き出す自然のドラマ(異なるメンバー同士のザッピングも楽しい)にクラクラしました。
束ドルが個人をフィーチャーするのは楽しい!ということでせっかくなので全員かるーくレビューしたいと思います。
順番はDVD収録順です。


[Team S]
1. 大矢真那「チョコの行方」
このDVDを見る前は正直いくら48グループの資金が潤沢といっても、まあせいぜいニコニコ街角でリップシンクしながらルンルンルンみたいな映像が延々と続くのかしら?と思っていたのですが、この曲が始まった途端意外と作りこまれた感じの映像だったので驚きました。
まあ映像に関しては僕は素人なので、あまり裏方目線でのコメントはできませんので、そのおつもりで。
大矢さんは熱狂的なファンがいる方なので、変なことは言えないですよね
チョコレートの中に浸かったり、チョコレート色に全身を塗りこんだり、非常に凝った映像で、ぱっつんおかっぱやポニーテールなど色んな髪型も楽しめるし、ファンの方も嬉しいのでは。個人的にこの子はチョコレートというより、都こんぶって感じ。

2.加藤るみ「誰かのせいにはしない」
小木曽汐莉ちゃんと中西優香ちゃんがオカマの真似してキャアキャア騒ぐ動画で一緒にキャアキャア言ってた子、くらいしか知らない子ですが、ビックリ。とっても歌が上手い!こういう意外な面(というか歌は基本なんですけどネ)を知られるのもいい事ですよね
マイナー超アップテンポにシリアスな声がよく合ってますね。ルックスも含めてなんかGIZAっぽい

3.木崎ゆりあ「狼とプライド」
すっかりトップメンバーの1員のゆりあたん、可愛いですよね 
このPVでも全面的に可愛さを打ち出してますね。おバカキャラ気取りつつ、「マジすか3」では見せたダントツの演技力、ここでの表情の取り方も完璧です。アイドルに偏差値は必要ありませんね。

4.鬼頭桃菜「微笑みのポジティブシンキング」
モーニング娘。オーディション、AKB5期オーディションを経た波瀾万丈な芸能生活はチームSに再昇格で落ち着きを見せるのでしょうか。元からまあまあ可愛かった印象ですが、こういっちゃなんですが、アダルト的な魅力が増しましたね。本人も十分にそれを自覚している感じです。良い意味でSKEの器ではないのかもしれないですね。

5.木下有希子「思い出以上」
やはりダンスの名手ということで、ここでも踊りまくってます。この曲は個人的に珠理奈ちゃんのイメージなんですけど。
少し憂いがあるところが魅力だと思うので、この曲も合ってると思います。

6.桑原みずき「女の子の第六感」
なんだかチームSって濃い人ばっかりですね。ワタシ意外と可愛いのよ!!!と言いたげな正統派な曲に正統派な内容ですが、最後に変顔で締めるところが彼女の持ち味?どうせなら超絶ぶりっ子路線だけで責めて欲しかったです。それでこそお笑い芸人!って違いましたね。最近選抜から外れてて残念ですね。

7.菅なな子「1!2!3!4! ヨロシク!」
期待の新人菅さん。制服来て校舎でロケで走ったり踊ったり、割りとスタンダードな内容です。
この子自体、スタンダードな魅力なので、良く合ってるとは思いますが、もう一味欲しかったところ。

8.須田亜香里「Doubt!」
じゃあもう一味ってどんなの、って聞かれると上手くいえないのですが、須田さんみたいにひと味どこからいろいろ味がありすぎてよくわからないのも凄いですよね。浜辺でお得意のバレエ、華麗なターン、陶酔気味のアップなども凄いですが、謎の車椅子はなんなんでしょうか。いきなりなのでビックリします。ストーリーがあるんでしょうね。握手会の伝説を持つ女はやはり一味違いますね。

9.高田志織バンザイVenus
「Premium MOVIE ヤキソバ2012」だそうで、ヤキソバ作って食いまくってます。秦さん目当てにYoutubeで見ていた「アナアナ商会」に出てたのをよく見てたので、基本的に好感を持っているのですが、なぜヤキソバなのか。市川美織ちゃんの「フレッシュレモンになりたいの」みたいなもんなんでしょうか。まあこの子同じでヤキソバも別に嫌いじゃないので文句ないです。

10.出口陽「遠くにいても」
AKBにも関わっていたベテラン。バラードを選曲するだけあって、甘口ながらもなかなかの歌唱力です。
撮影は名古屋のメイン通りで行われていて、なんだか名古屋のOLのセンチメンタル日常って感じがして楽しいです。

11.中西優香「ロープの友情」
紙芝居的というか、カトゥーン的な演出で、見ていて楽しいし、凝っていて凄いです。良い物を作ろうという気概が感じられて買ってよかったと思いました。内容もヒーローとヒロインを中西さんが演じていて個性に合ってます。

12.平田璃香子「恋を語る詩人になれなくて」
つい最近卒業されましたが、この子も「アナアナ商会」に出てましたね。ロック調の曲に合わせて池袋のライブハウスでバンドをバックに歌っているのですが、振り付けはいつもの通りなので、ちょっと狭いステージで無理があるのと、エキストラ?のバンド役の女の子の温度差が面白くて見物です。キャプテンお疲れ様でした。

13.平松可奈子「大好き」
イメージ通りのロリ声で、レースのドレスで花畑な平松ワールドです。ファンの方は嬉しいでしょうね。
こちらも最近選抜に入ってなくて淋しいですね。本人もCSの特番で「パレオはエメラルド」の頃が一番楽しかったとか言っていてちょっと切なくなりました。

14.松井珠理奈「Glory days」
珠理奈ちゃんの事は好きでも嫌いでもないのですが、マイナーな人を楽しもうと再生したのに、見慣れた顔が出てきてあまりの新鮮味の無さに本人に罪は無いのですが、なんだよとか思ってしまった。なんて酷いおじさんなんでしょう。楽しそうに笑顔で踊っていて、いつまでも僕みたいな汚い大人に染まらないでほしいなって勝手な事を思いました。

15.松井玲奈「枯葉のステーション」
新鮮味が無いのも2人目だと大分慣れてくる、という事がわかりました。ありがとう秋元さん。玲奈ちゃんの「アタシは女優オーラ」って凄いですよね。としか言いようの無い内容です。1番人気があるのかどうかはよくわかりませんが、1番自分の事を女優だと思ってそうなのは48グループでもトップに入るのではないでしょうか。一つ一つ陶酔している動作に「ハァ・・・女優・・・」と思わずため息が漏れます。水野真紀の結構披露宴の振る舞いを見た時も「嗚呼・・・女優・・・」と思いましたが、それに近いです。さすが・・・

16,矢神久美「花火は終わらない」
ここで矢神さんが出てきて濃いチームSが終わります。ほんと濃いですね。ダンスが上手くて、演技が上手いということはよくしってましたが、脳天まで突き抜けるような高音の歌声もなかなか。しかし個性的な可愛さはこのPVでは上手く出せてないと思います。あと花火やってるのに夜じゃないのがちょっと理解できないです。煙しか見えてないよ!



[Team K2]
17.赤枝里々奈「会いたかった」
メジャーなメンバーが続いてウズウズしてたのですが、それを満たしてくれるメンバーがやっと出てきました。終始満面の笑顔で元気いがいい!とっても可愛い里々奈ちゃん。普段もきっとこんな明るい子でクラスでも人気物なんでしょうね。「会いたかった」という48グループの看板曲ともいえる曲ですが、それに相応しい爽やかなPVです。あいたかったあいたかったという歌詞を聴いてると、あれ?この子AIに似てるかな?なんて思ってしまった。気のせいですよね。

18.阿比留李帆「バズーカ砲発射!」
SKE自体もよく知らないのですが、チームK2もよく知らなくて…この子もほとんど知らなくて申し訳ないのですが、スタイルの良い美少女ですね。さわやかな曲を制服を着て踊っていて可愛いのですが、割りとそれだけで、PVとしての工夫は足りないですね。阿比留さんは悪くないのです。

19.井口栞里「合格Kiss」
初めて聞いたけど凄い歌詞だな。「ねえ4月になればそばに入られる そう信じて勉強するだけ〜」だって。そのままじゃん!さすが秋元先生。学園生活っぽいあれこれを黒バックで表現するのは面白いですが、最後に何故かスタッフのクレジットが入ります。あ、井口さんは普通に可愛いです。

20.石田安奈「嘘つきなダチョウ」
推されのエリートとして、遂にはAKBにまで食い込んだ石田さん。ダンスが上手いことで有名ですが、歌も上手い!アイドルとしての歌唱力が結構高いです。微妙に音を外したり甘えたように歌ったり、なかなかしたたかな表現力で、推されるのも頷けるという感じです。

21.小木曽汐莉「寡黙な月」
SKEを代表するビジュアル担当だからなのか、PVは万華鏡の演出でお顔が画面いっぱいに多数現れます。この演出を思いついた人は正しい。「これがあの子やあの子だったらありえなくて面白いけどキツイよな」なんて考えたら駄目ですよ!その顔と合わないハスキーボイスですが、HIPHOPのリズムのこの曲には良く合ってます、いい声ですね!

22.加藤智子「Nice to meet you!」
篠田さんと同じ歳?ということで大人の雰囲気を出そうと思ったのか、「智子のルンルンゴルフ体験」という内容になってます。
白いモヤがかかった食事シーンなんて、あまり言いたくないですが「あれ?AV?」と思ってしまいました。最後の「ゴルフ最高!!」という心にも無さそうな手書きのメッセージはアイドルっぽくて安心しました。

23.後藤理沙子「アンテナ」
こんな子いたんだ。。。というのが正直な感想。とっても可愛い子ですね。額縁を自ら持ってワタシの表情を楽しんで!というような内容ですが、何故森の中なのかそこが気になってあまり集中できませんでした。

24.佐藤聖羅「ピノキオ軍」
もちろん水着!胸!の内容。売りがあるって素晴らしい。加えて少しふざけたようなノリの良い曲調は90年代のグラビア全盛にアイドルが歌っていたような曲で選曲のセンスもグラビア的で良いと思いました。もちろん本人の歌も良いです。ストーリー仕立てになってますが、どうせやるならイメージビデオ的な感じでもよかったかも。女豹ボーズとか。

25.佐藤実絵子「ごめんね、SUMMER」
冒頭に書いた街角でリップシンクしてルンルンルンという内容が、やっと出てきました。お姉さんが東京観光していて、ごめんねサマーです。ごめサマといえば若さを強調した小豆島撮影のPVが有名ですが、あちらに対してこちらはお姐さんの東京観光という内容が見事に反比例になっていて凄いと思いました。芝公園!

26.高柳明音お待たせSet list
初めて聞いたのですが、凄い歌詞ですね。チームK2のオリジナル公演が遅れていて高柳明音ちゃんが総選挙の席上で秋元やすすに直訴したのは有名ですが、その件をそのまま歌詞するやすすって凄いわあ と思ってたらよく見たら衣装がすごい。いくら鳥が好きでも。。。

27.秦佐和子ラムネの飲み方
美しい佐和子サマ。このPVはまるでシャンプーのCMのような髪がヌラヌラ動いて、官能的な表情を見せてくれます。ドキっとするというか時々うわっとさせられるのも流石ですね。個人的にはコスプレ路線を見たかったかなぁ〜

28.古川愛李「バンジー宣言」
やっぱり2次元!東京コミニケーションアート専門学校とのコラボらしいですが、キャラクターは本人デザインなのかな?AKBってこういうガチのオタクの子がいっぱいいるのかと思ってました。まゆゆもそう思っていたらしいですが、蓋を開けてみたら前田板野篠田たかみなだから困りますよね。最後ストーリーの終わりで花を持って笑ってごまかして終わるのがアイドルっぽくて良いと思いました

29.松本梨奈「クロス」
この曲も初めて聴きましたが、びっくりしました。三原じゅん子路線とニセ明菜路線を混ぜたかのようなヤンキー系マイナーアップテンポ!これが独特な雰囲気の松本さん合っていて凄く良いです。気に入りました。本人の歌唱力もアイドル84年組にいそうな感じでどこかふるめかしくていいですね。ソロデビューしたら推します。しないだろうけど。

30.向田茉夏フィンランド・ミラクル」
ちょっと危ういところが魅力のんんんんまなつぅの茉夏ちゃんです。歌唱力は思ったとおりウィスパーで可愛いです。うふふって少し笑っているのをそのまま歌声にしたかのような魅力的な歌声ですね。フィンランドの事を延々と説明するというPV作るには難しい内容ですが、まなつぅの可愛さで強引に押し通した感じです。

31.矢方美紀「アイシテラブル!」
指原と同じクラスだってのが凄いですよね。田舎の中学校の同じクラスから2人のアイドルがいるなんて普通ないですよ凄い。最近人気も急上昇ですね。愛嬌があって、明るいところが人気なんでしょうね。歌声は堂々していて、非常に聴きやすい声です。今まで気づかなかったのですが、顔が大島優子そっくりですね。

32.山田澪花「ウイニングボール」
愛称は勉強ちゃん。勉強頑張るなんて素晴らしいですね。制服からチアガールに着替える内容のPVですが、歌声が非常に爽やかでSKEの中でも上位に入る歌唱力の持ち主かと思います。良い大学に入れるといいですね。



[TEAM E]
33.磯原杏華「純情主義」
はあ。。。やっとチームEまで来ました。比較的新しいチームなのであんまり知らないメンバーが多くて新鮮ですね。っていうかまあほかもよくわからないのですが。この磯原さんも初めて顔見たのですが、とりあえず一度見たら2度と忘れない顔ですね。そういうのは芸能人として必要ですよね。1人2役を演じていますが、うまく演じ分けてます。芸達者ですね。

34.上野圭澄「水のないプール」
のほほん系ルックスの彼女がこれでもかとコスプレを見せてくれます。癒し系というか一定の需要がありそうな感じですが、まだそこまで人気が無いのが不思議ですよね。まあこれからかな。

35.内山命「雨のピアニスト」
僕の中ではAKBの仲谷明香ちゃんのソックリさんというイメージでしたが、いろいろ波瀾万丈があったのか(涙)ダークなアイメイクが似合う大人の女性になってました。ミステリアスな内容のPVを上手く演じています。様々な経験が彼女を大人にしたんでしょうね。いやらしい意味じゃないですよ

36.梅本まどか「声がかすれるくらい」
最近人気急上昇のチームEのキャプテンの梅ちゃん。どんな顔なのかな?とやはりアイドルなので顔が見たいのですが、遠まわし遠まわしに写してどうも煮え切らない内容です。どんなに演出であろうと姿を綺麗に写してこそアイドルのPVなのに。この監督はわかっていません。映像は綺麗なのですが、そういう問題じゃないよ!

37.金子栞「羽豆岬」
僕の推しメン可愛い可愛い金子栞ちゃん。天然キャラが売りですが、僕はキャラより純粋にルックスが好きです。埼玉県出身ということで、AKB9期に入っていれば今頃選抜だったかもしれないのに…惜しいですよね。ただ最近体格がよくなってきているのが心配です。
このPVはずっと歯磨きしてて可愛いですが、もっといろいろ動いたり色んな表情が見たかったな。たった2分間なのに飽きちゃいます

38.木本花音「天使のしっぽ
エースのかのんちゃん。テレビの企画で餃子を食べるコーナーを持っていたけど可愛かったなあ。ルックスはハロプロっぽいですが、髪型は典型的な48Gテンプレ髪型(触覚、きっちり前髪)が気になります。まあ似合っているからいいですけど。PVは無難な感じです。

39.小林亜実「青空片想い
この方も存じ上げませんでして大変恐縮ですが、黒髪ロングの正統派美少女です。ドラマ形式で男の子にいろいろアタックしてみるという内容がアイドルらしくて可愛くてグー(死語)です。何より凄いのがその歌唱力。女子高生と歌広場に来たみたいな気持ちにさせられてハッとなります。

40.斉藤真木子「少女は真夏に何をする?」
増田有華ちゃんが合格したミュージカル「OZ」の最終審査まで進んだ芸達者の彼女。いろいろありましたが、芸は身を助けるとはよくいったもので、このPVでの表現力、歌唱力はさすがです。顔はよく見るとPerfumeのあーちゃんに似ていて可愛らしいですね。

41.酒井萌衣「ときめきの足跡」
この方も初めてお顔を見る感じでしたが、独特なオーラがある素敵な子です。自分は違うけど、こういうルックスが好きな人は確実にいると断言できる感じです。エクボがチャームポイントです。まだ年齢的にはお若いですが、良いお母さんになりそうな気もします。

42.柴田阿弥「パレオはエメラルド
SKEの永尾まりやって感じの柴ちゃんです。特徴のある顔でとっても可愛いですね。PVできぐるみみたいなのも着ていますがよく似あって可愛いです。

43.高木由麻奈「青春は恥ずかしい」
可愛い由麻奈ちゃん(この子は知ってた)ですが、このPVの出来はイマイチかも。オバサン軍団と踊るのはなかなか面白いですが、なんか中途半端に画面が暗く、照明の当たり方が悪いのか、あまりかわいく映ってないですね。由麻奈ちゃんもちょっと顔を後ろに引き気味なのか、不自然に写っているところがあるんですよね。気にせず堂々としてほしいです!

44.竹内舞「パパは嫌い」
なかなかの歌い込みを見せてくれる彼女。最後にパパ大好き!っていう所はちょっと安直で同感できないですが、その場面がいちばんかわいく写ってます。

45.都築里佳「命の使い道」
SKE5期オーディションのドキュメントタリー映像でもかなり目立ってた彼女。マイナー調のこの曲で切なげに佇む姿は…まるで倉木麻衣倉木麻衣さんが変貌を遂げる前の倉木麻衣に似てるとか思ったんですけど思っただけなのでこの発言については言及しないでください。歌も上手です。

46.原望奈美「オキドキ」
初めて(そして今の所最後)選抜された思い入れのある曲で登場です。しかしキーが合わずにサビのほとんどが裏声になってしまって、ちょっと微妙な感じ。まあそれも味ですかね。ダンスに定評があるということで、ここでも華麗に踊っています。やはりチームEのビジュアル担当はこの人なんじゃないでしょうか。最近影で「腹さん」なんて言われて本人ダイエット中らしいですが、このビデオの中では気になりません。

 47.古畑奈和「手をつなぎながら」
注目の大型新人の古畑さん。このPVでは探偵もので、女の先輩を尾行したりしています。どこが大物なのかな?と思って見ていたら、玲奈ちゃんあたりがよくやっている、歌いながらうっとりと首をふりつつ、突然頷いて何かに納得した様子という感じの動きを見せてくれました。よくわからないけどやっぱり大物なのかもしれません。歌声は完全に大物。クラクションみたいな存在感とボリュームのある声質で、何十人同時に歌っても残りそうな歌声で正直ちょっと怖いです。

 48.山下ゆかり「パジャマドライブ」
いよいよ48人目!逆回転を生かした面白い映像です。逆回転に合うようにノンストップで録画していて、撮影時の苦労が忍ばれます。リップシンクもちゃんとしてますが、そこまで計算してやったんでしょうから凄いです。山下さんはかなり美人さんだと伺えますが、あまりここではわからないです。



[研究生]
49.市野成美「PARTYが始まるよ」
研究生までこんな企画に参加させてあげるなんて、太っ腹というかなんというか。SKEはまだ新陳代謝が良い(特に最近)ので研究生でも未来があるんですかね。AKB研究生とかちょっと可哀想。この曲も結構グループを代表する歴史のある曲ですが、市野さんは臆せず元気に歌っていて良い感じです。パーティー!パーティー!とマネキン2体と楽しくパーティーしています。なんだか哀しみすら溢れてくる設定ですが、市野さんは元気元気!パーリィー!パーリィー!で元気なので問題ないということにしたいです。

50.犬塚あさな「コスモスの記憶」
最近怪しいメールを有料メールサービスで誤爆して一気に名前を売ってしまったワンちゃんこと犬塚さん。ここでは東京観光ルンルンヴィデオかと思いきや、なぜか地面から50センチ位浮いてヒーコラ歩いてます。その歩き方のスピードがとても遅くて、何やってるんだろう感がすごいんです。そういう意味で見てみるのも悪くないと思います。

51.岩永亞美「兆し」
例のテンプレ髪型をした正統派アイドルの趣の岩永さん。この髪型だと制服着なきゃ駄目な掟でもあるんでしょうか。同じ髪型してた木本花音ちゃんも制服着てました。学校の教室で歌ってますが、そういえばこんな子クラスにいたかもなあ〜としみじみと物思いに耽るのも楽しいですね

52.江籠裕奈SKE48
この曲は48グループ恒例の地元の観光名物紹介の曲ですが、なぜか江籠さんは白衣を着て、医療系の扮装でフラスコ振ったりしてます。なんでなのか、もしかして深い理由があるのではと思いましたが、それが全く無い確率の方が高いような気もします。全く病み上がりに何をやっているのかとふと考えてこんでしまいました。

53.大脇有紗「ロマンスロケット」
チームSやらK2やらは多少知っている顔もありましたが、研究生ともなるとさすがに知らない顔ばかり。次から次へと知らない女の子が一人で歌って踊るのを見るなんて滅多に無いので貴重な体験です。大脇さんは長身の顔はどこか高井麻巳子(秋元夫人)を思わせる美少女です。設定は水泳部のマネージャーでしょうか。爽やかで非常にGOOD!!しかし最後に思い出したかのように宇宙人の格好になります。これは蛇足でしたね><

54.荻野利沙「万華鏡」
青山の綺麗なスタジオでモデル体験?みたいな内容です。本来でしたら綺麗な萩野さんが堪能できる筈のテーマですが、どんな美人でもブスに移す魔法の道具、ヘルメットに付けた小型カメラでドアップから始まってズコーって感じです。まあその後はほどほど綺麗に写ってます。宮澤佐江ちゃん系のルックスでこれからどんどん綺麗になっていきそうな感じです。あと歌声が綺麗です!

55.小林絵未梨「涙の湘南」
うーん曲名そのまんまに海辺の風景ですが、残念ながら天候に恵まれなかったようで、全体的にくすんだ光景に見えます。なんだか小林さんもあんまり体調不良に見えてきます。

56.新土居沙也加強き者よ
東京の街のジオラマの中で巨大化をして、強き者よを歌う新土居さん。初めて見ましたが黒髪ロングで不思議な存在感。右と左に淡々とステップを踏む様はまるで岡村孝子のようです。全体的にシュールでしょ?シュールですって感じで面白いです。

57.日置実希「恋のPLAN」
スタイルの良いはしのえみって感じの日置さん。可愛いですね!そういえば最近はしのえみ見ないですね。どことなく森ガール(死語)というかサブカルっぽい雰囲気もありますね。売れて上手くいったらサブカル方面に上手く媚びる女タレントになりそうな雰囲気があります。

58.藤本美月片想いFinally
シリアスな曲調を物凄いロリ声で淡々と歌う藤本さん。ちょっと悲しげな曲なので、泣いてある顔をドアップで写してますが、ずっと同じ表情で、ずーっと顔を見ているのに本当はどういう顔なのか最後までわからないという凄い事態に。どんな顔なの?と検索して見たら普通に可愛いのでなんか損した気分です。

59.二村春香「チャイムはLOVE SONG」
SKE死亡カルタじゃないですが、歌詞を一文字一文字カルタで表現していて、作るの大変だったろうな〜という感じです。二村さんも天真爛漫に色んな表情を見せてくれて、可愛らしい感じです。

60.松村香織「青空のそばにいて」
アタシ達バンギャの星、かお≠たんこと松村香織さんの登場ですよ!!!しかしここでは爽やか前向きなウィスパーボイスでほんわか雰囲気で、地下室の香りを感じさせずに、自らの思い描く理想のアイドル像を表現しています。彼女の推しメンは断固のこと「中西里菜」だそうで、その偉い人に対しての空気読まない感がバンギャであることの証明です。次はロック調の曲で、逆ダイ、コロダイ、咲き、などをキメた感じでお願いしたいです。

61.水埜帆乃香「ディスコ保健室」
日本人形そのままの透徹たる美しさの水埜帆乃香さん。名前まで神秘的で、名前を見ただけで何故か神社に行った気にさせられます。ご本人のお姿も歩く寺社仏閣という感じ。NMBの曲で「日本の美」と連呼する曲がありましたが、水埜帆乃香さんこそ日本の美!しかしここでは日本云々全く関係なく、かわいくディスコの曲を歌っています。次は巫女姿でお願いします!

62.宮前杏実「ガラスのI LOVE YOU」
確かAKBの研究生は髪型を変えてはいけないというルールがあったはずが、SKEはどうなんでしょうね。宮前さんは爽やかに歌い上げて、色んな表情を付けていて素敵ですが、カンタンに縛っただけの髪型が、グシャっとしてあまり綺麗に見えないです。48G テンプレ髪型もどうかとおもいますが、アイドルとしてあんまり飾り気が無いのも問題だなと。

63.山田みずほ「目が痛いくらい晴れた空」
いよいよ63人!
最後の最後に異色の演出?波打ち際を歩きながらの映像をバックに、アカペラではじまります。そういう曲なのかな?繊細なバラードを丁寧に歌い上げていて、好感がもてます。


63人それぞれの想いというのがこの特典DVDのタイトルですが、本当にそれぞれの想いが伝わったような気がします。
そのクリエイティブに関しては褒められることが滅多に無い48Gですが、全員のPVを撮るなんて、単なる金儲けを考えていたら絶対やらないし、制作や進行のコストを含めてもどれだけの人の手がかかっているか想像もつかないものを、わざわざリリースするのは本当偉いし凄いと思います。
僕は監督さんを含めスタッフの皆さん、ディレクションに携わった皆さんに賞賛の声を送ります。
今後も生暖かく観察して行きたいと思います。〜終わり〜