読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
さわやかでまえむきな人間になりたい男が
好きな「文化」を語る。
そんなブログです。from 2004yaer。

ファンレター&苦情はこちら kyopon2017@yahoo.co.jp



大人の矛盾を受け入れろという指令 乃木坂46「制服のマネキン」

アイドルのピークがいつだったかなんて、ピークが終わって跡形も無くなった頃でないと、誰にもわからないと思う今日この頃。みなさんいかがお過ごしですか。
最近は48グループが叩かれることも多く、僕なんか無責任なんで叩かれたら叩かれれたで「ほんとほんと!僕もそう思う!ももクロ最高!やっぱりモーニング娘。だよね!」とテキトーに呟いて顰蹙を買ってます。まあ、他人にはなるべくまともな人間だと思われたい性分なんです。仕方ないですよね。


そんな48グループの弱みどころはやっぱり恋愛スキャンダル。
「アイドルとスキャンダル」なんてわかりやすいウィークポイントですが、幅広い意見が竜巻のように渦巻く今の世の中では、こういう古典的な問題が改めてクローズアップされてしまうんですよね。
某なっちのように「一晩彼の部屋で過ごしましたが、ずっとプレステをしてました」で誤魔化せる世の中では無くなったんですね!ていうかよく誤魔化せたね。


そんな古典的イシューに対して等の秋元大先生「恋愛禁止なんて言ったっけ?」と今更トボケる始末。そりゃそうですよね。他人のお仕事にダメ出しはできても、他人の恋愛にダメ出しできる立場では本来ございませんよね。よくわからない人は「高井麻巳子」でググってね!


そんなこんなで「公認ライバル」の乃木坂46様を聴いてみたわけです。乃木坂46って自分の中では例のごとく「フ〜ン」って感じで、しかもデビュー曲以来なんとまあ渋谷系路線だというじゃありませんか。うわ、興味ねえ〜と思って全然聴いてなかったんですけど、この「制服のマネキン」は気になりました。

制服のマネキン(DVD付A)

制服のマネキン(DVD付A)


エセ渋谷系路線は止めて、四つ打ちだけどどうにも低音が薄い(というか音が少ない)ダンスナンバーで、マイナー調の曲で、今までと違います。
乃木坂ってAKなんとかサン達と違って、雰囲気が違うというか、ちょっとこう〜大人しい?暗い?眠そう?ダルそう?辛そう?な雰囲気があるので、こういう曲調は合っていて良いと思いました。


そして私達がリスペクトすべき、とにかく僕にお金を呉れるべきだと思う秋元大先生の歌詞。これが凄い。
この曲の歌詞の大意は
「学生、若い、どうにも恋愛に踏み切れない君、若いんだし、君はマネキンじゃないんだから、恋しようよ〜」みたいな内容なんだけど、今時そんな女の子いないと思うし、大正時代でももっと開放的だったぞ!てめー(歌詞の主人公の”僕”)が単に嫌われてるんじゃないの?と考えてしまうほど時代錯誤な内容。

恋をするのはいけないことか?
君の気持ちはわかってる
感情を隠したら
制服を着たマネキンだ

この曲は巷で渦巻くAKナンタラ様の「恋愛禁止条例」に踏み込んだものなんですね。
「お前ら、恋をするのは悪いことじゃない!」という秋元先生の有難いお説がこの歌詞なわけです。
えっそんな事今更言われても…恋をするのはいけないことじゃないから一緒にプリクラ撮ったり、家で男女数人でダーツやって遊んでるところ写真で撮ったり、セックスだしたのにふざけんなよとか、一晩泊まって出てきたところ撮られて丸b(以下略)とかそういう結末でもいいの?とか思うんだけど…。


世の中とはそういう矛盾に満ちたもので、個人の思う通りにはいかず、正論もまかり通らない難しいものだ、いう事を言いたいのでしょうか。
恋をするのはいけないことじゃない。マネキンじゃない。でも、その先に待っているものは…。
そこから先を踏まえて行動しろということなのか、それとも止めなさい、ということなのかその答えはここにはない。
大人の世界とはそういうものなのだ。受け入れなさい。だったら好きなようにやれ、ただしその先は知らないよという指令なのでしょうか。


アイドルが恋愛していいのか、恋愛をしてはいけないのか、そんな事を決められないし決めなくてもいい。
形としては(ルール的なもの)はあるかもしれないけれども、そんなものは意味もない。
そして産業として世の中はまわり、いつの日にか消費される。
そして、残ったものは…
ニヤニヤと観察して無責任な事を書き連ねるこのブログのおじさんのような連中の笑い声。
ああ、世の中って矛盾だらけ!
オッサンシンデ!!!
憂いを帯びたメロディと戸惑いの慟哭を表現したかのようなリズム。この曲には冷めた哀愁が漂っていて、なかなかの名曲だなと思いました。



そんな名曲のこの曲ですが、PVは…個人的にはイマイチかな。
ソニーの中の人が書いたと思しき紹介文

学校をクラブの様な空間にして、かっこよく、とにかくダンスのキレを魅せるミュージックビデオに仕上がっています。

というこのブログみたいな乱れた日本語に戸惑いを覚えるのですが、それはそうと女子校のダンス発表会っぽい感じと画面が暗いのは好きです。でもちょっと踊りすぎの気も…。CoCoレベルで構わないのに。
そのうち路線変更して「ダンサミ」とか言い出さないか心配です。
ソニーだけに。