さわやかでまえむきな人間になりたい男が
好きな「文化」を語る。
そんなブログです。from 2004yaer。

ファンレター&苦情はこちら kyopon2017@yahoo.co.jp



【せつない】LAREINEの冬の名曲コレクション【ヴィジュアル系】【さわトラコレクション】

幅広くヴィジュアル系の「冬ソング」を集めようと思ったのですが、思ったより少なく…引っ掛かるのはLAREINEばかり。じゃあLAREINEの冬ソングを集めてやろう!と思ったんです。

本当は「LAREINE復活〜LAREINEの深さ、素晴らしさ」大特集をやろうと思っていたので、控えようかなと思ったのですが、聴いてたら我慢できなくなったので書きます!

ああ、LAREINE、お、ラレーヌ。とにかく深く素晴らしいバンド。それについてはまた今度じっくり。

今日はLAREINEの超名曲だらけの「冬」の名曲をお届けしますね。とにかくせつなげな美メロばかり!KAMIJO最高!ラレーヌ最高!

1.憂いの花が綴る愛(KAMIJO作詞、作曲)

www.youtube.com

シングル「Fleur」収録。1998年リリース。

これが最初の冬ソング?僕よりLAREINE詳しい方教えてください!

ちょっとKAMIJOの歌、演奏共に初期仕様なので、初心者にはキツイかもしれないですが、とにかく良い曲!わりと現実離れしてない、せつないせつない感じ。やっぱり見た目がアレなので、どうしてもそういうイメージになっちゃいますが、これはどんな人が歌ってても問題の無い歌謡チックなメロディ。

気づく冬の終わりは
どんなに笑ってみても
なぜか涙が止まらない

 ほんとにせつない。KAMIJOの独特なボーカルが心そっと包み込む。

ちなみにKISAKI Projectでカバーしましたが、まあ聴かなくても良いと思います。ジュイ君はイイんだけどな〜

2.「Metamorphose」(作詞、作曲:KAMIJO)

www.youtube.com

この曲聴いた時の既視感は衝撃でした。この曲ジャニーズみたい!このままタッキー&翼が歌っても違和感無い!大衆に受ける、強いメロディ。大衆には受けなかったけど・・・。でもでもKAMIJO様本気で凄い。そしてこの曲の良いところはMAYU様のギター!思いきり泣いている。フレーズはシンプルだけど、その分、泣きが入ってる。凄くイイ!

歌詞はこれ、要するに「デビュー決まったから繋がり切った」ってことじゃないの?いやいや、もっと美しい背景があるはず。きっとそうだ…(自信が無い)どちらにしても凄く切ないです。LAREINEの中でもかなり好きな曲です。

3.冬東京(作詞&作曲 KAMIJO)

ソニーから出たシングル。アルバム「フィエルテの海と共に消ゆ~THE LAST OF ROMANCE~」の先行シングル。

初めて聴いたのは、番組名は忘れたけど日曜日の夜、ビートたけし所ジョージ麻木久仁子が出てるトーク番組のエンディングに使われていた。偶然聴いた。画面の右端にPVが出ていて「えっ」と思った。ブラジルのカーニバルみたいな衣装を来た女の人が沢山踊っていた。曲も歌謡曲チックでなぜかラテンチックなリズムの今までに無い曲調だった。

しかもタイトル「冬東京」冬・・・東京・・・この年リリースされたシングルで一番ダサいタイトルじゃないだろうか。でも聴けばわかった!この曲に「冬東京」以外ありえない。

www.youtube.com

CDで聴いて、あまりの素晴らしいサウンドと曲に改めてビックリした。ブラスにストリングス(たぶんシンセ)を上手く取り込んで、リズミカルで躍動的なアレンジ。サビに入る前のタタッタッタッタタッターというシンコペーションのリズム、最高だ!アレンジャーさん偉い!藤 太薫哉さんという方がLAREINEと共同クレジットされている。

メンバーの演奏もいいです!特にMACHI様のギター・ソロ!最後にKAMIJO様の「それぞれーかなわぬー」というボーカルに、MACHI様の哀愁ギターが絡むんですよ。KAMIJO様が言ってたのですが、「僕のショパン的な感性とMACHIのバッハ的(ベートーヴェンだったかも)な感性が交じり合った」とのこと。

とにかくこの曲は名曲。冬の東上線で、寒い風景を見ながら聴くと特に最高!あれ、東上線ってことは埼玉だった。でも聴くなら大都会より埼玉がおすすめ!

この曲は氷川きよしにカバーしてほしい!

 

www.amazon.co.jp

4.雪恋詩(作詞&作曲 EIMIRU)

www.youtube.com

2005年リリース、シングルリリース。アルバム「Imperial Concerto」にも収録。

出ました、僕の大好きな後期LAREINE。「後期LAREINEの深さ、素晴らしさ」というブログ記事も書きたい。後期LAREINEはベースのEMIRUたんが曲を本格的に?作るようになったのが大きい。何故大きいのかというと、どれも名曲ばかりだから!

この「雪恋詩」は特に名高い名曲ですね。かなり前にブログを書きました。なぜか途中滝沢秀明の「愛・革命」の話になるのですが、この頃、テキトーですね。まあいまでも>< 内容はこの「雪恋詩」についた英語のコメントを翻訳した内容ですね。

 

maemuki.hatenablog.com

 

そんな事より、今までのLAREINEにはなかったような、シンプルながらも悲しみと寒さ、そして淋しさが伝わるような凄い名曲です。メロディがイイ。この曲もジャニーズにカバーしてほしい。なんて良い曲なんだろう。冬にぴったり。なんか寒くなってきた。

 

5.ミニ・アルバム「Winter Romantic」

Winter Romantic

Winter Romantic

 

冬っぽい曲を集めた素敵なミニ・アルバム。「極東の恋人」はEMIRU様作曲の名曲。一瞬やってたバンド、リボンの曲ですね。歌詞はあんまり冬関係ないって感じですが、とにかく名曲。リボンも好きでしたね。

 他にも「Romantic Season」という曲も入っていてやっぱり名曲なのですが、これはKAMIJOが一瞬やってた「NEW SODMY」というバンドでやってた曲ですね。新肛門性交!どんなバンドなんだって感じですが、「モード系」だそうです。

他にも冬っぽい全5曲。売っているの見たこと無いですが、冬にオススメに1曲。

 

6.おまけ Versailles - SFORZANDO

www.youtube.com

 

Versaillesですが、KAMIJOの作詞作曲とのことですし、載せていいと思います。

さすがって感じの冬ソングです。歌詞も切ない。

初めて聴いた時にその濃厚なLAREINE臭に、私は薔薇になりました・・。

それよりLAREINEと比較するとVersaillesは演奏が上手い!比較しちゃダメですね。KAMIJO様の切なメロディと歌詞は相変わらず健在ですね。 

 

というわけで、LAREINE最高!KAMIJO最高!ってことで終わります。