さわやかでまえむきな人間になりたい男が
好きな「文化」を語る。
そんなブログです。from 2004yaer。

ファンレター&苦情はこちら kyopon2017@yahoo.co.jp



春のナンノ祭り3 高貴すぎるヨーロッパ系シングル&「月夜のくしゃみ」

いよいよ明日に迫った南野陽子様のコンサート!

もうヤバイです。「ナンノ…会える…嘘だ!」「俺は汚れている!ナンノはまだ美しいままのに!!」ナンノが存在している事が信じられない!実在するのか・・・

 

実はナンノのイベント等には行ったことがない。当時は長野の山奥の小学生だし、大人になってからごくたまにイベントをやったりしてたけど、行けなかった。

80年代のアイドルは当時、何人か生で見たことがある。

1人は小泉今日子。家の近くに映画の撮影に来てたのだ!初めて間近で見る芸能人が小泉今日子とか豪華すぎる。寒かったけど頑張って撮影してたし、その後サインや握手にも笑顔で応じてくれた。メッチャ良い人!芸能人だし、なんといっても小泉今日子だから、たぶん我儘なんだろうねとか姉妹と話してたけど、あまりに良い人でビックリした!顔はよく言われるけど小さくて、ただ全体的に小さい感じもした。

 

2人目は中山美穂白樺湖ファミリーランドに野外コンサートで来てたのを観た。当時確か「ツイテルね、ノッてるね」を出したころ。「トップテンにミポリンのリクエストハガキを送ろう」というのがあった。3人目はいしのようこ。アイドル時代に上田の「ほていや」(現イオン)に営業にきていた。最後は兵藤ゆき。東京の親戚の家の近くで観た。兵藤ゆきとかアイドルじゃないよってそうでした。でも当時は売れっ子芸能人だから!

 

そして長い時を経て、当時のトップアイドル南野陽子様についに会える!

「ナンノ命」という鉢巻を今から作ろうかな。

 

そんな南野陽子様のシングルレビューですが、第3弾は僕の特に好きな「ヨーロッパ・エレガント」な高貴な2枚、そしてライブ前日ということで、ナンノ作詞の素晴らしい曲「月夜のくしゃみ」をレビューしますよ。

 

秋のIndication1987年9月23日

作詞:許瑛子、作編曲:萩田光雄


南野陽子 秋のIndication

この曲…皆さんも聴いたことがあるのでは?

ナンノ出演のグリコ「セシルチョコレート」のCMで当時ガンガン流れてました。

「ルルル♪ほろ苦い♪ルルル♪青春は♪」


セシルチョコレート 南野陽子 グリコ ♪秋のIndication

 この曲ももちろん大ヒット!オリコン1位!

ヨーロッパを感じさせる上品で高貴なこの曲がヒットするなんて、感動的!

丁寧に丁寧編み込まれた美しい生地のような優雅な曲調が本当に最高。CMの南野も優雅なお嬢様…。

 

この曲、「カナリア」という違う歌詞でアルバム「ガーランド」に収録されてるんだよね。

petitlyrics.com

Youtubeには無いみたい。歌詞はあった。

「秋の〜」同じメロディ。でも歌詞が違う。「カナリア」は哀しげで絶望しているような、でも希望はあるような。

何よりもこの曲、最後突然曲の途中でプツッでいきなり終わるんですよ。ほんとにいきなり。「えっ」って感じ。そもそもこの曲の存在自体が謎。「秋の〜」とは別の人が作詞してる。でも「秋の〜」がそもそも良い曲だから、この曲も好きです。

いやーナンノ深すぎだろ・・・

 

「秋からもそばにいて」1988年10月8日

www.dailymotion.com

 

作詞: 小倉めぐみ/作曲: 伊藤玉城/編曲: 萩田光雄

 

この動画は伝説の「ベストテン歌詞飛ばし」事件ですね。マシューのスペシャルでも話してましたね。「もう歌手として終わった」と当時凄く泣いたらしいですね。

でも、やはりこの曲もオリコン1位!でもこの曲で「楽園の Door」からの連続1位は途切れてしまったね・・・

しかしこの曲はやはり最高!エレガント・ヨーロッパ!冒頭壮大なパイプオルガンから始まるよ。「え?MALICE MIZER???」とか思っちゃだめですよ!こちらの方が先ですよ!つまりマリスは南野の影響下にあるかもなんて…mana様…

やはりこの曲はヨーロッパの影響を受けている感じはありますね。メロディもナンノの切ない声質をうまく引き出してる気がする。

あと、間奏のストリングスの掛け合いのところは完全にヨーロッパ!「完全にヨーロッパ」ということがどういう事か知りたかったらこの曲のこの部分を聴けばいいよ!

ああ完全にヨーロッパナンノ!ホントに最高だよ… 

www.dailymotion.com

f:id:maemuki:20160219211350p:plain

衣装も完全にヨーロッパ…ヨーロッパ?

 

「月夜のくしゃみ」(アルバム「GAUCHE」収録)

ゴーシュ

 

最後は明日ライブだし、僕にとっておそらくナンノにとっても大切であろう「月夜のくしゃみ」で終わりです。

この曲、さすがに当時聴いたことはなくて、後年ブックオフで250円で買ったアルバムに入っててそこで初めて聴いた。「月夜のくしゃみ」っていうエッセイ集が出てたのは覚えてる。

ナンノ作詞の歌詞でバラード。

mojim.com

当時バッシングを受けて、人気も突然に下降気味。

現実に付いていけなくて、月夜に思い悩むナンノの気持ちが伝わってくる。

それでも最後は前向きに歩もうとする姿。

 

この曲は本当に素晴らしいよ。僕も辛い事があるとこの曲を聴く。

嘘偽りの無い、本当の気持ち。大事だなことだよね。

ナンノ・・・明日この曲歌ってくれるよね。

歌わなくてもいいよ。どのみち好きだから。

ナンノありがとう。

 

www.youtube.com

 

 

 

maemuki.hatenablog.com

maemuki.hatenablog.com