さわやかでまえむきな人間になりたい男が
好きな「文化」を語る。
そんなブログです。from 2004yaer。

ファンレター&苦情はこちら kyopon2017@yahoo.co.jp



モーニング娘。シングル全曲レビュー12年前の続き!「涙が止まら~」から「Ambitious! 野心的〜」まで。

 

maemuki.hatenablog.com

 

2004年にアップしたこの記事。

もの凄かったモーニング娘。

あの頃の自分はASAYANを観るために生きていたと言っても過言ではない。

ASAYANは「浅草橋ヤング洋品店」の頃から観ていたが、特にモーニング娘。が産まれた「シャ乱Q・ロックボーカリスト・オーディション」からは本当に夢中になっていた。

別にお気に入りのメンバーがいたわけじゃない。

なんといってもつんく!当時のシャ乱Qの、いわゆる自分のような「音楽聴いてる人」からの評価は、もの凄く低かった

トータス松本が散々馬鹿にしていた。電気グルーヴオールナイトニッポンで酷い事を言っていた。中山美穂がHEYHEYHEYでダウンタウンに「何でこいつ売れたんやろと思う奴誰や」と質問されて「シャ乱Q」と即答してた。

もちろん、売れているからのこの存在感とも言える。本当に売れていた。

僕もそのシャ乱Qを批判する一員だった。

しかし、テレビ東京日曜21時からのASAYANのコーナー「シャ乱Qロックボーカリスト・オーディション」は特に面白くて、毎週日曜日が楽しみだった。番組が終わってすぐ「ああ目を閉じて開けたら来週の日曜になってないかな」とか考えていた。

そして「抱いてHold on me」で音楽的な衝撃を受ける。そして全盛期、やがて全盛期は終わる。

2004年に「全盛期の終わり」を感じて書いたレビューは1stシングル「モーニングコーヒー」から23rd「女子かしまし物語」まで。

2004年といえばこのブログが始まってすぐ後。

もう超前すぎるし、文体が違うので、最新版に書き直したいと思ったけど、とりあえずまだ書いてない、シングルのレビューの続きを書こうと思います。

 

24th 涙が止まらない放課後(2004年11月3日)


モーニング娘。 『涙が止まらない放課後』 (MV)

当時「紺野あさみがセンター」という衝撃的な事実を知ってから見た歌番組。当時というか、今もモーニング娘は口パクは無かったので、歌い出し「涙止まらないわ~」から、嫌な感じの音程の外し方。「わー音痴!」とからかいたくなるような感じが無かった。音源を聴いてもそれは同じ。音痴には、良い音痴と悪い音痴があるんですよ。

今聴くと、紺野がセンターというより藤本美貴帝様の声の存在感が際立ってます。ミキティ!大好き!

「ンなみだゎ フンとまらなぁいわぁ~」ありえない風格。そしてPVでの美しさ。一人だけ際立ってるように見えます!僕、ミキティ大好きなんです。それはまたは別に書きますね!

 

25th THE マンパワー!!! (2005年1月19日)


モーニング娘。 『THE マンパワー!!!』 (MV)

もうあまり関心が無くなっていたので、新曲が発売されたことを知らず、サンクスで聴いて「なんだこの変な曲」と思って、テレビ見てたらモーニング娘。の曲だったという曲。そんなに嫌いじゃないけど好きでも無いという感じ。しかしこの曲のテイストは後々、さまざまな曲に繋がっている、とこの後気付きました。

詳しくは後で。

 

26th 大阪 恋の歌(2005年4月27日)


モーニング娘。 『大阪 恋の歌』 (MV)

当時はさっぱり良さがわからなかったこの曲。今聴くと凄くイイ!

意外と多くない、つんくの「大阪歌」ですが、歌詞がすごく切ない。歌詞を見ながら聴いたら良いと思う。僕も大人の恋愛がわかるようになったのかな…と思ったけど恋愛経験無いので…。

 

27th 色っぽい じれったい(2005年7月27日)


モーニング娘。 『色っぽい じれったい』 (MV)

この曲から加入した久住のオーディションの時のASAYANの盛り上げ方凄かった。Youtubeにあるので、観てみてね。

スパニッシュテイストのこの曲。印象に残るのはPVでのダンスの上手さ。最近のモーニング娘。の悪口を言うつもりは無いけど、やっぱりこの頃の方がダンスも良かったかも…。

 

28th 直感2 ~逃した魚は大きいぞ!~ (2005年11月9日)


モーニング娘。 『直感2~逃がした魚は大きいぞ!~』 (MV)

 

来ました!!!この曲!!!

始めた聴いたのは、この頃ハロヲタだった友達の車の中。確か小金井らへんを走っていた。聴こえて来たのは

そうだ!そうだ!(まったく)そうだ!そうだ!(まったく!)そうだそうだ全くその通り!ハッ!!!

「…」身体を揺らがすまでの波動を感じたのだが、冷静を装って、友達に「この曲誰の曲?」聴くと「モーニング娘。っすよ」と教えてくれた…

その時は「そうなんだこんな曲出したらもうダメだね」なんて偉そうに言ってしまった。しかしその後この曲にハマり、生活の中に「直感2」が入りこんできた。

人との会話が盛り上がると不意に「そうだ!そうだ!全くその通り」「ハッ」と言うようになってしまい、「何それ?」「まあ、別に…」と言ってごまかすも、その内「いつも何なの!気になる」と言われると「モーニング娘。の『直感2』だよ!」と言うと「え、モーニング娘。ってまだやってたんだ」と言われるしまつ。厳しい時代の始まりです。

 

さっきマンパワーのとこで最後に触れたのは、この曲と次の曲の事です。

3曲に共通するのには、スピード感とズンドコ感。 そしてテンションの高さ。澄ましているようなところでも「ハッ」とか「ホイ」とかつんく独特の合いの手が入ってくる。

人前で聴くにはさすがにちょっと…というのは正直ある。でも、やめられない!

 

29th SEXY BOY ~そよ風に寄り添って~(2006年3月15日)

www.youtube.com

その日、2006年3月17日、2ちゃんねるのモ娘(狼)は揺れていた。

わけのわからないタイトルのスレッドが乱立していた。

「うえwwwwwwうえwwww」

「お前ら娘がMステでセクボやるけどオリコン1位イケるよね?」

「セクボとかついにつんく狂ったな」

まじSexyボーイ神曲ワロタ

そんな感じのスレッドが乱立していた。その少し前にこのシングルがリリースされたのは知っていた。そのタイトルだけで戦慄が走った。「意味がわからない!どんな曲なんだ!前の直感2も凄かったけど‥」と思った。

そうしてるうちにMステ出演の報を知る。Mステ出演は久々かも?

わー見なきゃ!見る前に狼を見て盛り上がろう!と思ってみたところ、番組開始前なのに既に祭りになってた。どのスレッドを見ても、とにかく盛り上がってた。当時は試聴も無く、テレビでもあまり流れてなかった。

「 Sexy boy〜そよ風に寄り添って」ってどんな曲なんだろう。!うえwwwうえwwwとかSexyうえうえwwwとかなんだろう。しかもみんな笑ってる。面白がってる。もしかしたら100万いくかもとか書いてある。」

と、僕も盛り上がってキターそして始まった。

 

圧巻のパフォーマンスの前に曲がほんとに凄かった。歌詞もSexy Boyがそよ風に寄り添って いる歌詞ではなかった。

曲はつんくらしいダンスビート。でも今までになかった曲調かも。

とにかく「Sexyうえwwwwうえwっw」だった。ショックうえうえ!!!

僕は娘が終わったら自転車ですぐに上福岡のTSUTAYAに駆け込んでCDを買った

 

PVも素晴らしい。アイドルのPVで大事なのはセットとか世界観とか映像の出来ではなくて、その子が可愛く映っていること。その点でこのPVは完璧!全員可愛い!特に僕の大好きな藤本美貴様。ちょ〜美しい!

それにこの曲が美貴様の気合の入った声によく合ってる!

僕はミキティがソロ時代から大好きだったんだよ!

f:id:maemuki:20160323211836p:plain

 美しすぎる美貴帝

 

というわけでこの辺にしておきます。でも後1曲

30th Ambitious! 野心的でいいじゃん (2006年6月21日)


モーニング娘。 『Ambitious! 野心的でいいじゃん』 (MV)

セクボで完全に舞い戻った自分。この曲も好きです。

とにかく曲がハイスピードでカッコイイ!こんなカッコイイ曲つんく作れるんだなって

。曲もキャッチーだし。歌詞は普通かな。でもさすがつんくって感じ。

間奏の超絶技巧のギターも凄い!ニコニコとかでよくこの部分を弾いている人がいますね。編曲は湯浅公一さん。ハロプロ関係ではわりとお馴染みの人ですね。

www.kasi-time.com

 「直感2」から始まって、「Sexy boy〜そよかぜに寄り添って」「Ambitious〜野心的でいいじゃん」この3作でハロプロ、というかアイドル界の新しい道を切り開いたと思います。つんく様は本当に凄い。

僕はこの3作品を「ズンドコ3部作」と呼んでます。この時期は「ズンドコ期」と呼んでます。短いですけどね。ズンドコ期www

でもほんと大好き!

 

 

というわけでここで一旦中断します。

次はいつになるか…わかりません。また10曲程度できたらいいかな?

ここまで読んでくれてありがとう!!