さわやかでまえむきな人間になりたい男が
好きな「文化」を語る。
そんなブログです。from 2004yaer。

ファンレター&苦情はこちら kyopon2017@yahoo.co.jp



GUNIW TOOLS「冬のうぐいす」冬の「うぐいすの森」から寄せる

今日気づいたんです。

自分が住んでる場所は「うぐいすの森」という山の中の別荘地なんですけど、

佐久市 うぐいすの森自治会 トップページ

そういえばGUNIW TOOLSにも「冬のうぐいす」という曲がありました。

この曲はもちろん忘れてませんでした。なんか記憶障害みたいな事があるけど、グニュウのことは忘れてないです。特に「不断の窓」これは上野公園で聴いて号泣したというブログを書きました。

maemuki.hatenablog.com

 「冬のうぐいす」は夏の札幌の旅行記で書きました。

maemuki.hateblo.jp

ブログの中に

今、ここは夏なのに何故この曲が響くのか。自分の心は冬なのかもしれない。

とあります。この時は札幌は夏で、すごく快適でした。

でも、実は働いていた会社を契約終了になって、ヤケクソで出た旅でした。intoshさんと会ったりして、楽しい感じを気取ってますが、心はメチャクチャでした。

そして、今、僕は冬のうぐいすの森で、自分の心は冬です。それに気づきました。

改めて「冬のうぐいす」を聴いてみたらどんな気持ちになるのか。

聴いてみました。

 

PV


Guniw Tools - Fuyu no Uguisu PV

歌詞

petitlyrics.com

落ち浮いたテンポでアコースティックギターとフワフワしたピアノが入ってきて、ストリングスも入ってきますが、基本的にシンプルで聴きやすい曲です。

 

日は古びれ赤み消す 際に染む松の葉 淡雪受けて

気も緩み 尖らす爪を笑う

 なんだか僕が毎日庭や窓からみている景色のようです。

そう聴いていくと歌詞が全て自分のことに思えてきます。

「誰もあなたなどみていない 自由に行け」 

 

そうでした。僕のことなんか誰もみていないんだ。

やはり人と距離が離れるとこころが離れる。相手は離れていないかもしれませんが、僕は離れてしまいました。

 「春を待つ人の日は淡く うなだれだまま消えず 

光沈む目に吹き荒み にじませたまま」

 

そうです。僕は春を待っています。幸福な春。解放。でも目の中にそれは留まりつづけててます。

光放つ人達に あこがれて地の中眠り続ける

信じてる 今が夢だと

 まさにこれが僕の姿になっていまいました。

札幌の公園で思った通り、こころは本当に冬になり、自分以外の光を放つ人、全ての人にあこがれます。そして今が夢だと信じてます。

それが夢ではないとはわかってます。それをこの曲は教えてくれます。  

 

僕は明日もこの曲を聴きます。この曲は自分への戒めです。

ここまで読んでくれてありがとう。