読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
さわやかでまえむきな人間になりたい男が
好きな「文化」を語る。
そんなブログです。from 2004yaer。

ファンレター&苦情はこちら kyopon2017@yahoo.co.jp



【お知らせ】しばらく「さわやかトラウマ日記」の更新を停止します。

なんだかんだで再開したこのブログですが

思うことがあり、しばらく停止します。

ツイッターなどは停止しません。

また、ひっそり始まった

maemuki.hatenadiary.jp

こちらは更新しようと思います。こちらは個人的な「日記」です。

自分のため。自分のためにだけ。

 

「さわやかトラウマ日記」は再開以降も自己満足、チラシの裏と言いながらも、

実はアクセス数やお気に入りなどをすごく気にしてました。

再開前より気にしていました。

「今日はつかなかったな」「今日のブログは面白くないかな」とか

むかしは気にしていなかったといえば、それは開始初期のころだと思います。

いつの日か、意識はするようになりました。

でもその頃のブログを読むと、面白くて、ヒットはしなくても満足したものが多いです。

sexy zoneの前の日のブログは筋肉少女隊の今でもナンバー1の記事です。このころが一番快調でした。

そして荻窪に引っ越してからおかしくなりました。

 

今のブログ、スマートフォンで書いたジャニーズのバイトの日記は仕方ないけど

本格復帰後も全部面白くないと思います。全然面白くない。

何が面白く無いのか、ブランクがあるからなのかもしれませんが

そうではないです。

それは今、自分が幸せじゃないからです。

何を書いても、悲しいことばかりになってしまう。

 

今日、今年の9月くらいにノートでボールペンで書いた日記を見つけました。

「タスケテ日記」というものです。久々に読みました。

まるで小学生のような汚い字で「東京へ帰りたい」「ヨーロッパに帰りたい」「生きた証を残したい」「明日はきっと助かる」とか書かれてました。

 

 あの頃はほんとうに地獄でした。

みなさんには想像つかないでしょう。生きているのに、他の世界と隔絶されたところに連れてこられてしまった。

終わりの無い地獄のようでした。今でもあの日々の事が心に残っていると

今日「タスケテ日記」を読んできづいたのです。

 

 

今はスマートフォンもマックもあり、ピアノもあります。

でも、心が死んでいます。

 

東京に住んでいる友達が恋しいです。

また逢いたいです。

でも皆さんは光の中で生きていてください。

僕はひとまず闇の中でもがきながら道を探ります。

 

僕が幸せになって、明るくなれて、面白い文章が書けるようになったら

再開したいと思います。

このブログは僕の親友です。恥ずかしいけど、そう思ってます。

 

最後に、思い入れのあるバンドのCDのレビューを書いて一区切りとします。

 

よろしくお願いします。