読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
さわやかでまえむきな人間になりたい男が
好きな「文化」を語る。
そんなブログです。from 2004yaer。

ファンレター&苦情はこちら kyopon2017@yahoo.co.jp



涙が終結してもまた流れて This Mortal Coil 「It'll End In Tears」

 

It'll End in Tears

It'll End in Tears

 

 

ここのところ、ずっとこのアルバムの音楽が、あたまに流れている。

なので、この音楽を聴く。ディス・モータル・コイル。80年代のバンドというかユニット。4ADというレーベルのオーナーが所属するレーベルの「歌姫」を集めて作った趣味性の高いユニットだが、イギリスでは大ヒットした。

一番ヒットして、評価の高いアルバムが「It'll End In Tears」

日本語だと、「涙の終結」

涙が流れるのが止まった。素晴らしいことだ。うらやましい。

僕はここのところ、涙が止まらない。それは「目の中からの涙」だけではなく、心の中にも溢れていて、溜まっていて、とても苦しい。以前はこころの中のかゆみを感じることがあったが、身体の中なのでかけなくて辛かった。ちょっとおかしいと思うかもしれない。身体の中なんてかゆくならない。そして心に涙なんて出ない。おかしいのだろうか。病気だからだろうか。でも違うと思う。お医者さんに「心の中がかゆくて、涙が溢れている」なんて言わない。

 

このアルバムは「4AD」らしく、深いリバーブのかかったバックトラック。コクトー・ツインズの美しい女性ボーカルの神々しい歌声も相まって、現実感に乏しい。


This Mortal Coil - Song To The Siren (Official Video)

 

現実があまりにつらい。涙はとまっても、心の中の涙が止められる見通しも当面立たない。

 

僕は山の中で孤独な日々をこれからもずっと送る、けれども死なない、という、ある意味の完璧な絶望そして、完全な孤独、孤立を手に入れてしまった。

なんでこんなことになったのか。それは自分が悪いからだ。

自分が悪い?

自分を悪くしなければ、赦される?

誰に?親に?

くそな人生だ。やはり泣きたい。

 

このアルバムの歌は常に優しい。そして僕は英語がわからないから、何を言っているのかわからない。しかし、暗闇の中から、優しく問いかけてくるサウンドと歌声は、まるで自分の内面の情景のように思える。

同じ闇、同じつらさ、声に出ている。


This Mortal Coil - Kangaroo (Official Video)

 

世の中には「幸せそうな人」が「幸せそうな歌」を「幸せそうな人への歌」を歌う、商業的なタイアップ、金銭の授受を目的した音楽がみたいなのがほとんどだ。テレビから流れてくるのは、そんなのばかりだ。

世間から疎外されてしまった自分には辛いもの以外何者でもない。

 

しかし、僕はそういった簡易に手に入る「普通の人のための音楽」が嫌いで、または「普通の人のための音楽」から、「普通ではないもの」を見つけるのが好きだった。

 

こういう状況の中で、どうしたらいいのか。

 

僕はひたすら、死んだような山の中から、生きている街へとアラートを送り続けようと思う。

僕は危機的なんだよ。限界だよ。

直接的ではなく、なるべく美しく、隠しつつ、「本当の自分」が、普通に見えないように。それをここで書いているんだから底の浅い考えだけど。「たすけて」と叫んでも、本当の「たすけて」は誰にも届かない。そう思っている。なぜならば、他人は自分ではない。自分は他人ではないから。

 

This Mortal Coilを聴いていると、闇の中でうなだれて、力をなくしている自分が浮かび上がる。闇には靄がかかり、よく顔がよくみえないから、自分ではないかのかもしれない。

it'll end in tears

涙の終結 

いつくるんだろうか。

www.youtube.com

 

Another day 

今、僕が一番望んでいること。

この日々を止めたい。自分の人生だから、自分で生きれるはず。

でもそれができない。情けない苦しい。

 

現実的に、僕の涙は一生止まらない。

せめて、その涙が消化されるように、生きていきたい。

いつか、この悪夢から覚めるように。

涙は終結しても、またやってくる。そして終結する。

そしていつかはそれは終わるだろう。音楽と同じように。

 そして、アラートに気づいてほしい。そのアラートにあなたがきづいても、何も対価はもとめない。

心の中に、そっと置いておいてほしい。

 

元気だけどうつな働きたいニートmaemukiより。