さわやかでまえむきな人間になりたい男が
好きな「文化」を語る。
そんなブログです。from 2004yaer。

ファンレター&苦情はこちら kyopon2017@yahoo.co.jp



僕の青春の音楽 Rocketship 「A Certain Smile, A Certain Sadness」

 

f:id:maemuki:20170414224950j:plain

www.amazon.co.jp

itun.es

 

皆さんには「青春と呼べる時」がありましたか?

僕にはありました。「あの頃は青春だった」と思ってしまうことは、恥ずかしいことなのかもしれません。

しかし、あったのです。僕には、あった。確かにあったのです。

そう。「あった」から、もう過去のことです。青春というのは「終わったもの」だと、今になって思うのです。

 

しかもその青春と今になっては思える時期が4回もあった、と気づいてしまったのです。

無くした青春が4回もあると感じるだなんて!なんて幸せなのでしょ。。う。

今がそうではないから、そう思っているだけなのかもしれません。

でも、その時に、聴いていた音楽を聴いてその時を思い出して、ありきたりな感傷に浸ることは許されるのではないのでしょうか。

 

僕の大事な青春の思い出のひとつ、それは「バンド時代」です。

バンドマンとして、ドラムなんてできなかった、中学の時に吹奏楽部でエックスの「Silent Jealousy」を吹奏楽アレンジしてYOSHIKI気取って、ドラムとピアノを演って、めちゃくちゃに終わった痛い過去があっただけだったのに「ドラム人口が少ない」ということで都合よく駆り出されたバンドマン時代です!

 

フリッパーズ・ギター」にあこがれているけど、それはあまり口には出さないような、そういう集団にいて、青春の時を過ごしてしまいました!

下北沢、渋谷、新宿、名古屋、大阪、西荻窪東高円寺、吉祥寺、いろんなところでライブをしました。

「ライブは見るより出たほうが多い」とたまに言いますが、単に出不精でライブに行かなかったのもありますが、ほんとうにそうなのかもしれません。

 

みんな、もうバラバラになってしまった。

その人達と集うことすら、難しい状況です。

 

僕は東京から、離れてしまった。

うんと離れたわけではないけれども、遠いところに来てしまった。

絶望的に長い距離を走る通勤列車の中で、田舎の風景を見ながら、かつて青春をすごしていたその街で聴いていた、その時、青春の時に聴いていた曲を、また聴いてしまったこと、悪いのでしょうか。

 

Rocket Shipは、アメリカのインディーズのバンドです。

 

www.youtube.com

 

Rocketship (band) - Wikipedia

 Rocketship is an indie pop band formed in Sacramento, California in 1993.

と、英語のwikipediaにはあります。そうです。インディー・ポップバンド。もう死んだ言葉かもしれません。それを言葉で表すのは難しいです。しかし「インディーズ」、独立した音楽なのです。彼らはいわゆるプロのミュージシャンではありませんでした。

確か「米国音楽」という、「僕ら」に影響を与えてくれた雑誌において、バンドのキーマン、Dustin Reskeがインタビューに応えていました。

その内容は衝撃的なものでした。

「俺たちはアメリカでひどい生活をしている。ほんとうに最悪だ。でも、夢見ることは忘れない。でも夢見るような音楽を通して、俺たちの悲しみと苦しみ、クソなアメリカの姿を伝えたい」とかそういうような事を言っていました。

 

確かに、このアルバム、「A Certain Smile, A Certain Sadness」は、そのような、夢見る音楽です。1曲め、I Love You Like the Way That I Used to Do" 

そして、垣間みえる偉大な「マイ・ブラッディ・ヴァレンタイン」の影!

とても、チープだけれども、心が入っていると感じます。

 

メロディは、慈悲を求めるかのような、美しいものばかりです。

 

5曲目「I'm Lost Without You Here」

この曲をカバーした覚えがあります。懐かしい。僕はドラムだったか、キーボードだったか忘れてしまいました。西荻窪ターニングというライブハウスで演奏しました。友達のひとりユニットのサポートでした。彼は元気なんだろうか。一緒にタダでドイツに行った彼。彼は何者だったんだろうか。

 

そんなことがぐるぐるまわってきます。

アメリカの彼らなんて遠い国のことなのに。遠い国に感じてしまう。同じ国に僕らは生きているのに。小さなロケット船は宇宙の彼方へ消えていった。ギターのフィードバックノイズと、シンセのダダ押しと共に。そしてささやく。「A Certain Smile, A Certain Sadness」ある微笑み、ある悲しみ。

過去は美しい。

過去は変えられない。

過去から逃げても追ってくる。

 

4度の悪夢にうなされながら、夜を過ごすのです。

たったひとりで。

誰にも邪魔されない。完璧な空間で。