さわやかでまえむきな人間になりたい男が
好きな「文化」を語る。
そんなブログです。from 2004yaer。

ファンレター&苦情はこちら kyopon2017@yahoo.co.jp



8月度 まえむき月次報告 真面目にげつじほうこくしますね

エリック・サティの「ジムノペティ第4番」ですEric satie Gymnopédies no4#ericsatie #satie #piano

ダラダラと毎回書いており、「報告」になっていない、ただの「駄文」「雑文」なのではないかと、内的なところからの問いかけがありましたので、たまには「報告書」のようにしたいと考え、そのようにさせて頂きます。

1.概況

相も変わらずの状態であります。重要事項である「お仕事」につきましては、「三歩進んで二歩下がる」という状態であり、まあ一步は進んだということ。そのほかにはありませんが、週4、5と勤務に入ることが多くなりました。業務のクオリティは矢張り多少の不安は残しつつ「もっとがんばらなくちゃ」と齢高齢気味ながら、まるで中学生の部活動を始めたばかりの女生徒のような気持ちであります。

◯特筆すべき事項

私はしょ生涯初の「自宅勤務」になりましたが、まあなんとその快適なこと。まず「通勤」がなくなった。これは良いことだと思います。通勤はつらいものですよね。駅まで行って、駅から会社まで。毎日毎日。かつてはわたくしも通勤には苦しめられました。東武東上線ふじみ野駅から池袋まで。「ふじみ野から池袋までは急行で25分!」という東武鉄道のポスターに貼ってあった言葉を胸に、毎日「おい30分こえてるだろ成増すぎたらノロノロしやがって」なんて考えたりして…。まあ、その後は新宿区に引っ越して…変わった職場もすべて山手線…ああ…。

とにかく、「自宅勤務」は自分には、あっていたと思います。なんせ束縛されないのですから。もちろん仕事にはずっと集中しています。会社にいたときより、集中できます。だから、疲れるのです。

しかし、「つかれ」の解消が自宅ならではの方法でできる、ということが特筆すべき事項です。それは「自由な発声、もしくは動き」となります。

「自由な発声」とは、会社勤めでは考えられない、突然の奇声「ああああ」「うおうおうおうお」「うきゃーー」「ふーふー」など、後は歌を唄う。「らりほほ〜♪」「うつだーしのうー」「ちっきゅうはいっつでもまわってるーせくしーぞーん」などと、会社では考えられないことができるのです!

「もしくは動き」に関しては、やはりずっとパソコンに向かっているのですから、身体が凝りに凝ります。会社だと「ああ」とか言い、「だるいなー」「ねむいだるいつらい」などと思いながら、身体をさする、くらいしかできません。しかし自宅だと、「自由なうごき」にて、凝りの解消に近づけるのです。手や足を伸ばしたり、ぐにゃグニャ動いてみたり。誰もみていなのですから、足の股を広げてみたり、「人目を気にしないストレッチ」が可能なのです。それで、集中力も増します。異常さの増しは、一人なので気になりません。

 以上が概況となります。

2.今後の施策

仕事における「月次報告」からは遠くなるかもしれませんが、やはり私生活は大事なもの、と考えております。とうぜんです。メンタルヘルス、コミュニケーション能力、それがあってこその仕事となります。「自宅勤務」のデメリットとして大きなものがあります。それは「孤独」です。ああ、漢字というものは哀しいですね。「こどく」と筆記させてください。「こどく」を解消、または「こどくであっても自分のアイデンテイテイを回復させたい」という理由により、それを実行することにしました。

いやはや、果たしてどうなるのか、未だに見えておらず、決も見当たりません。しかし、私はほんとうに望んでいることが、副次的なものとしてやってくることになりました。それが何なのか、簡単なことであります。「懐かしい人とのさいかい」ということです。

私がいかに、孤独であったのか。そのようなことは、こちら以外では人に話すようなことは致しません。あかるくまえむき、さわやかまえむき、死んだとしてもさわやかまえむきなのです。

3.感想

ひたすらに怠惰であった。ということだけを述べてしまうような状況であります。

明日はやろう明日はやろう、でもできない。いい加減そのような自分から卒業をしたいのですが…。

項目は”感想”とありますので、自分の感想ではなく、感銘を受けたものたちに付いてサラッと記載しますね

原田真二さまのかっこいい歌声

・高野哲の謎のユニットの数々を把握中だけど挫折しそうな高野哲学

・その中の一番謎のピアノ・ロックゆにっと「The JUNJULYAUGUST」にピアノで加入したいできないかそしたらああ高野哲さまがいつもそこにああでもいまながのだくそくそくそーーこのハg(以下略)

クラシック音楽はやはり素晴らしくわたくしの礎となるもの。しかし相変わらず定まりません。

・アイドルも停滞中ですが、「懐かしアイドル」はやはり好きです。まだ手に入れたい「懐かしアイドル」のベストアルバムが欲しくて欲しくて。一番欲しいのは「武田久美子 」のベストアルバムなのですが、なんと2枚組で3500。あんなに下手くそな唄を2枚組だなんて贅沢すぎると考え、手が出ません…

3.課題

課題といえばこの駄ブログでしょう。「のるさんが主役」で書いたはずがいつのまにか「おじさんのヴィジュアル系あがり」というどうでもいいことで、小火になってしまったこと、申し訳なく思います。「のるさんサイコーサイコ」だけでよかったのに、更に追い打ちで書いてしまって、こんなことまで言われるしまつ。

 ちなみにリツイートは僕、いいね!は僕と仲の良いお友だちです!友達サイコー!

それにその後のエントリは「ヴィジュアル系」のことばかり!なんて未練タラタラなんでしょう!人のことがいえません…

ということで、課題は…全てです!!!!

4,残念すぎる哀しいお知らせ

ここで何回も何回も書いてきた「脚」の問題ですが…

結果が出ました。

原因不明!

治す方法なし!

でもちょっとづつ良くなっているから、様子見!

 

つまり、肉体系ではなくても立ちっぱなし素早い移動が必要な仕事、ここではそんな仕事しかないのに、できない!!

でも、「他にアルバイトするから」といったら本業のシフトの割当が少なく…

そんな状況です><

どうしよう><

とりえあず、持ち前のといったら恥ずかしいですが、粘着質な文章にて懇願してみようと思います。

 

5.今後のWEBLOGについて 

やはりまだレビュー系記事に関しては、苦手意識が強いです。「あんなにタラタラかいているのに」と思われるかもしれませんが、ほんとうに今、調子が悪いのです。

しかし「タラタラ書くこと」は苦手ではないので、どうでもよいことをなるべく面白く書きたい。ということと、僕のブログは「★」が少ないつまり、「はてな住民」からの支持が低いのです!おかしいでしょう。アクセスは1日調子が良いと4000くらいあるのに、★はすこし!無視されている!はてな村民にふりむいてほしい!!

せつないですね。「はてなの中の人とカラオケで発狂ちゃんねるを歌った」なんてことは、ウリにはならないのですよね。

そういうところから、治していかないといけません。

以上でございます。

来月は明るく元気にさわやかな報告ができますように…。