さわやかトラウマ日記

さわやかな音楽ブログです from 2004


さわやかでまえむきな人間になりたい男が
好きな「文化」を語る。
そんなブログです。from 2004yaer。

ファンレター&苦情はこちら kyopon2017@yahoo.co.jp



昨日のライブにて感じたこと

僕は即興イベントに出演した

出番は1人ではなく即興でのユニットだった

自分はピアノを弾いた

最初の自分が主役のはずだったピアノ・デュオは悲しい結果に終わった

それがモチベーションとなり、以降は良いピアノが弾けた

ギターの方とのセッションが楽しかった

僕の顔を見てフレーズを変えたりしてくる

僕もそれに答えてフレーズを変えたりする

彼がものすごい笑顔になったりする

こんな経験は今までなかった。

いつも曲を淡々と演奏するようなものばかりだった

他にも、そのギターの人と、サックスやサンプリングをする方との3人でのトリオは、すごく良かった

終わったあとに、サックスの方が僕を拝んだ

最後に宗教的な展開になったからかもしれない

そうすると、僕に握手を求めてきた

素晴らしかったよ ありがとう

人と音楽をやること。なんて楽しいのだろう

求める事を察知して、それを返す。的確に返答して、次に繋げる

即興とは、そういうものだと思う。それがわかってる人がいた

 

いろんなユニットに出て、人前で、うまれてはじめてと言ってもいいほど、ピアノを弾き倒した

お客さんは殆ど出演者だったけど、話した人にはみんな、ピアノすごいですね、と言ってくれた

 

長野で孤独にくるしみ、鬱な毎日を送っているなんて、嘘のように感じる

実際に、ピアノを弾いているときの僕は、笑っていた

心から楽しかったから

 

僕はまだ、発見されていない

もっとやれるはずだし、もっと自分には可能性がある

そう感じていた

それが確信に変わった

 

どのみちやるしかない

まだ僕は自分の可能性を信じている

あとはやるだけ

 

今日もライブです

昨日は他人とのユニットだけ

今日は1人だけ

 

1人の方が慣れているので、上手くできると思う