さわやかトラウマ日記

さわやかな音楽ブログです from 2004


さわやかでまえむきな人間になりたい男が
好きな「文化」を語る。
そんなブログです。from 2004yaer。

ファンレター&苦情はこちら kyopon2017@yahoo.co.jp



【アルバムレビュー】中森明菜「明菜」 悲しい声、そして終わらない悲しみ

 

明菜(通常盤)

明菜(通常盤)

 

 ひと、他人の気持ちなんて、わからない。

他人が何を考えて、どう思っているのかなんて、自分にはわからない。本当のことは、他人にはわからないものだと思うのです。

たとえ、傍から見てそれがそうであるんだろうと推測して、そうなんだろうと思っても、それはあくまで推測なだけ。ほんとうにことかどうなのかは、他人には絶対にわからないと思うのです。

思うのです。ではなく、実際にそれが真実だと思うのです。ほんとうに笑っていても、ほんとうに笑っているのかは、誰にもわからない。もしかして、笑っていても、心は泣いているのかもしれない。

 

中森明菜は、傍から見て、事実として傷ついてしまった人でした。きっと今でもずっとあの事を引きずっているのか、なんて思ってしまっていました。

あの事、もう何十年も前のことです。もういい加減悲しみから癒えても良い頃なのかもしれない。一般的にみたら、そうかもしれない。

 

このアルバム「明菜」を聴いて、僕は思ってしまいました。あくまで推測です。

 

彼女は、まだ悲しみの中にいるんだと。

 

もう前のこと。その間にも、いろいろあったんだろう。良いこともありました。出演したドラマは大ヒットをした。なぜかあまり振り返られないけれども。渾身の演技で、女優として大きな結果を残した。女優としても大きな結果を残すことができた。

しかし、大衆の前からはいなくなってしまった。

 

それは、彼女の消えない悲しみがあったのだろうと、僕は「推測」をしました。

あくまで推測です。

そして、もうひとつ、希望的な推測もしました。

 

このアルバム「明菜」には、これまでにはなかった、彼女が失ってしまった歌声の強さが戻ってきていると感じました。

もしかして、「消えない悲しみ」が癒えた、なんて思いません。

このアルバムの声は、力強くもありながら、泣いているのです。

 

声から、悲痛な叫びが伝わってくる。最近の作品にはなかった、細かい譜割りのメロディーライン、最近は聴かなかったような、高いキーのロングトーン

昔の曲を思わせるような、まだ傷ついてしまう前のころのような曲もあります。オリエンタルな、彼女しか表せない哀愁がここにありました。

 

これも推測ですが、彼女の悲しみはもう一生消えない、ということに気づいたのではないでしょうか。もうあの悲しみからは逃げられない。だから向き合って、このアルバムでそれを対峙する姿を、見せようとしたのではないか、と思いました。

 

これは推測です。推測であってほしい。心にできてしまった闇は、いつか消えるはず。そうであってほしいからです。でも、消えない傷だってあるでしょう。それが伝わってくるのです。儚いというには、あまりにも残酷で、そして美しいです。

 

音楽の世界でよく言われること「思いを込めて表現すれば、必ず伝わる」

僕はそんな言葉を信用していません。どんな思いが込められているかなんて、ほんとうは誰にもわからないからです。明るい歌を歌っていても心は真っ暗だったりするのではないか。さわやかな恋愛を歌っていても、不倫して孕ませたりしている。嘘ばっかりです。

このアルバムには、嘘はないと、僕は思いました。それは彼女が本物の歌手であり、アーティストであるからです。言葉だけではない、声で伝えてくれた。それは、癒えない悲しみがここにあるからです。もう何十年も。ずっとずっと。

 

彼女がほんとうにどうなのかはわかりません。が、このアルバム「明菜」には、このような推測を覚えることができてよかった、と思いました。

終わらない悲しみ、終わらない悲しい声。