さわやかでまえむきな人間になりたい男が
好きな「文化」を語る。
そんなブログです。from 2004yaer。

ファンレター&苦情はこちら kyopon2017@yahoo.co.jp



【東京終わった旅行記】最後:渋谷のマークシティへの通路下の辺りで長野出身の「たかぎくん」と「高木ブー!」と歌いました!

https://www.instagram.com/p/BdyhPtplTgH/

夕陽が海に映り、自分へ線をなし向かってくる今回の上京で1番心に残った風景です

海を観たりしたのですが、それよりおもしろい事がありましたので報告します。

渋谷のアップリンクに映画「全員死刑」を観に行き、「神座」で「おいしいラーメン」を食べたりしました。

https://www.instagram.com/p/Bdyg2qPlGY2/

昨日の夜、神座にいきました初めて渋谷店で食べて、家の近くだった歌舞伎町店によく行ってましたここは初めて食べた時からおいしいーと思いました三度食べなくてはわからない!みたいな張り紙が前はありましたよねお洒落になっていて、外国人旅行者も沢山いました#神座 #ラーメン#ramen #noodles

渋谷、ほんとうに久しぶりでした。migimimi sleep tightのお披露目ライブ以来かもしれない。たぶんそれ以来です。

https://www.instagram.com/p/Bdw-zLMlkKD/

みんなスクランブル交差点の写真を撮っていたので、僕も対抗して、と思いましたが、こっちにカメラが向きました。改めてみるとこんなに細いんですねマークシティ。見えるところはホテルなのかな?

そんなウムムということを考えながら、この通路の下を歩いたのです。そこにはよくいる「ストリートミュージシャン」がいました。アコースティックギターを抱えて、若い男性が元気よく歌っていました。そこに少し歩を止めて、電車の時刻を確認しようとスマートフォンを見ていたのですが、そこでこんなものを見ました。

https://www.instagram.com/p/BdzA__KlRew/

 

TKG たかぎ たかぎです!!とありました。ここはみんな普通に素通りしていくところです。道が狭いので、先を急がざるをえないし足を止められない。でも頑張って歌っていたので、しばらく見ていました。演奏が終えて、思いきって僕は彼に話しかけました。

「あ、あの高木、ですか?」と話しかけました。「そうです!高木です!!」と元気よく答えました。「僕も高木ですよ!」「まじすか!?たかぎーなかまー!」僕も「たかぎーいえーい」「高木いーー」と彼はギターを一瞬かき鳴らしました。そこで「おいくつですか?」と聞いてみました。

高木といえば、そうです高木ブー!しかし若い人だったら知らないかもと思い、年齢確認をしたのです。そうしまたら「まだはたちなんでテヘヘ」なんて言いました。また二十歳!そこで「高木ブーって知ってますか?」「はい!高木ブー!」「知ってるんだよかった、高木ブーでからわれたりしませんでしたか(‘д‘)」と聴くと「しましたよお(>_<)」とのこと!「やっぱり高木ブー!」「高木ブー!!」と乗りよく絡んでくれました!そこで「元祖高木ブー伝説って曲在るの知ってる?」「知らないっすー」「そういう曲があるんだよ筋肉…」とか教えてあげました。「高木ぶーぶーって叫ぶんだよ」「すごいっすね」「そういう曲もあるんだよ好きになるのおかしいよねふつう」「高木ブーってウクレレとかすごいじゃないですか?」とか言います!柔軟な発想!さすが!

彼は即興で歌を作るのを路上でやっているようでした。

なので、「歌つくりますよー」と何かをやってくれるとのこと。もちろんリクエストは「高木ブー!」と答えたところ「いきましょう!高木ブー!!」とはじまりました。

即興なので、僕も参加して、歌いました!あの場所で!!

Takagi

ああ楽しい楽しい!こんな事をこの場所でやるだなんて!素敵なじゃないかウドゥントイットビーナイスビーチボーイズですよ!ほんとです。

そしてもうひとつ大きな共通点がありました。彼は3月に学校を出て、名古屋で働くとのことでした!「長野と名古屋そして渋谷という共通である人と出会えたなんて!」と彼は感激していました。でも名古屋に行ったことがない、とのことで不安なようす。「長野よりはいいよ!」と言ったかどうかはわかりません(‘д‘)

そして僕は時間が迫り、御暇をすることにしましたが、そういえばCDが500円で売っていたな、でも小銭が足らなかった、ということを思い出し、モヤイ像の横の自販機でお金を崩し、暖かいコーヒーを買って、彼の元に向い、コーヒーを渡しました。そしてCDも買いました。

彼に僕が出た阿佐ヶ谷のネクストサンデーのオープンステージも教えてあげました。2曲1500円払えば、自由に出られるよ、ノルマもないよ、彼もライブハウスに出るのにノルマに苦労しているようでした。「めちゃくちゃ安いですね」と乗り気だったので、教えてあげました!いつかオープンステージ、またはブッキング、またはツーマン!で共演したいです!すわ高木ブーナイト!!

 

と、いう感じです。

東京にいるとこんなに楽しいことがあるんだなーと改めて思いました!

 

はあ仕事がんばりますおわり