さわやかでまえむきな人間になりたい男が
好きな「文化」を語る。
そんなブログです。from 2004yaer。

ファンレター&苦情はこちら kyopon2017@yahoo.co.jp



今週のお題「私のアイドル」僕の「私のアイドル」は…………

自分です!

 

これははてなブログの「今週のお題」によるものです。

そうです、いろいろ3秒くらい考えてでた結論が、これです。

そうです。僕にとっての「アイドル」は、自分です!

 

おかしいと思われるかもしれません。いつも自虐伽羅、じ自虐キャラクターを演じているのに!自分がアイドルだと思うだなんて。

 

でも、「アイドル」というものは、大衆的な支持と知名度を得てのものだと、考えております。大きな矛盾があります!しかしどうなのでしょう。最近は「地下アイドル」「自称地下アイドル」「地下セクシーアイドル」「自称顔面偏差値東大級」などという、「自称アイドル」が罷り通っている鬱な世の中です。

つまり、なんでもありなのです。アイドルというものは。

 

しかし現時点あくまで現時点では!私がアイドルそのものたる人間だということは、皆様は理解できないと考えております。それはわたくしの力不足不徳の致すところではありますが、あえていいましょう。私がアイドルたるそのものであるるということに気づかない傍観者たち!そうお前らあなたたたちが!愚かなのです。

 

アイドルというものは、矢張り「CHARISMA性」が重要だと思うのです。いかなる矛盾も引っ張っていき、己の快楽中枢を満たさせるのか。そして相手もそれをみて快楽中枢を満たす。ギブ!アンド!ていく!だと考えます。

つまり「アイドル」というものは…宗教なのです。

私め(へりくだった表現ですよ)は、「宗教マニア」という、高尚たるご趣味があります。そこで学びました。宗教は所詮個人の妄想から始まっている、ということを!

「神憑り」という言葉があります。突然に古来のネ申が、その人に乗り移り、言霊を挙げるのです。それが未来を予兆するものであるとして、至言として崇め奉られるのです。それを繰り返し、信者共が経典とし、流布をする。それが宗教です。そしてお布施も発生する。しかし税金は課せられない。

わかりましたか?このような「人を騙し騙され」というものを観察する阿呆なのです。阿呆こそ、アイドルそのもの。

 

「アホう臭いアイドル」それは、ハロープロジェクトの「おへその国からこんにちわ」にそれが表れているでしょう。

www.youtube.com

あの曲のあほうらしさと言いましたら、それは凄いもののなのです。「なあみんな!へそんところよろしく!」などとのとまい、曲がはじまります。その後も「おへそ」への執拗な拘り併せ執着!恐ろしいのですが、正直「わたくしも御臍の国へ参り」なんて考えたりもさせるほどに。そうです。おへその国、おへその国こそ、アイドルの国なのです。

そこで敬愛するアイドル・バンド筋肉少女帯の絶名盤「月光蟲」収録の「少女の王国」中のくだり「私は、月で、少女達と、生きたい」という大槻ケンヂ氏の妄想めいたおかしなつぶやき(英語でツイート)があります。

つまり、「私は月で少女たちと生きたい」ではなく、「私はおへその国で少女たちと生きたい」ということなのかもしれません。

完璧です。完璧だー。そして私の真実である「高木ブー」ということ。重ね重ね、まさに「アイドル」だということの証明になりましたでしょうか??

 

 

このような「微妙なブレ」も正に!嗚呼アイドルそのものだと考えます。かつて敬愛していたセクゾことSexy Zoneをごらんなさい。「キンプリ」にも人気がすでに劣りそうです。岸優太きゅんには勝てないのです。ああそうです。岸優太こそ、「第二のキムタク(ジャニヲタ界隈では禁句)」なのです!

 

いかがでしたか?

 

なんていう「2流まとめサイト」ならびに「2流おうんどめでぃあ」のような〆で終わらせるわけにはいきません。まだ続くのです。

 

それよりも、アイドルたるものは、矢張り「見た目がいのち」なのであるということは、皆様の非常なまでに愚かしい卑屈な本能からも、おわかりでしょう?

しかし、人気のある「アイドルグループ」ならびに「売れなかったアイドル」には「見た目がウッ」のような御方が端の方にひっそりと佇んでいるもの。それはどこのグループにもあるのです。必ず。必ず…。

そうです。貴方が安直に思いついたそのアイドルグループの一人一人の顔を思い返してごらんなさい。そうです。いたでしょう。「見た目がウッ」のような、御方が。

そのような方は、体育の時間であれば「癌」呼ばわりをされてしまうような個人的なトラウマ的なさわやかトラウマ!的な記憶のものに、なってしまうはずなのですが…

「見た目がウッ」なアイドルは、グループにとって必要なものなのです。

 

つまり、私は「見た目がウッ」だということです。

そのような自覚はあるのです。このような「実は自分をわかっている」というへりくだり、これも、アイドルそのものなのです。

「自己愛が強いだけ?」

そうです。それはそうです。なぜかというと、「自分がアイドル」だからです。

「勘違いじゃない?」

勘違いだとしたら、このような無駄な長文を綴ることが、果たしてできるのでしょうか?おかしな話ですが、それは「自分がアイドル」だから許される。そうなのでしょう。

「あなた本気で言っているの?」

本気?田村英里子の真剣(マジ)か本田理沙の本気マジ、どちらかはっきりしてください!!

「未来?」

波にでも聞きなさい!(立花理佐の刹那主義)

www.youtube.com

このような、初歩的なQ&Aには、きちんと応えられる。それもアイドルの基本です。良いエグザンプル:もちろんゆうこりんさまです。あの「こりん星」のディテールの作り込み。駄目な例はフレッシュレモン市川美織嬢です。あれはひどいです。「フレッシュレモン界」の作りこみがされていないのです。「広島レモン大使」であるのに。ゴールデンに出ても「フレッシュレモン」で空回り。なんということなんだ。天下の尾木プロなのに!

 

そうです。このようなカオスを持つこと。それもわたくしがアイドルで足るが所以です。

理解し難いかもしれない。でも、それも私がアイドルだから。

近寄り難いかもしれない。ほらそれも自分がアイドルだからです。

アイドルというものは、孤高なもの。

孤独なのです。

結局そこにいきつくのです。

でもしかし、アイドルです。「私のアイドル」は自分なのです。

 

いかがでしたか?