さわやかでまえむきな人間になりたい男が
好きな「文化」を語る。
そんなブログです。from 2004yaer。

ファンレター&苦情はこちら kyopon2017@yahoo.co.jp



CASCADE「VIVA!」〜フロム懐かしの「えびす温泉」〜

 

VIVA!

VIVA!

 

 

えびす温泉 - Wikipedia

懐かしいですね。えびす温泉。「いかすバンド天国」の後継かと思いきや、あちらはTBS、えびす温泉はテレビ朝日でした。でもまあ、内容は同じ感じですよね。実は「いかすバンド天国」はあまり見た記憶がありません。「えびす温泉」はそれからかなり経ってからの番組で、当時はもう長野から出た頃でした。

イカ天」と「えびおん」の大きな違いは、最後まで曲を演奏するところなんですかね?そして1対1でバンドが対決して、1バンドが勝ち抜く。みたいな。

僕が観始めたころはサーフコースターズ、とか琴音?みたいな人、あまりロックというより、ちょっとおじさんむけ?な音楽が多かった気がします。

 

そんな中、衝撃のバンドが表れました。それは……

犬神サーカス団です!ごめんなさいCASCADEじゃなくて。でもそちらが先だったのです。当時の犬神サーカス団は、今とは違うスタイルでした。歌はあまりなくて、朗読というか叫び!でした。「エナメルに塗られたアポリネール」という曲にあるような感じです。とうてい信じられないような昭和初期中期てきな文章に、どうにもセンスの良い手堅い演奏がとてもステキでした。そして犬神凶子たん、まだ痩せていた><凶子たんの朗読というか叫び!も良かった。おとうさん!あなたにおかされたつづけたひびを!!でも、演奏中のライブインフォメーションのテロップには「お友達募集中!」みたいなのがでてたりして…。そして勝ち抜いていました。

 

そんな犬神サーカス団を破ったのが、CASCADE、だったような記憶があります。なんせもうかなり前のことなので、あまり覚えていないのですが。

CASCADEの事は、えびす温泉の前から知っていました。このメジャーデビューアルバムが出る前に、原楽器?から出たミニアルバムを買ったのです。青いジャケットの…。TAMAが元妖花だったらかもしれないです。でも正直よくわからなくて、あまり聴きませんでした。。

でもえびす温泉に出たときは、まるで別のバンドのように聴こえました。最初に演奏したのは伝説の「KILL ME STOP」です。前述のアルバムにも入っていたのですが、サウンドはその時と変わっていました。

 

CASCADEの音楽の系譜を簡単にいうと、パンクでしょう。そしてグランジっぽくもある。そしてドラムがひじょうに軽やか。コンコンコンコンと、おそらく「ピッコロスネア」をお使いなのではないでしょうか。僕も実はピッコロスネアを使っていました。薄いやつです。

CASCADEは、それからどんどん勝ち上がっていきました。その時に演奏していた曲はこの「VIVA」に全て入っています。

「KILL ME STOP」は「英語が間違っている」とバイリンガルの女の審査員に指摘をされていました。しかし「でもなんかイイね」みたいな感じで、翌週に勝ち上がりました。確かになんかイイのです。呆けていて可愛らしげですが、攻撃的なところもあります。

「アナログ少年」などにある、ベースの上にドラムが来ている音像は新鮮でした。

これはレゲエからきているのかな?と思いました。この曲にかぎらず、このミニアルバムの特徴は「リズムで聴かせる」ということなのだと思います。ギターのカッティングも軽やか軽やか。無駄な音がいっさいありません。すごく音の隙間が多いのです。

「いるかな」は、これまたリズムが細かいボーカルが冴えています。完全に楽器、打楽器と化しています。

しかし「しゃかりきマセラー」「かくされたメッセージ」にも見られるのは、パンクの初期衝動だけではない、計算されたものです。そこはニュー・ウェーブらしい、新しい音を作り出そうという気概も見えます。そしてボーカルの素っ頓狂な、その白痴っぽい感じ(よく言われていました)感じが、ポップに聞こえるようにされている、と感じました。

「VIVA NICE TASTE」がアルバムのラストです。「セクシークイーンがオーダーとーるパクパクメニュー」など意味不明ですが、これは音符に合せたのでしょう。ものすごい勢いで、よくわかんない世界を一瞬に描いています。「何で盛り上がっているのかよくわからないけど盛り上がっている」というのは、僕の好きな感じです。ようするにVIVA!ってことですよVIVA!

CASCADEが審査員によく言われていたことは、「リズム感の良さ」でした。それで毎度、対戦相手と比較をされ、最終的にグランドチャンピオンになりました。

「リズムで聴かせる」ということは、日本のバンドに欠けていることなのかもしれないなーと感じていました。

その後、「VIVA」と「Beautiful Human Life」が出せた。そしてその後も大活躍。一旦「おわり」となりましたが、また復活した。よかったです。ステキなバンド。いつかライブを観たいです。

 

ところでバンドの「オーディション番組」またやらないですかね?ネット時代なので、いろいろツッコミもリアルタイムでできそうで、楽しそうなのですが・・・

 

おわり

 

追記、このアルバム、BUCK-TICK今井寿がお気にいりだったみたいですよ!音楽雑誌にのっていました。ちなみに当時は同じビクターでしたね。