さわやかでまえむきな人間になりたい男が
好きな「文化」を語る。
そんなブログです。from 2004yaer。

ファンレター&苦情はこちら kyopon2017@yahoo.co.jp



大都会の小さいな出来事

今日は少しいだけ心があたたまるとような事ありました。

新宿からの帰り、バスを待っていました。ちょうど自分が乗らないバスが行ったところでした。同じバス停から、違う終点のバスが2つあり、途中から別れてしまうのです。

でも、バスはいつもすぐきます。ひとつめの行き先が発車したら、すぐ次のが来る。

待っている人は僕ともう一人だけ。小学生のかわいい男の子でした。

 

そうすると後ろから「すみません、このバス停は永福町にいきますか?」と声をかけられました。「次のバスは行かないですけど、すぐに来ますよ。」「ここでいいんですね。ありがとうございます」と違う列に並ぼうとしていました。

そうすると「すみません、どこどこに行きたいのですが」と言うと、「それは次のバスでも止まるよ」と男の子が言いました。そうでした。僕はまだここに住んだばかりで、パッとそれがでませんでした。「ありがとうございます」とその3人でバスにのりました。

 

その男の人は、爽やかな感じで、良い人のように見えました。席は僕の後ろに座っていました。

バスが走り出すと、後ろから声が聴こえてきました。何かを携帯に向かってつぶやいているようです。音声文字認識かなにかでメールなのでしょうか。会話が小刻みにきこえてきます

「懇親会は会社のコミュニケーションに必要なものだから」

「今回は予算オーバーだった 870円くらいだけど」

「そこは処理しておくけど」

「次は気をつけてくださいね」

のような、部下に対しての何かを話しているようでした。

そして「彼は別の会社に」「行こうと考えているみたいだ」

「今度、個人的にミーティングをやろうと思っている」

「君からも話してみてください」

みたいな会話、一方的なメッセージだけが聴こえてきました。

 

車窓は西新宿の美しいビル群。何かを伝える声だけが聴こえてくる。周りに気を使って、小さな、低い声で。

なんか、ステキだなあ。東京ってやっぱり素敵なところだなあ、なんて思いながら、車窓を眺めていました。

 

しかし、その人が降りるところ、気がついたら過ぎていました。僕もぼーっとしていて、気づかなかったのです。「すすぎちゃいました」「ああ!」と焦った様子でした。

僕はすぐに降車ボタンを押しました。

バス停の間隔はそれほどないので「次で降りて逆にまっすぐいけば、大丈夫です」と教えてあげました。「ああ、そうですか。やってしまいました」と笑っていました。

その人は少し焦っていたのか、信号でバスが止まるところで席を立ってしまい、早かったかーと言って、下り口の傍に座りました。そうすると、彼がスケートボードを持っていることに気づきました。

降りたときに「ありがとうございました!」とこれまた爽やかに声をかけ、そしてすぐにスケートボードで逆に走りだしのたのです。なんてかっこいい!と思いました。

 

そんな感じです。

そこで気づいたのですが、自分は最近映画を観ていません。といっても上京をしてからまだ観ていないだけです。でもあんなに観ていたのに。なんだか哀しいですね。

そう気づいたのは、こんな小さいな出来事が「なんて映画的なんだ」と久々に思ったからです。映画みたいなあ〜上田映劇で(T_T)