さわやかでまえむきな人間になりたい男が
好きな「文化」を語る。
そんなブログです。from 2004yaer。

ファンレター&苦情はこちら kyopon2017@yahoo.co.jp



仕事もアレで新しい仕事も決まらず貧乏で寒く無線LANもつがらなくて辛いのでアイドルばっかり聴いてます

d.hatena.ne.jp

尊敬スべきブログWASTE OF POPS 80s-90sさんのパクリで、僕も辛いのでアイドルばっかり聴いているので、どんなのを聴いてるのかかきますね。当然に、48けいでも坂道けいでもなく、「現代サブカルごようたつ」のような新鮮み溢れるけどやはり集団行動なアイドルではありません!ので安心しくださいね。

加藤香子本牧レイニーブルース」

そういえば以前とりあげて大反響2RTを得た、「ニセ明菜のニセ明菜加藤香子

 

maemuki.hatenablog.com

 

サードシングル「本牧レイニーブルース」の「8時だよ!全員集合」での名唱があがっていましたが、華麗にコピー・アンド・ペーストしますね

www.youtube.com

サードシングルなのですから、やはり進化をしていますね。笑顔封印です。そうです。彼女は「させてさせてあげる」というような歌詞をマイナーコードで歌っていたのに、いつもにこにこ笑顔でした。そして衣装も「本牧でもうやりつくしたアバズレ少女」のような露出度の低いものになっています。なんて素敵なんでしょう。

それにしても、こんなくだらない曲が生演奏ほとんどオーケストラといっても良い変遷で生放送で高視聴率の番組で演奏されていたなんて!良い時代でしたね。もっとこの頃に生きたかった。まだ幼少でした。。

 

「8時だよ!全員集合まぼろしの名唱」がもうひとつありました。

川田あつ子「秘密のオルゴール」

こちら「歌ヘタアイドル特集」で取り上げた

maemuki.hatenablog.com

 川田あつこちゃんの「秘密のオルゴール」です。これもまた上がっていました。

www.youtube.com

なんと、サビに入るところで早く入ってしまい、曲がとまりそうになります。でもバックバンドが立て直して、もう一度サビからやりなおすのです。こんな「アイドル名場面」が他にあるのでしょうか??できれば生放送で見たかった。その時の気持ちと身体の浮遊感を体験したかった。。。それ以外でも歌が崩壊しているのです。完璧なまでに。しかし!名曲には違いありません。作詞は松本隆!作曲が財津和夫!!「才能の無駄遣い」だなんていわないでください。「風街ろまん」なんてクサイものに、私は興味がない体質なのです。ああ。。

でも大丈夫です。彼女は反省し、禊を執り行ったのです。

www.youtube.com

セカンドシングルにてラストシングルのタイトルは「ごめんなさい」そうこれがアイドルの歴史にのこる「みそぎ」になるかと思われます。異論は認めません。ああ。嗚呼!(兼田敏)なのです。

www.youtube.com

五十嵐夕紀「ホットリップス」

アイドルというかこの曲の時にはもうアイドルはいえない、ムード、セクシー歌謡の歌です。デビュー曲は「6年たったら」というユーミン作詞筒美京平大先生作曲のわりと良い曲なのですが、この「ホットリップス」は凄いです。「愛人?と南国リゾートで発情をする」というのがテーマなのです。とても歌がお上手(ナベプロだからです)で、それがもう濃密な…あんあんあんほっほっほという喘ぎ声のいやらしさといったらまあ!という感じです。スパニッシュ!!

なんと作詞は来生えつこ大先生であられます。来生えつこ先生、なんでも作詞できるんですね。さすがプロです。。ちなみにデビューから「6年たったら」こうなったかは、調べる気力がないのです。貧乏だからです!!

本田理沙「いちごがポロリ」

本田理沙のベストアルバムが欲しくてほしくて。渋谷のTSUTAYAにあるとは思うのですが。この曲も全然消されない素晴らしいサイトニコニコ動画さまにしか残っていないのですが、ありがたいです。

伝説クラスの名曲「いちごがポロリ」この曲はとてもわかりやすいのです。なんかみんあの踊ってたら、「いちごがポロリ」要するに、乳首がポロリをしてしまったのです。でも「乳首がでたわ」なんて、言わないのです。しかも見てた人が赤くなってったシャイなのねwのような心理描写もあります。さすがですね。ベッド・インもセクシーとかいうなら、本田理沙さまを見習ってほしいですね。ちなみに本田理沙がヤクザとうんぬんとかはデマらしいですよ!

坂上とし恵「ラスト・キッス」

www.youtube.com

こちらは一切CD化されていないかなしい坂上とし恵の名曲3連符バラード「ラストキッス」です。デビュー曲の「き・い・てMY LOVE」もキャッチーでドリーミーな名曲なのですが、このバラード、とても良い曲ですよね。「80年代アイドルを意識してまーーす」という大人からの命令にてやらされているようなアイドルもおられますが、この曲をカバーすればよいのです。

ちな坂上とし恵は現「野々村とし恵」です。そう。野々村といえば、野々村竜太郎です。

f:id:maemuki:20180223171240j:plain

冗談ですよ。でも冗談ですよという対象が2つもあるだなんて、そんな事を思いつく自分って、哀しいな。哀しい。そして部屋が寒いです。エアコンがききません。長野みたいにさむくて…ごめんなさい。野々村真の嫁です!!

新井薫子「大和撫子”春”咲きます」「Oh!新鮮娘」

www.youtube.com

甲も乙もつけがたい、新井薫子ちゃンの名曲2曲を紹介しますね。

大和撫子"春"咲きます」はこの曲からすばらしい彼女だけの薫子ワールドが花開いた、まさに「春」咲きますという、曲です。それにしてもこのピースフル感。そして弾ける、いろいろ弾けている薫子ちゃんのすばらしさ。そして、この曲も一切CD化されていません。レコード会社がつぶれにつぶれてしまった事がきいんしているらしーですが、でも同じレコード会社だった徳丸純子はベストアルバムが出たのですよ!

www.youtube.com

この水色の衣装とピンクのタイツのまぶしさといったら。彼女のもつ明るさ、ポップさ、おかし感?おかしい感?をわからせてくれます。素晴らしい曲です。なんといったらという感じです。この時自分は生きていたのに。何をみていたのでしょうか当時。ふつうに「スケバン刑事」にむちゅうのようなミーハーくそ小学生だったのでしょうか?キン肉マンキン肉マン消しゴムにも見向きもしなかったのに!?マイナー道は深いのですね。後悔が強いです。何をいっていのだろう自分は。人間は14歳で聴いた曲がその後、なんて言いますが、僕はもっと若い頃から音楽に開眼してそれがずっと好きですがなにか??と思います。

それで思い出しました。わたくしめは小学校3年生の時に、この曲が好きでした。

桑田靖子「マイ・ジョイフル・ハート」


桑田靖子(Yasuko Kuwata) - マイ・ジョイフル・ハート 1984/01/20

桑田靖子、略してくわやす。「元気が出るテレビ」でもおなじみの人です。この素晴らしい明るいはずんだ美しいメロディ。好きになりました。その後、この曲の作曲が来すぎたかお先生だと知ったこと。いつかたかおに伝えたいのです。小3くらいから好きでしたよマイ・ジョイフル・ハート!と…。来生先生にも近くなりました。弟子入りできないかな本気で。本気です。車の免許ないけど。。小金井あたりでパチンコしてるらしいです。タバコすいながら。。。素敵だ!!

 

だめだもうつかれましたおわりです