さわやかでまえむきな人間になりたい男が
好きな「文化」を語る。
そんなブログです。from 2004yaer。

ファンレター&苦情はこちら kyopon2017@yahoo.co.jp



「高と髙」問題について真剣に考える会 〜集え!「髙の苦しみ」被害者たちよ!<機種依存文字>

 

f:id:maemuki:20180310213510j:plain



maemuki.hatenablog.com

僕の苗字は過去に告白しました(http://maemuki.hatenablog.com/entry/20111124/p1

 

この14年の歴史をホコリる「さわやかトラウマ日記」における、最も自分のパーソナリティクライシスに迫った「高と」について言及した記事。

弱冠沢山の反応をいただきました。しかし「私も髙の苦しみが」というお伝えは、一切ありませんでした。

わかります。「自分が髙<機種依存文字>だなんて言いたくない」そうなのでしょう。

 

しかしTwitterにて、ひごろ「髙調査」をしているのですがそこでは、同じ「髙の苦しみ」に喘ぐ方たちが、おられました。おお!しかもそれは当事者「髙持ち」の方だけではなく、近親者または単なるワンフー、ファンの方たちも巻き添えに…

前回の「高と髙」で想定していたことが、現実になっていたのです。

〜迷える「髙」たちの例〜

 

 

 

 

……こんなのは、ほんの一部です!!

ああ、呪わしい「はしごだかの呪い。だいたい「はしごだか」なんて言葉をnazeみなさんご存知なのでしょうか?実生活で「はしごだか」なんて使わない。なんじゃそれ???

今、パッと調べたのっですが、別に「はしごだか」というものは実在しておらず、此のクソ「髙」のうざいブブンだけを表したものだった!くだらない!!

なんという呪わしい存在…いや!「俺は高木ブーだ!髙木ブーじゃない!」そうです。高木ブーさんは「髙木ブー」ではないのです。そうなのです。筋肉少女帯大槻ケンヂさまは、僕の救世主です。

 

さらに、Twitterでこんな感動的なものを見つけました。

「私は髙橋ではありません!」

高と髙、どちらを表記するかという涙、止まらないわ(モーニング娘紺野がセンター)なのですが…。なんと!74%の髙被害者らが「私は髙橋ではありません!!」と回答をしました…!

こんな感動的なアディテューが他にあるのでしょうか!!??

怒れ!そして集え!ましょう!「髙の苦しみ被害者たちよ!!!」

 

しかし…髙<機種依存文字>の苦しみを増幅させるようなことが、あります。

 

メディアで「髙」表記が増殖し目に余るあまる!

どうして、こんなにこんなに毎日、テレビで「髙」を見なければならないのでしょうか。

この前のピョンチャン五輪、…言うまでもない!女子スケートの髙木姉妹!!!

姉妹で機種依存文字!!しかも金メダルも髙銀メダルも髙銅メダルもはしごだか!!!!髙まつりまつりだやっほ〜い…

しかも、「髙木」です!!!うわー髙木ブーっていわれ…ないんだろうなあ、もう…。

親しき「高木族」たち共通の「高木コンプレックス」はもうないのでしょう。だから、メダルを捕れたのかもしれません。。

そして、前回も登場した「髙梨沙羅」!そしておなじみ「髙橋大輔」これ、Google文字変換だとキレイに機種依存文字がでるんですよ!やってみて(T_T)

 

どこもかしこも「髙」表記を死守しています!とうぜんWEBニュースでも守り守り、そして…Livedoorでは、文字化けをしていました!!ああ、キャプチャを取っておけばよかた。先程のTwitterの中にある文字化けと同じでした。「ばっかでえざまあみろ髙め!!」と思いました!!

 

そして最後に、このような事もありました。

増える「髙カミングアウト」をする著名人ら

この前、どうでもいいテレビ番組を見ていたのです。そこに葉加瀬太郎の嫁で東大出身の「高田万由子」がでていました。そしてテロップに…「髙田万由子」とでていたのです!不意打ちでした。「不意打ちの髙」心臓によくないです…。

wikipediaもいつのまにか「髙」がでています。更新早いですね。。

高田万由子 - Wikipedia  タイトルはそのままです。してやったり!

名字の「たかた」は、新字体の「田万由子」と表記される事もあるが、「はしごだか」の「髙田万由子」が正式な表記である。

でました「はしごだか」来ました。「東大出てても高は髙」だなんて思いつきました。

しかし金メダリスト、銅メダリスト(高!橋大輔)そして東大でイギリス在住旦那は葉加瀬太郎高嶋ちさ子のマブダチ)いいじゃないですか。ちなみに高嶋ちさ子は髙しまではないようですなんだ残念。「髙」っぽいのに…。

 

町をあるいていても「髙」がめについてめについて。「髙山タクシー」とか…。

 

そして、もう一人、いました。

僕のいっちばん大好きな「辺境ライター」高野秀行さまです。。

 

高!野さまの本「世にも奇妙なマラソン大会」(当然面白い本)にて記載がありました 此の中の「名前変更物語」という章があり、高野秀行さまは、インドに不法滞在をしてしまい、入国禁止になってしまいました!高野さまは、インドがとても気に入っていて、その旅行記も大変おもしろかったのに…

本人もまた入国したいと思い「じゃあ名前変更したら入国できるかも」と思いついたのです。しかし「名前」は変更できません。「じゃあ名字を」と考えたのですが…

奥様も性が元から「高野」でした><

しかし、戸籍をよく見てみると「高野」ではなく「髙野」だったのです!!!!🌋🌋

 僕と同じパターンでした…うれしい・・な・・

 

やってみたけど「高」は「髙」のまま。変更はあきらめた。けれども「俺はずっと高だったから今後も髙は使わない!!高で通す!今まで通りに!!」と宣言していました!!

なんて素晴らしいお方なんだろう。新書がでてサイン会があったら「タカノ先生!僕も…はしごだかです!!でも貫きます!!髙の苦しみ同士!がんばりましょう!」

なんて言いいたいです。本当に。エッセイのネタにしてくれないかしら。。。

 

ということで、「私は木ではありません!」

 髙多すぎた…もうこの記事は二度と見ません><<><<<><

 

おわり