さわやかでまえむきな人間になりたい男が
好きな「文化」を語る。
そんなブログです。from 2004yaer。

ファンレター&苦情はこちら kyopon2017@yahoo.co.jp



欅坂46「サイレントマジョリティ」発売から今日で2周年 この曲を超える曲は未だに出てきていない!

www.youtube.com

元モーニング娘。道重さゆみが、休養期間を経て、番組で復活をする際のCMにて、「道重さゆみが休養期間中に最もインパクトを受けたアイドルを告白!」のような煽りがありました。

 

僕は、それはすぐに、アレかな、と感じました。そうしたら、そうでした。

http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/m/maemuki/20160407/20160407221709.png

欅坂46の「サイレントマジョリティ」がそれだった。さすがさゆです。さゆ。僕は道重さゆみのファンでした。彼女はアイドルというものをよくわかっています。あの時、アイドルというものが好きな人だったら、必ずそう思ったでしょう。

そして、彼女が見たのは「サイレントマジョリティ」のPVだった。そして平手友理奈が印象的だった。シリアスで今までと違うものを感じた、ということも鋭いさすがさゆだと!思いました。

そうです。「サイレントマジョリティ」が一番すごいのは、このミュージックビデオです。正直、曲を聴くよりも、このヴィデオを見てしまいます。YOU TUBEでは再生履歴を参照にして「あなたへのおすすめ」が表示されます。僕はいつもいつも「サイレントマジョリティ」が表示されます。もういい!と思いつつも、クリックしていまいます。

 

はじまる、鬱な陰りしかない始まりから、大きく矛盾をしている歌詞。秋元康による歌詞。「似たような服を着て似たような表情で」などと、自虐でしかない歌詞をうたう、似たような服をきた似たような表情をした少女たち。彼女たちこそが「サイレントマジョリティ」なのに。

この曲が言いたいことは、わかります。大人の言いなりになるな。NOと言うんだ。選択しなければ、何もはじまらない。正当であり、真実です。若者に向けたメッセージ。わかりやすすぎます。

しかし1回目のサビにて、平手友理奈が群衆の群れの中から、革命を起こす少女のような気高さを持ち、突進して、歌うのです。「大人たちに支配されるな」と。支配されて、この歌を歌っているのに。

ほんとうの「サイレントマジョリティ」とは彼女たちなのに。

 

物言わぬ多数派。

 

今のアイドル、いやアイドルというものは、そういうものです。今は多数派。昔は単独。しかしアイドルは所詮お人形。それは一時で終わる。いつしかは、多数ではかならずなくなるのです。

 

でも、果たしてそんなことをグループのデビューシングルで歌わせるのでしょうか?

普通ではないです。そのような大きな矛盾を持つ人たちは、今は、他にはいません。

だから、みんな惹きつけられたか、もともと彼女らに興味のない人にも、支持されたのかなと考えます。

 

欅坂46は、この曲を超えるような曲はもう出てこない。ということは、僕の主観ですが、それに違いないと考えています。初めてこの曲を聴いたときからそうでした。

そして、当面この曲を超えるような曲ができるアイドル・グループも現れない。この2年間、アイドルが出した曲で、僕が印象に残っている曲は、「サイレントマジョリティ」だけでした。AKBやその他48も。そして乃木坂46も。その他のアイドルグループのどの曲も。そして欅坂46もです。

 

また、個人的な話ですが、このPVには、僕がかつて働いていたビルが映っています。複雑な感情を持ってしまう、という背景もあります。だから本当はもう見たくないのに、見てしまう。どこかこの曲に励ましを求めているのかも、しれません。

 

終わり