さわやかでまえむきな人間になりたい男が
好きな「文化」を語る。
そんなブログです。from 2004yaer。

ファンレター&苦情はこちら kyopon2017@yahoo.co.jp



世界名作劇場「私のあしながおじさん」主題歌「 グローイング・アップ」 来生たかお作曲の名曲です🔥

www.youtube.com

ああ週末も、もう終わりです。

何もできなかったような、できたような。大事なことができたような。できなかったような。いつもの通りのダメな週末だった。

けれども、いいのです。すべてはこれから。いつでも、これから。

 

アニメ 世界名作劇場私のあしながおじさん」オープニングテーマ「グローイング・アップ」の歌詞にもあります。堀江美都子が歌い上げるそのメロディの作曲は、僕の大好きな来生たかお先生です。もちろん、当時はそんなことには、気づかない。というか知らなかった。後になって、いろいろ探るにあたって、この「グローイング・アップ」が来生先生の曲だと知ったのです。

その時の、気持ち。それはこの曲のイントロの「感じ」によく表れています。16分音符で駆け上がるストリングス。ハープに導かれて、曲に入っていく。アニメのオープニング・テーマなので、すぐにサビに入る。すばらしい発見がありました。

僕が来生たかお先生が好きなったのは、かなり大人になったころだから、です。

 

短い曲ですが、人生に対する不安も感じさせつつ、躍動感と晴れやかさが広がっていく、素晴らしい曲です。物語の主人公ジュディは孤児院育ちで、両親の名前もわからない。しかし、卑屈にならずに明るく生きていきます。この主題歌は、ジュディそのもの。を表現した曲だと感じました。

世界名作劇場」のようなアニメーションが、今はもうテレビでは放送されていない。ということが悲しいです。

ついこの間まで住んでいた長野県では、土曜日の極早朝に世界名作劇場が再放送されていました。「フランダースの犬」「あらいぐまラスカル」まず、とても絵が美しく、話も楽しいだけではない、庶民たちの苦しい実情も描かれていました。

このようなアニメーションを、もう子どもたちが見られないなんて、もったいないなあ、と感じてしまいます。

僕は今のアニメで見ているのは、ちびまる子ちゃんサザエさんだけ。それでももういいかな、と思います。キャラクタービジネスに利用されているだけのアニメなんて、もう見たくない、という大人になってしまったから。

でも、いいんです。すべてはこれから。いつでもこれから。

おわり

www.youtube.com