さわやかでまえむきな人間になりたい男が
好きな「文化」を語る。
そんなブログです。from 2004yaer。

ファンレター&苦情はこちら kyopon2017@yahoo.co.jp



「カメラを止めるな!」は仕事が「ルーティンワーク」だと気づいたので見ませんでした

今日、映画「カメラを止めるな!」を見に行く予定で、チケットも予約だけ、決済はしなかったのですが、ルーチンワークのせいで、見に行くことができませんでした。

 

今日、自分のしごとが「ルーチンワーク」あるいは「ルーティンワーク」だと気づいてしまいました。ルーティンワークとは、要するに

www.weblio.jp

こういうことであります。「つまらない仕事」とはっきり書いてあって、「はっきりいいすぎだろう」ということで頭がいっぱいになってしまいました。もっと言い方があるんじゃないでしょうか?

 

ほんとうにひどいです。創意工夫の必要ない業務だなんて。そのとおりかもしれませんん。しかし自分の「ルーティンワーク」は自分が最初にやらされたもの。だから創意工夫はしています。「創意」はなくて、「工夫」だけなのです。いかにエクセルを見やすくするか、いらない情報の列を「非表示」にするか。そのためにエクセルの関数「COUNTIFS:("")」などをマスターするなど「わあスキルアップ」だなんて、喜んでしまって、いたのです。

でもどうなのでしょうか。そんな関数、きっと皆さん使えるのでしょう。Excelスキルアップだなんて。そんなスキルアップだったら、もっとアレクサンドル・スクリャービンセルゲイ・ラフマニノフ、セルゲイ・プロコフィエフフランシス・プーランクなどについての研究を深めたほうが、豊かではありませんか???

 

せつないです。ほんとうに泣きそうです。「工場の仕分け日雇い派遣よりマシだあ」と心で泣きながら「底辺であった自分とのひかく」にてなんとか心を落ち着き

ません。そんなことでは。ほんとうに。

 

だから「カメラ云々」どころではなかったのです。ほんとうです。

 

しかし、今は、修行の時、罰を受けているんだと割り切るようにします。ルーティンワークでも、たとえルーティンワークでも、ルーティンワークの割には、もらえていると思うのです。棒もありません。祝日も出勤、盆休み年暮れ休みなし。それでも、ルーティンワークの割には。と思うようにします。

罰、というのは、今までほんとうに自分のやりたいことを、やってこなかったことです。しかし、身体も心もつかれにつかれてしまって、ほんとうに。

ルーティンワークでいっぱいいぱいなのです。そしてせっかくの土曜日はルーティンワークのバーベキュー、飲み物肉自分たちで用意の「地獄確定」のものです。食中毒になったらどうするのでしょうか?

ほんとうにひどいです。

ほんとうにひどいですが、明後日は「サラリーマンのサラリーの日」であります。ほんとうにひどいです。

 

とりあえず、土曜日はバーベキューの前に、会社の福利厚生を利用し、スポーツジムに行く予定にします。そこにはなんと大浴場があるのです。そちらが楽しみで楽しみで。家のお風呂はせまくトイレも一緒の貧乏マンションですし、すぐ冷めてしまうのです追い焚きなんて、ないのです!ああほんとうにひどいですああ。

このままではだめだ

このままではだめだ

と、繰り返しの作業を繰り返しています。ひどい毎日になってしまいました。

しかし、お金のこと、ああもうやめます。

ほんとうにひどいですひどいひどい

 

おわり