さわやかでまえむきな人間になりたい男が
好きな「文化」を語る。
そんなブログです。from 2004yaer。

ファンレター&苦情はこちら kyopon2017@yahoo.co.jp



GACKTさん もうMALICE MIZERの事を公共の場で話さないでください

 

f:id:maemuki:20190516230351j:plain

きょう「直撃!シンソウ坂上SP」という番組にて、GACKTが人気絶頂時のバンド脱退の真相を遂に!告白!!という煽りの元に、放送がされました。

中身は今まで聞いたようなことばかりでした。VTRも見たことがあるものばかり。kamiさんが亡くなったのを知らされなくて、出身地の茨城県の実家を一日中探し回ったという話を初めて知りましたが、まあ、そうなんだと思いました。

 

そして僕は他人なんだな、と当然の事も思いました。そうです他人なのです。GACKTさんも、Mana様もKoziさんも、Yu〜kiさん、そしてkamiさんも、他人です。

そして、本人たちにしか、わからないことがたくさんあるんだろうな、と当然の事を思いました。当然の事です。

 

だからこそ、本人達しか知りえないだろうことを、このような場でペラペラ話してほしくなかったです。さすがに謙遜はしていましたが、別に話さなくていいことかもしれないことを、ゴールデンタイムの全国放送で、話すなんて、ひどいと思いました。ファンの夢を壊さないでほしい。MALICE MIZERはそういうバンドです。神秘的なバンドなのです。

脱退した事は事実です。何らかのトラブルがあったことは明白です。

でも、シンソウなんて別に知りたくないのです。その事実だけで十分だと感じました。

 

しかし、番組の中身はそんなに大したことではありませんでした。よね?大したことではなかったです。大事な話は特になく、詳細な解説もなかったような気がしました。

だから、別にどうでもいいような場所に「MALICE MIZER」という名前をバーンと出して、話してほしくなかったです。

 

ガクトさんの著書「自白」の中に、脱退を考えた理由として、下記のような事が書いてあったらしい、です。僕は読んでいません。

MALICE MIZERのメンバーが「ファンならCDを出せば何でも買ってくれる」という発言があったようです。そこに怒りを感じたとのことでした。

 

ファンならCD出せば買う。

これは当然ですよね?MALICE MIZERは他のバンドには無いものが沢山あったバンドです。だから買う。なんでも買うでしょうMALICE MIZERの名前がついていれば。

メンバーもそう思っていたということは、MALICE MIZERとファンとの信頼関係があったことなんだと、僕はそう感じました。

しかし、これも、そこにいる人にしかわかりえないことです。ほんとうの事はあるのだろうけど、他人にはわからない。闇を光の中から照らすような事は、無駄の他に無らないと思います。

 

しかし、やはりスターのオーラがある人だなと感じました。歌も完全にヴィジュアル系です。歌っていた曲は知らない曲ばっかりでしたが><

 

ガクトさんも言っていたように、続けられればよかったになと改めて思いました。

終わり