さわやかトラウマ日記

さわやかな音楽ブログです from 2004


さわやかでまえむきな人間になりたい男が
好きな「文化」を語る。
そんなブログです。from 2004yaer。

ファンレター&苦情はこちら kyopon2017@yahoo.co.jp



藤本美貴ミキティがYouTubeチャンネル「ハローミキティ」開設!ソロミキティファンからの感想!

僕が大好きなミキティ藤本美貴ミキティYouTubeで「ハローミキティ」というチャンネルを開始しました!

www.youtube.com

ほんとうにわくわくして…。なんで始めたのかはわからなかったのですが、とりあえずミキティのファンとして、楽しく見ました。今日はその感想を述べます。

ミキティ「CDデビューしてからはトントン拍子でしたww申し訳ないw」

まずは自己紹介と経歴から。モーニング娘。4期オーディション(石川吉澤辻加護の時)に落ちて、事務所にソロデビューのためにレッスンを受けないかと言われて北海道滝川市から上京!滝川ジンギスカン!から、ドラマ「新・美少女日記」でデビュー!そして…「会えない長い日曜日」でデビュー!その後2枚めはオリコン10位内にランクイン!デビュー1年目で紅白歌合戦に出場!!

「デビューしてからここまでトントン拍子!正直、当時は感謝という気持ちはなかったwww頑張ってたからww」とのこと。

確かに「トントン拍子」でした。しかし、しかしです。このあとに・・

娘加入で「はじめての反抗期」に!仲良い子もいなかったwwww

取材だと呼び出されて、娘への加入が伝えられたとのこと。そしてはじめての反抗期に突入…。仲良い子もいなかった。このあとの動画で「メンバーで仲良くなんてする、なんて信じられない!私はなかったwww」とも言っていました・・。

しかし、「ほんとにほんとに、恵まれていましたwwww」とのことで、やる気になった?ようです。この後、ソロでの出演から数えて連続6回紅白歌合戦に出場できたのは嬉しかったと話していました。

反抗期・・

f:id:maemuki:20191030224208j:plain

こんな顔で毎日過ごしていたんですかね??やっぱり・・・僕も娘加入を知ったときには、こんな顔になってしまいました。アップフロントの愚策だと思いました。なんでなんで??ソロのミキティが僕は好きだったのに。。と思っていました。なので娘を辞めて時は、よかったねなんて思ってしまいました。庄司うんぬんはあったけど><

 

その後は、テレビに出演をするあたり、自分が世間知らずなのでは?だからYouTubeでいろいろ社会勉強をしたいんです。などのまともな話が続いていました。大人になったミキティ!もうすぐお子さん女の子を出産!さすが!!その後は、お子さんの話に続いてこの話になりました。

先輩辻ちゃんを尊敬しています!!炎上してても続けてwww偉い…

タブーに近い「辻ちゃんの炎上」について「なんでそんなに炎上してるのwww」と疑問に思いつつも、子供が4人いても続けていて、偉い!ということでした。辻ちゃんのブログなどがなぜそこまで炎上をしているのか、僕もさっぱりわからないのですが。とりあえず、負けずに続けていて、偉いですよね。もしかして、ご自身が炎上体質だということを薄々勘付いているのでは??いやそうに違いないです。しかし、「負けねーぞゴラwwwww滝川なめんな」みたいな感じなんだと思います。でも、ミキティは炎上しないと思います。なぜかそれは。それはなぜか、旦那です。旦那さんがとっても良い人だからです!良い人!!上品な言い回しをしました。読む人は勘付いてくださいね!!

OGだけど今のハロプロわかんないww娘も2人くらいしかわかんねww

「おしえてーハロプロー」らしいです。ひどいです。でも仕方がないです。僕も知らないのです><でもミキティよりは知っていますよ。でもそれは、僕はミキティよりだいぶヒマだからだと思います!そうです。2児の母、もちろん庄司さんも。今は妊娠中。そしてタレント活動もあります。あんまり興味の無いことを、今更勉強するような余裕は無いんじゃないかな>< ほんとうにそうです。大人ってそういうものなんですよ。なかなか踏み出せないのです。ましてや今は大事な時期ですよ!ほんとうに。。

 

この第1弾の後には、僕の大好きな真野恵里菜ちゃんがゲスト出演をする動画がアップロードされました。もちろん新婚トーク真野ちゃんの性格の良さとミキティには無いハロプロ愛が感じられて、真野ちゃんって本当にいい人なんだなあーと思いました!しかし最近はSNSの悪コメントに対応する姿勢を見せたり、そこにハロプロも感じました!さすが!ミキティの真の後輩!!ソロアイドル!元ソロアイドル!(T_T)

ミキティ様「AKBっていう選択肢はなかったの????」

 

www.youtube.com

【夢の対談】興奮して現役モー娘がぶっちゃけすぎました!【小田さくら×牧野真莉愛×藤本美貴】とのことです。「火中の栗を拾う」という言葉がありますが、「栗に火をつけて拾いにいく」ことをやっているような動画です…。

現役モーニング娘。の歌唱力が売りの小田さくらさんとヴィジュアル系メンバー牧野真莉愛さんをゲストに迎えてミキティが「どうですか最近のモーニング娘!」という企画です。

いきなりミキティ様は「AKBっていう選択肢はなかったの????」と切り出しました。そうすると小田さくらさんは「アイドルになりたかったというよりモーニング娘。になりかったのです」と素晴らしい回答(T_T)

仲間だけど活動している時は友達だと思ったことは一回もなかった

その後、ミキティ様は現在の娘。はロマンチック説教モードになりました。。「OGは見に来てるの??」などの話の後に、「今のモーニング娘。はやさしい」という感想に。

しかし「今のモーニング娘。は優しいね!?」「仲間だけど活動している時は友達だと思ったことは一回もなかった。ライバルだから」と言い放ちました!!

そうすると聡明小田さくらさんは今と昔の違いを分析をして「今のモーニング娘。フォーメーションダンスを大事にしているから、ちょっとした事を言わなければいけない。人を差し置いて目立とうとするといけない」と説明しました。そうするとミキティ様は「そんなことない!ルールを守りつつ飛び出るべきだと思う!!」とまた言い放ちました・・更に「目立ってなんぼ!CD通りに歌ってもつまらない!その時のテンションで変わってもいい!!」とも。

この動画には、ミキティに対して、現役のモーニング娘数字のファンの皆さんから、厳しいコメントがついていました。上から目線のババアうざい、偉そう、そして現役娘のことを知らなすぎるなど。。まあ、そうでしょうね。ミキティがソロのアイドルとして成功をしていた時代を知らない人達ばかりなんだと思います。

ミキティに協調性は感じられなかった、今も

ほんとうにミキティは素晴らしかった。たった1年くらいのソロ活動の中で、残してくれた作品は、どれも素晴らしいものでした。稀有な歌声、キャラクター、そしてルックス、スタイル、アイドル性とまだ秘めていた振りをしていた暴力性。

しかし、協調性は感じられなかった。「目立ってナンボ」「私が一番!」みたいなのは、今のモーニング娘数字には、必要がなくなったのでしょう。もう時代は変わった。

ミキティの時代、アイドルとしての時代を終わらせた理由、それは自分で終わらせたということも2ちゃんねるの元管理人創設者のひろゆきとの対談の動画で話していました。

www.youtube.com

「アイドルは辞めたのは、20歳を超えて、自分と一回りくらい離れた子、14歳の子と同じ服を着たり、同じ曲を歌うのが辛かった」という理由からでした。それは仕方がないですよね。

でもここで話さなかった事もあると思います。それは、モーニング娘。でいたくなかったという理由もあったんだと思います。そもそもモーニング娘のオーディションを受けたけど落ちて、同じ事務所からソロアイドルとしてデビューをして、十分に活躍をして、強制的にモーニング娘にされてしまったのです。OGは沢山いても、そんな人は他にはいないのです。

ソロアイドルで活動するということは、昔は普通の事だったけど、もう稀有なものになってしまった。ミキティその系譜の最後らへんの一人なのです。アイドルとして活動をするにあたっての理論というものが、ずっと心の中にあったのだと思います。

それが、アイドルとは「目立ってなんぼ」「自分が一番」「誰にも負けない」「歌う時はCDとは違った感じを出す。ライブだから」という発想になってしまったのだと思います。

それは、アイドルのみならず、人の前に立つ芸能人として、当たり前のことなのではないのかと、僕はファンからの目線ですが、そう思います。誰にも負けない。グループに括られても、そこに媚びることはしない、なぜなら、私が一番だから。

そんなことを言っても、今はもう通じない、賢明な小田さくらさんは理解をしているようでした。それが救いです。小田さんは本当に素晴らしい方です。歌唱力も抜群。真面目でいっしょうけんめい。そういうものが、今のモーニング娘数字なんだろうな、と理解できました。そうなんですよね?みんなで頑張るということが正義だという、社会的な哲学を持つグループになったんだ、とミキティのおかげで気づくことができました。

動画についた厳しいコメントにミキティが返事www

www.youtube.com

【絶対怒られる!】藤本美貴モー娘。小田、牧野回に炎のコメント返し!この動画は、今日アップロードされた動画です。動画についた厳しいコメントにミキティが返事を返しています。

「名前はちょっと覚えていて欲しかったなあ」というコメントに「10何人も覚えてられないですよw」という返事。ひどいですね!仕方ないかあ。。僕も><

 

「今のモーニング娘を知らないこと」に対しての返事もありました。「興味ないって言われる事が一番の問題」だということです。軽く言ってるけど、ひどいですよね。興味が無い、、厳しい言葉です。でも、僕がこの動画を見たのも、ミキティに興味があったから。現役の娘さんたちには興味ががないのです。それは昨日今日の話ではなくて、ずっとです。でも、前は好きでした。後に過去に書いた自分のブログの記事を貼りますが、かなり興味がありました。ライブもいったりしました。保田圭ちゃんのラスコンに行ったりしました。。でも、もうなくなったのです。それは、世間一般の人もそうなのかもしれない。。です。

でもこの動画で知るかもしれない機会になりました。しかしそういう人は、世の中のほんの一握りなんだと思います。ミキティ「でも知ってなきゃいけないわけじゃないでしょww」とうこれも軽い一言ですが、そうなのです。知ってて当たり前ではないのです。

 

またミキティのひどい間違い、今のモーニング娘数字の売り「フォーメーションダンス」を「ラインダンス」と言い間違えていたことへのお叱りもありましたww

フォーメーションダンス。僕はモーニング娘がこれを売りにしていいのかと考えています。。僕はモーニング娘は成り立ちの前からテレビ番組「ASAYAN」で見守っていたクチなのですが、当時のモーニング娘。のコンセプトの一つに「メロディ&ハーモニー」というのがありました。

本当に歌を大事にしていたんですね。コーラスも全て自分達で歌っていたりするのが、ASAYANでレコーディングの風景が流されていたりしました。

そして、踊り云々は当時はあくまで曲にあわせてなんとなくレベルでした。

名曲「サマーナイトタウン」でもメンバーの踊りはゆるーいものでした。素人そのものでした。いつのまにか変わっていた、やはりLOVEマシーンからそうなったのかなあ。

 

個人的な意見ですが、フォーメーションダンス、これは頑張って努力をすれば、誰でもできるものだと思います。それを達成するのに、それぞれが持つ個性とか必要はないと思います。部活動とかと同じですよね?もちろんモーニング娘には歌という武器がそこにあるわけですが。もう歌だけでは、注目はされない、付加価値としてのフォーメーションダンスなのかな?

 

もうひとつ、時代は変わったんだな、と感じた事があります。

ファンの方達のモーニング娘への目線は個人に対するものをあるかと思いますが、昔と違うのは、グループに対する強い愛情と忠誠が感じられる事です。昔は別に今のようにモーニング娘は最高最強」と喧伝をする人達はいなかったと思います。個人に対する愛と、UFAに対する愛と憎というものが強かったです。それは他にアイドルグループが無かったというのもあるかもしれませんね。他に負けないどころか、寡占状態になっていた。ライバルは、音楽シーンだった。鈴木亜美オリコンの順位を競い合うような演出がASAYANでもあったりしました。結局LOVEマシーンでぶち抜いたのですが。スケールが大きかった。。でもそれも過去のことです。

ほんとうに、時代は変わったんだなーとも気づきました。良いことだと思います。そこに刺激性なんかなくても、いいのかなと、そういう時代なんですよね。

 

この動画の最後のほうでミキティが「元モーニング娘というよりも芸能人として」というアドバイスだったとも話していました。もうミキティは普通の芸能人。先日も「踊るサさんま御殿」に出演をしていたり、庄司さんと一緒にイベント会見に出たり、それがスポーツ新聞に載ってネットニュースも掲載されて、ハウスシチューのCMにもで出ていました。今のモーニング娘と比べられないくらいの一流芸能人といってもよいと思います。なので、別の世界から、OGとしてという意見なんですよね。そういう話がきけてよかったです。

 

www.youtube.com

もうひとつの収穫が、「ハローミキティ」の動画に対するコメントでミキティまた歌って!」というコメントがとても多かったことです。みんなそう感じていたんだ!

この動画、伝説の名曲、紅白歌合戦でトップバッターで歌った「ロマンティック浮かれモード」の約3年前の歌唱動画です。独特のクセが更に強化されて、ドス黒さ野太さが強まっています!「演歌みたいになってる」なんてコメントもあって・・納得しました><

そして、現役時に劣らないダンス。ダンスと観客への煽りも!ハロヲタもここぞとばかりに、とても楽しそうにコールをしています。

 

そのステージに立っているのは、たった一人

たった一人なんです。

もちろん当時はテレビでもカメラ独り占めでした。素晴らしい楽曲を普通に常に生歌で歌っていました。夢のような時間でした。ずっと続くと思っていたものが、ある日突然、本人の意思ではなく、無くなってしまった。そして、それと同じようなもの、ソロのアイドルが、この世界から無くなってしまった

もうミキティがアイドル歌手として活動をすることは無いのでしょう。そしてハロプロからソロアイドルが出てくることも無いのでしょう。でもいいのです。僕には過去の動画があります。アイドルだけが好きだというわけでは、元からなかったので、他を愛でて行きます。ミキティ最高(涙)

maemuki.hatenablog.com 

maemuki.hatenablog.com

maemuki.hatenablog.com