さわやかトラウマ日記

さわやかな音楽ブログです from 2004


さわやかでまえむきな人間になりたい男が
好きな「文化」を語る。
そんなブログです。from 2004yaer。

ファンレター&苦情はこちら kyopon2017@yahoo.co.jp



森高千里「気分爽快」は…タダのカンパイソングでは無い!事をレビューします💢

森高千里の評価は日々高まっています。

 

が、いつも反応を見るたびにイライラしてしまいます。。

「かわいい」「オバさんには見えない」「江口さんがうらやましい」「お母さんと同じ年に見えない」など、容姿のことばかりが触れられて…

ちくしょうめ!みんなわかっていない!!っくしょう・・・

 

森高の深さ素晴らしさが感じられるのは、やはりその稀有な作詞能力です。よく素人くさい歌詞だと揶揄されたりもしていてその都度に憤慨しているのですが。。今日はそのザ・ストレスを払拭するために、1994年に発売されたシングル「気分爽快」を例にして、記します!

 

「気分爽快」は森高千里の数あるヒット曲の一つです。本人が出演をしたアサヒビールのCMソングになりました。

www.youtube.comあ

CMに本人が出演、歌もタイアップ、という状況で、曲を作ることになったのでしょう。そしてⅬ⇔Rの黒沢健一さん、2016年に脳腫瘍で逝去されてしまいました。。その方が曲を作って、森高千里にいつもの通りに作詞が託された。

その状況でキャッチコピーの「気分爽快」にあわせたタイトル。その歌詞の内容は。。。

「のーもーうー 今日はとことんもりあがろうー」 

明石家さんま「のーもーうー」の部分を「さんま御殿」で口ずさんだりしていたり、とても有名な曲ですよね。簡単に歌える、とても親しみやすい曲、実際に宴会やカラオケで歌われていたりします。ビールを飲む場面にぴったりな曲です。

この曲は「その為」に作られた曲です。ビールのCMに森高千里が出演をして、ビールを飲んで、そこに流す為の曲。発注した時もそれだけだった、と推測されます。

そしてCMにもよく合ってますよね。これで十分です。

が!

そこで終わらなかったのが森高千里なのです。ああ深い素晴らしいです。

実際の歌詞に添って、その深さを説明しますね。


森高千里 『気分爽快』 (PV)

(ここからお話ふうになります…)

 

森高千里と親友のよし子は、金曜日の夜の満席のビアホールにて待ち合わせていた。

 

昨日の夜に、よし子は森高にあることを告げてしまった。きっかけは、今度の週末に2人でどこかにいこう、という話になった時に、私には週末は予定がある、という事を話した際に、前から言おうと思っていた事を言ってしまった。

急遽、このビアホールで待ち合わせようと言ったのは千里だった。どんな顔をして私は千里に会ったらいいんだろう。

彼女はいつもどおりの笑顔でやってきた。あいさつもよろしく、すぐに運ばれてきたビールジョッキを前に話し始めた。

 

やったね!おめでとう〜!

いよいよアイツとデートか

まったく…やるわね!わたしの知らないうちに

 千里・・。

2人して 彼に憧れてたから。辛いけど…OK!

ビールで乾杯! 

 えっ

飲もう 

今日はとことん盛り上がろう! 

 ビール…飲もう…千里??

聞かせてよ!彼との出会い、遠慮せずに〜!

飲もう!今日はとことん付き合うわよ!  

ちーちゃん。。どうしたらいいの。。

私もさ 好きだったんだから

 

ごめん。。ごめん。。

 

でも、千里はまた明るくビールを飲み干した。彼女はあまりお酒に強い方ではなかったけど。

私も、なるべく飲むようにした。酔ったのか、千里はさらに私に話しかけてきた。

 

まさかさー よし子が彼を射止めるなんてさあ 

まいったなーー私は正直・・ちょっぴりショックwww

 そんな事を言う千里だけど、まだ笑顔を浮かべていた。私への気遣いかもしれない。 

 

人生だわぁー これも!めぐり逢いなのね

ありがとう!ちゃんと話してくれて!

 

・・・千里は更に酔いが回ったのか、声が大きくなって私に絡むように話を続けた

明日ー明日デートだね がんばって!!

公園とか、海をドライブ??妬けるわねえ!

 ちさと。。次の言葉の時は、しみじみと続いてしまった。

明日、明日…私 何しよう。。

・・・私のぶん 楽しんできてよ!

 

千里は、笑って話しているけど、泣いているような声でそう言っていた。

 

できるなら今夜帰りたくないわ 

 

泣き虫な私 早く恋しよう

 

普段の千里は、ここでこう思っている筈だと、私は感じた。感じてしまった。

うつむいている私を気にかけたのか、千里は更に追い打ちをかけてきた。

飲もう!

今日はとことん盛り上がるわよ!! 

 うう・・

だけどさー まだ彼の自慢は後にして…!!

ちーちゃん…

飲もう飲もう!今日はとことん付き合うわよ!

 私はとりあえず残っているビールを全部飲んでみた

 今、私 気分爽快だよーー!

とてもそんな気分ではないけど…私もちーちゃんもビールのおかげで酔ってきたのかもしれない…

明日ぁ明日ぁ デートだね?がんばってええ

 私はきにせずにビールを飲み続けた

手をつなぎほらー肩よせて…コノヤローwwww

 「そんな話し、前に二人でしたね」と言おうかと思ったけどやめておいた。

明日、明日…わたしはだいじょうぶだよ!

 

不思議だね…

気分爽快だよ!!

そうだね。気まずかったけれど、応援してくれているということがよくわかった。よくわからないこともあったけど、それも人生なんだな。そういう時はとりあえずアサヒ生ビールZで乾杯したら、気分爽快になるんだ!ありがとう、ちーちゃん!

 

以上。このようなストーリーになっていると想像してみたのです。 どうでしょう?

「ビールのCMの曲ができたから歌詞を考えて!」と言われたら、どんな歌詞をつけるのか、普通は「飲んでさわごうイエーいたのしーうれしーだいすきー」だけ、みたいな歌詞になりますよね?「気分爽快」も一聴すると、そのような能天気極まりない歌詞にしか思えないのですが、クライアントにとってみたらそれでOK問題なしなのです。

しかし!森高千里プロの作詞家なのです。プロというのは、仕事を忠実にこなすのにプラスをして、その人にしかできない何かを付け足して、価値を上げるということだと思うのです嗚呼!

友人同士、同じ人を好きになってしまった人が、友達のことを好きになってしまった。その友達となぜかカンパイすることになった。そこでお互いの微妙な気持ちの揺れ動きが見えたけれども、応援してくれた。仲良くできた、それもビールのおかげで気分爽快!こんなストーリーがあるカンパイ・ソングだなんて!常人凡人には到底おもいつかない。プロの作詞家とのしての矜持がある。

やはり、森高千里深くて素晴らしいのです!

そしてとても美しい!!

 

やはり、それも否めないです>< 

終わり

f:id:maemuki:20200623225906j:plain