さわやかトラウマ日記

さわやかな音楽ブログです from 2004


さわやかでまえむきな人間になりたい男が
好きな「文化」を語る。
そんなブログです。from 2004yaer。

ファンレター&苦情はこちら kyopon2017@yahoo.co.jp



無だけど毎日が楽しい

どうせ無だったらこの無を楽しもうという気になってきました!

なんせ今の世の中、無であることが求められてもいますよね?無接触 無宴会 無会食。

正当化されているのですこの状態が!元から縁遠かったのものばかりですが><><

つまり、社会貢献もしているのです。そして毎月税金社会保険料も払っています。

なんて自分は正しいのだろう。

無は楽しい 春だと特に

やっと寒い冬が終わって、一年で一番好きな季節、いや冬以外は全部好きなのですが!

春がやってきたのです。せっかくだから春を楽しみたいですよね。

f:id:maemuki:20210323112710j:plain

いつも「ランララロロロ」と自転車を漕いでいく某公園も春は特に美しい。桜の数は多くないけれども、水のある風景と森の色もあり、そしてはしゃぐ子供たちのすがたもあり、とても美しい!この写真は今年のベストショットになるのかもしれない。水っていいですよね。ほんとうに。

f:id:maemuki:20210330132331j:plain

天気がよく自転車日和が続くので高円寺に行き「とりかつや たるたる 金いろ」という店で、ささみかつとむねかつと牡蠣フライの「東京オリンピック応援セット」を食べました。あげもの好きにはたまらなかった。。

f:id:maemuki:20210319122830j:plain

キッチン南海高円寺店にも行きました。メンチカツと白身魚フライ。白身魚がうまかった!次はチキンカツカレーにしようかな!神保町の本店にも何度か行っていました。移転したらしいですが、その前にあるスヰートポーヅという餃子店が閉店してしまってショック><

f:id:maemuki:20210401215207j:plain

これはスヰートポーヅの餃子の写真。ここは僕の人生三大漫画の一つである「美味しんぼ」で紹介されていたんですよ!上京して行けて感激したのに〜残念。最後の方はちょっと皮が変わっていて、柔らかくなったりしていました。固くて独特な食べごこちでした。残念><

都会の春もたのしい

f:id:maemuki:20210401215839j:plain

たまに都会に出たりもします。都会都会連呼したりして…田舎くさいですよね自分。しかし都会には田舎出の人の方が多いですよね。あとさいたまとかからとかも>< 

まあ大都会ですよね。都会都会大都会だいすき

 

自分の都会好きといえば、僕のブログの数少ない長期読者の方から、この記事が好きですと教えられたものがありました。

maemuki.hatenablog.com

僕の住む小さなマンションは、東京の都会のど真ん中にある。

しかし小綺麗で美しい都会では無く、ダーティーで治安の悪い街にある。

そこから飛び出して時折当てども無く東京の街を自転車で走る。

とても汚くてけれども最高に美しい東京の街。

無駄に消費されるエネルギー。放たれる光を浴びるように車線と歩道の間を金魚のように泳いでいく。信号に止められる。

空の看板から放たれるエネルギーと連なる車のサーチライト。目に見えるエネルギー。

その力は人間に対して「物事を俯瞰して見る」という時間を与えるような気がする

 この記事を書いた時は新大久保に住んでいた時です。そんな高揚が文章から、とくと感じられて愛おしいです。この通りに、自分は都会が好きなのです。東京がというより、都会が好きなのです。この記事の後にも書いていますが、東京は世界一の規模の都会なのです。北京上海ニューヨークよりも大きな都市圏なのです。だから、東京が好きでいるしかないのです!

だから怖いんですよね。いつか来るであろう大地震。さすがに関東大震災のようにはならないだろうけど。。自分の家とか、崩れたら1階なので下敷きになるに違いないのです。ああ、嫌だ。こんなこと。。

と、思わないように外に出ているというのもあります。現実逃避と、今ある現実を楽しみたいのです!

高円寺でヨーロピアン・ロマンについて考えた

f:id:maemuki:20210401221005j:plain

駅前の広場にて、雑に放置されたアコースティックギターを眺めながら、いろいろ考えこんだりしました。この先どうしようって。

 

自分しかできないことをやるしかないな、なんて。

自分しかできないこと。できそうにないこと。

それはヨーロピアン・ロマンだなって。改めて思ったのです。

今、そんなことをやっている人はあまりいません。少なくとも、男一人でそのようなことをやっている人…ぱっと浮かんだのはKAMIJOさまです。が、KAMIJOさまは基本的にロックですよね。自分はロックはだめなのです。

この雑多な音楽聴取経験と、少しだけある音楽の基本知識と、まだ足りないいろいろな教養><を活かして、ヨーロピアンロマンな音楽をやりたい、世界をつくりあげたい!誰のためにそれは自分のためにです。自分を満足させて悦にひたりたい。そうしたいのです。おろかなことでも!!

なんて、おひさまにあたりながら考えたりしました。やはり春の無は楽しいのです。

おわり!