さわやかトラウマ日記

さわやかな音楽ブログです from 2004


さわやかでまえむきな人間になりたい男が
好きな「文化」を語る。
そんなブログです。from 2004yaer。

ファンレター&苦情はこちら kyopon2017@yahoo.co.jp



【決意!】だらけの日々を卒業する日を決めました 多分!

だらけにだらけ、だらけきった日々を毎日おくっています。今日なんてひどかった。

パソコンを気にしつつも、なにもなさそう〜とひたすら横になっていました。更にちょっと寝てしまったりして。「仕方がない、土曜日はほとんど寝られなかったから」と内的な言い訳もしました。そうなのです。

土曜日は体調不良を克服した自分へのご褒美として家出をした日でした。ショート家出、ほんのひとときだけでした。大浴場のある、この間に三泊もした勝手知ったるところです。きっとリラックスして快眠ができるに違いなかったのに。浅い眠りと起きのその中間を一晩すごしてしまって。。人間は眠れないとこうも弱体化するんだということを、身に感じました。結果、すぐに家に帰ってきて。。また失敗です。失敗家出!

そもそも、そんなにお金の余裕もないのに。「でも5千円くらいいいだろう」とすぐにまた内的な言い訳をしてしまうのです。5千円ですよ5千円。それくらいいいですよね。貧乏だけど、ケチくさいのは嫌なのです!!

だめですね。ほんとうに。自戒だけは得意なのです。

 

こんな日々にもう終わりを告げなければいけない。ほんとうにそうです。

 

前々から考えていたのですが、自分にはもうすぐ区切りとなる日がやってくるのです。そのときになったら、いろいろ変えよう!と考えています。「今すぐ変えろや このタコ」と思われるかもしれません。Butその日はそれほど遠くはないのです。許してください。でも、どう変わるか、どうこの生活を変えるか、まだわからないのです。

散々考えて考えて、でも実行には移せない。まだ調子がでないのです。

 

2016年、僕は死にました。その時からもうけっこう時間が過ぎたのに、まだ蘇生できていません。いろいろ失ってしまったのものを、まだ取り返せていないのに。

あれから、良いこともたくさんありました。新しい出会いも、そしてかつての仲間たちとの再会も。そんなことがあったのに。自分はまだ底の中にいます。つらい日々が忘れられないのです。重いものがずっと、まだ頭の上に乗っかっている感じなのです。

でも、今の自分にのしかかるものは何もない、いわば天国みたいなものなのです。でも、地獄でもあります。贅沢だけど、、はやくなんとか断ち切りたい。

この生活は麻薬みたいなものです。この麻薬を断ち切る、断ち切ろうとすることが必要なのかもしれない。それを決断するために、区切りとしたいのです。自分の誕生日の日を。

おわり