さわやかでまえむきな人間になりたい男が
好きな「文化」を語る。
そんなブログです。from 2004yaer。

ファンレター&苦情はこちら kyopon2017@yahoo.co.jp



はじめての方へ!ブログ内リンク集はこちら!

このブログについて

このさわやかトラウマ日記は、個人にて非営利で運営をしているブログです!

 

ブログの記事が多すぎて、カオスになってしまった気がしたので、初めてきた人や、もっとまえむきさんのカオスを知りたいなという、け稀有な人にリンク集を設置しました!! 

 

それではよろしくお願いいたします。さわやかでまえむきなmaemukiより

 

続きを読む

小沢健二「彗星」 僕の中の3つの彗星

彗星

彗星

  • provided courtesy of iTunes

music.apple.com

1つ目の彗星「朝、通勤バスの中で」

小沢健二の「彗星」が発表された。その報を聞いたのは、朝のワイドショーだった。別に何とも思わない自分がそこにいる事に気づいた。のに、朝の通勤のバスの中で、たまたまアイフォンを開いたら、そこには小沢健二の「彗星」がすぐにかかるようになっていた。ほんとうにたまたまだった。

「初聴き」というものは、重要なものだと思う。アルバムなどとは違って今回は1曲だけがそれになるんだ。大切な瞬間になるに違いない、なるといいなと素直に感じて、僕は再生ボタンを押した。声に違和感を感じた。正直にいうとそう感じてしまった。彼もトシをとったんだろう、なんて素直にそう感じてしまった。当然、僕もそうなのだけれど。曲の内容は、彼の中において、どこかで聞いたような曲であった。僕の好きなアノ曲やアノ曲。すぐそれはわかったけど、曲名を思い出せなかった。なぜかはわからない。ただ、その感じは自分がとても好きな部分でもあった。音像からしてそうだった。輝くストリングスと、ブラス。グルーヴィーーなリズム。違うのは、これみよがしのリフレインがあることだった。何度も何度も。

曲の途中で、これは最後まで見える曲だな、と思った。一定の統一された情緒が貫かれている、まるで、パレードのような曲なんだろう、と思った。それから頭がぼーっとして、曲を最後まで聞いたのだけれど、いつの間にか終わってしまっていた。

 

「曲の情緒が最後まで一定に保たれている」ということを具体的に説明したい。が、残念ながら小沢健二っぽい音楽にて説明をすることが、自分にはできないから、そこは自分らしく説明する。

ルネサンス時代のフィレンツェの画家、Sandro Botticelli(ボッティチェリ)の有名な絵画に「春」というものがある。

f:id:maemuki:20191016223534j:plain

この絵画を見た、フランスの作曲家クロード・ドビュッシーが「交響組曲 春」という管弦楽曲をイタリアの滞在時に作曲をした。その曲が、「一定の情緒に貫かれて最後まで続いていく」ものだと感じた。女神達の行進が、春のきらめきの中で、迷いがなくずっと続いていく。僕はフィレンツェの「ウフィツィ美術館」にてこの絵画を見た翌日に、ローマのオーケストラの演奏で、この曲を初めて聞いた。その時のイメージと小沢健二の「彗星」は重なっているような気がした。

「彗星」はドビュッシーの「春」のような曲だ、とその時は感じた。感じてしまった。

2つ目の彗星「オフィスと駅までの道にて」

僕は毎日、呆れてしまう呆(ほう)けてしまうような退屈な日々を送っていた。やることがなくなって、何をしていたかということ、会社の外の座れるところで、音楽などを聞きながら、ときには何もきかずみずに、空を眺めていたりした。「なんて退廃的ななんだろう」とそんな自分に酔う事を楽しみにしようとしていた。

そんな時によりにもよって小沢健二を聴いてしまった。そしてあまり聴いたことのない「彗星」を聴こうとしたのも無理が無いと思う。でもここで「天使たちのシーン」を聴いてしまったら、その時の「崩壊」を招くよりも良かったのだろう。

この時も僕は「彗星」をただ、流して聴いていたんだと思う。なんせ呆けているので、覚えていなかった。そよぐ風と都会の中の所在無げな木たちの揺れる葉が夕焼けに照らされて、影絵のように見えるような場面には、よく似合っている音楽なのかな、と感じた。

その帰り、呆けた日々の戒めのようなつらい帰り道がいつも、毎日、僕には科せられている。その帰り道でも、「峠を超えた道の途中」、ワイヤレスイヤフォンを耳に押し込んで、その瞬間に「彗星」が流れてしまった。ちくしょう。なんで小沢健二なんだろう。こんなくそみたいな毎日に、なんてふさわしくない曲なんだろう。こんな曲。光り輝く、ひたすらに同じハイな情緒を伴って流れ続けるすばらしいうつくしいストリングスが辛い。ちくしょうちくしょう。永遠のようなリフレイン、僕はすっかり覚えてしまった。歌詞は聞き取れないけど。そのうちに、子供と大人の合唱のようなパートが挟まれるのを認識した。子供。小沢健二にはもう子供がいるんだ。「そのうえ」でのこの曲だなんて。もう子猫ちゃんとどうこうみたいな事はないのだろう。なんてことなんだろう。うまく歩けなくなった、自分が恥ずかしい。なんで。なんで。そんな「彗星」だった。彗星は、星を破滅させることもあるんだ、とやはり退廃的な面持ちになってしまったけど。楽しいからいいだろうありがとう小沢くん。なんて思った。

3つ目の彗星「昼か夕闇かはわからない、きょう」

何もかもが解決をしたなんて思わないけれども、ある程度の解決はあった。それでも僕の心は晴れなかった。

「つらい時に聞きたくなる曲」というものは、誰にでもあると思う。僕にとってはもちろん小沢くん、と言いたいけど。残念ながらそうはいかない。ここまで書いた勘付いたと思うけど、僕にとっては「聴くとものすごく辛くなる」けど「聞きたくなる」のが小沢くんというわけです。それは、15年前に書いた「刹那」の「強い気持ち・強い愛」のレビューを見てくれればわかると思う。

maemuki.hatenablog.com

「彗星」ち「強い気持ち・強い愛」は強く結びついているのものなのかもしれない。「彗星」の歌詞の中には「1995年」というのがある。それは「強い気持ち・強い愛」の

リリース日だったから。ただそれだけ。フカヨミするわけでもない。ただ似ているの事実かな。というのは今、この場で思いついただけ。こんな事を考えれられて、この曲の持つ、心地よい情緒を少し受け入れられるようになったんだという、自分の中の変質を感じることができた、ような気がした。 そしていつものように、いつものことを思った。僕は小沢健二になれなかった。小沢健二になりたかったわけではないけど、なれなかったのは事実だということ。この概念は、一生僕の中に焼きついてしまったものなんだろう。誰にも理解してもらえなくてもいい。「彗星」は終わらないような曲調だけど、終わる。かならず音楽は終わるもの。人生と同じなんだ!小沢くん。ありがとう!

「今の この気持ち ほんとだよね」

知らなかった"突然変異"のグループ!8P-SB「super star」

 

www.youtube.com

本当に知らなかったんです。

 

Facebookの「Visual-kei」を紹介するページ、外国人の方が運営しているであろうそのページがあるんです。そこでは「new look」みたいな感じで、バンド名と新しいアー写が紹介されているのですが、いつもそこを見て「また似たような…」なんて思ってしまう。のですが、今日はこの写真とバンド名を見て、なんとなく、検索をしてみました。

f:id:maemuki:20191012232413j:plain

まず2人組だということ。あとバンド名「8P-SB」とか全く意味がわからない、ということで興味を持ちました。まあヴィジュアル系バンドを紹介するところなので、当然4人組とか、そんな感じの人達をいつも見ているのです。そして、バンド名というものは、あまりパッとみてすぐわかる言葉ではだめだ!といつも感じている、ということもあったのかもしれません。。

そうしたら、ビックリしました。本当に知らなかったんです。

元MEJIBRAYのお二人が組んだユニットだったなんて。本当です。最近のこの界隈の音楽について、ほとんど興味をなくしていたというのもありますが。。

僕は

 

maemuki.hatenablog.com

maemuki.hatenablog.com

CDをレビューしたり、ライブに行ってレポートも書いていたりしたんですよ。もう7年前><

その後、聞かなくなってしまいましたが、更にプチブレイクしたのも知っています。渋谷公会堂でワンマンライブをやったり。凄いですよね!そして解散にあたっていろいろあったというのも、見聞きしました。。

 

そしてYouTubeでいくつかの曲も聴いてみました。ビックリしましたその音楽に!完全に「非ロック」だったということ。そして二人の歌声は、ヴィジュアル系のフレイバーも残しつつも、もうそこには、こだわっていないんだということがわかりました。

www.youtube.com

「spotlight」が特に気に入りました。

最新のこのEDM界隈の音というものを、自分はよく知らないのですが、そういうものに近いのではと思います。そして味わいがサッパリしているということ。比べてはいけないですが、かつての音楽とは全く違います。

まず、ギターが無い。全く無い。排除したと言ってもいいかもしれません。MEJIBRAYは間違いなくラウドな音でした。今のバンドとはちょっと違うような気がするけど。。

旧恋一さんの歌も僕は良いと思いました。新鮮ですよね。こういう歌い方。まだこなれていない感じのところが、僕は良いと思いました!

僕にとってヴィジュアル系というものは、ボーカルで判断します。いかにあのような歌い方、一般的にみたら、ナヨナヨしているような?歌い方です。今回はそれを残しつつも、どこかが違う、ということに興味を持ちました。

もちろんサウンドもです。ラウド一辺倒なこのシーンに飽き飽きしていたのかな?と感じてしまいました。それは僕だけなのかもしれないですが。

そして、見た目、ヴィジュアルですが、今の8P-SBは傍から見たらヴィジュアル系っぽくもあります。しかし、最近のK-POPの男性アイドルグループのメンバーは結構メイクが濃かったりしますよね?「こんなにメイクが濃くていいのかなまるでV系みたい…」なんて思ったりするほどです。しかし彼らは大人気。女子に大受けなのです。だから、良いと思います。もうこういうのも、今の時流に反してるわけではないのかな、と感じました。

そして、「ヴィジュアル系歌い」ですが、これも…最近のエクザイル一族さんらにおいても、ちょっと似たところもあるかな?と感じています。ちょっとアフンアフンしているような。だから、それも8P-SBもどこかそれっぽくて?良いと思いました。

 

この世界観も…これは暴論かもしれませんが「アソビシステム」っぽいなと感じました。「アソビシステム」とは、中田ヤスタカきゃりーぱみゅぱみゅのいる事務所です><

共通するところは、プラスティックな質感の外観だということ。だけではなく、大きなもの。それは「ちょっと悲しげ」なところです。

歌詞を深く見たわけではないですが、8P-SBの曲の歌詞は、ちょっと悲しい感じだと思います。そこもヴィジュアル系っぽいのですが。共通する例として、中田ヤスタカの歌詞は、どこか悲しげ、子供向けの曲もありますが。本当は悲しげなところもあるのだと僕は思っています。そこに共通するものを感じました

 

MEJIBRAYの最後のライブで綴、GENKIが中指を立ててそこを去っていったそうですね。本意はやはりわからないのですが。同士とまた組んで、8P-SBを始めたということが、その意味だと思います。

 

LUNA SEAのJさんがインタビューでこんなことを仰っていました。

www.barks.jp

──突然変異みたいなバンドが出てきたら、面白いですよね。

J:そうそう。だって、いつまで経っても同じ景色じゃつまんないでしょ(笑)? 音楽シーンって、その繰り返しだと思うんだ。それをしていい場だと思うしね。

──守らなければいけない伝統があるわけでもないですからね。

J:そう、ブッ壊したほうがいいんですよ。ブッ壊せるパワーがある人間じゃないと壊せないし、時代はずっとそういうやつらを求めてる。それは事実ですよね。自分としては、さっき言ったみたいな想いを抱えてバンドを始めて、自分たちのスタイルをつくりあげていったし、その中から見つけていったものだったわけだから。「若い子たちは今のシーンに対して不満ねえのかな?」と思う時があるんですよ。

https://www.barks.jp/news/?id=1000149194&page=4 から引用

 

 ブッ壊す。彼はそれをしたんだと感じました。そういう意味があったのかなと思いました。

 

かつてやっていたようなバンドではない音楽性で、2人組のグループで登場をした彼らは「突然変異」と言ってもいいかもしれません!

ヴィジュアル系をブッ壊す。このシーンを変える。変えてやる。今までに無い方法で、この世界で生きていく。そうしたんだと思います。僕はそういう人達が現れたんだと感じました。今はまだ始まったばかりです。まだ垢抜けていないように感じました。

早期において出しすぎ燃料切れで破滅、ということがありますので、それは避けてほしいです。そういうところもぶっ壊してほしいです!!愛を持って!!

終わり

芸術的なスイッチを入れた日

今日、いつも通る通勤のバス停で、僕の好きなところが光輝いて見えました。

そこは大きな公園の入り口で、たくさんの木にかこまれて、公園へと導かれる坂道があるところ。晴れた日は、木に光があたって、とても美しくて、そこにバスが止まったときは、どんな天気でも見るようにします。

今日は、そこの木の枝と枝の間から光がダイアモンドのような輝き、という常套句しか浮かばなくて恥ずかしいけれども、それがいくつもいくつも見えて、豊かな心が湧き上がるのがわかりました。

ああ、素晴らしい自然だ。

そして、なんて自分て素晴らしい感性の持ち主なんだろうと、思ってしまいました。

 

しかし、このような感情の揺れ動きは人間にとって、とても大切だと思うのです。そうではないでしょうか。

本当でしたら「ああ、今日はすばらしい景色を見たのですよ」なんて、すぐに分かち合える人がいるはずです。しかし、そんな人はいないのです。

かつて、音楽学科ピアノ科の友人たちにそんな話をしたら「まあ、素敵。見てみたいわ」と皆、言うでしょう。そのような人達にまためぐりあいたいのに。

ああ、孤独だなあ。芸術家は。。。

 

なんて、芸術とはかけ離れた、くさったサラリーマンでしかない、ということもわかっています。くそみたいな事務仕事をさっさと終えて、「今日だけしかない空気を味わおう」とサッと外に出ました。

今日は素晴らしい天気でした。雲が少なくて、ひたすらに青い空。蒼井そらでした><

風が強くて、少し肌寒い。カーディガンを羽織ってきてよかった。ユニクロだけど><

 

こんな、くそつまらない会話ですら恋しいのでしょうか。

 

お昼はおいしい自作の弁当を食べました。

https://www.instagram.com/p/B3Yq114gDDu/

今日は温めない弁当にしました 神木きゅんが冷えたものは温めない拘りがあるとテレビで見たからです!ちくわを久しぶりに食べました ちくわちくわビタミンちくわ♪ #料理男子 #弁当男子 #お弁当 #デリスタグラマー #おべんたぐらむ #クッキングラム #オベンタグラム #cookingram #obento #常備菜 #弁当 #おべんとう作り楽しもう部 #もり弁 #料理好きな人と繋がりたい #おうちごはんlover #おうちごはん #料理

おいしいというのは、ちょっと大げさですね。今日はいまいち弁当でした。なにしろ朝に急いで「詰めた」のです。そうです詰めました。しかし、ピーマンは自分で切ってごま油で味付けをしました。ごま油が他に広がってはいけない!と感じて少なくしたのが失敗でした。味が薄かったです。。

その後は、先程の「芸術的感性を取り戻したい」と考えて、いつもの「外から丸見え壁なし」の避難場所のカフェに逃げ込みました。

そこで、私は今日持参をした本を読みふけりました。なんの本なのかは明かさない。そんなのは個人情報なのです。明かさない。ヨーロッパのある国のある場所が舞台の美しい、そして悲しい物語でした。大した事件もなく、一人の人間が一人のことをずっと思う。ずっと思っている描写がひたすらに続くのです。美しい形容と情景とともに!

アイフォンで音楽も聞きながら、それは100年前に死んだクロード・ドビュッシーの曲、「ピアノと管弦楽のためのファンタジア」でした。かつてNHKホールでNHK交響楽団の演奏にて、聴いた曲です。

www.youtube.com

身も耳も心も、芸術的な感性、ヨーロッパ的な感性を取り戻した自分に気づきました。

 

そのような高揚の中、もうひとりの自分、こころの中にたゆたう自分をまた見つけられた。「これは収穫だ」と、席に戻りました。

 

特にやることもなく、やることもありませんでした。何をしたのかが覚えていません。しかし、現実に抗うこと。心の中にできた襞をなくさないようにと、ガードをしていたことは事実です。

そして、私は外の空気を吸いにいきました。またです。

f:id:maemuki:20191009234247j:plain

夕景を待っていたわけではありません。犬を待っていたのです。今日はかわいい小型犬をたくさんみかけました。「おおよしよし」なんて話しかけたかった(南野陽子の名曲)ですが、そんな勇気はなかったのです。なんのこれしき!

しかし、今度は枝葉が夕陽と照らし合わされて、影絵のようではないか!とカメラでとってみたのです。写真では伝わらない。すぐにわかりました。動く大きな影絵が天空に照らし出されるなんて、素敵なことではないか。ああ、芸術だ。

これは、何かに活かそうなんて思いません。そんなことを考えてはいけない。いまは、このように過ごしても何も問題がないから、とかそんなこともやはり考えてしまうのです。ああ、苦悩の日々です。

もうすぐ、終わるかもしれないのに。。審判のときはすぐそこ、であってほしい。芸術家は孤独であり、そして陶酔の極地の毎日なのです。でも、許してなんて思わない。

終わり

 

日焼けの理由

先日の「ギタポバンドマン時代の友人」たちの再会にて、僕の顔が「日焼けした? 」と聞かれた。さして外出をしたような記憶もなかったので???となってしまったけど。

今日、日焼けをした理由がわかってしまった。

 

僕は、日中に時間を持て余して、外の座れるところで、ずっと呆けているから、顔が焼けてしまったのかなーと、ひたすらに青い空を眺めながら、気づいてしまった。

今日は、一時期ほんとうに晴れていて、これからの嵐のせいか、白い雲がぐんぐん動いているのがわかって、面白くて、ずっと眺めていた。

前の職場はビルに囲まれていて、空は狭かった。今度は高台にあるので、空がよく見えて楽しい。

f:id:maemuki:20191007233208j:plain

夕陽もよく見えるようになった。夕景は好きなので、ずっと眺めていられる。本当はビルから見ればきれいななんだろうけど、窓から外を眺めることはできない。

こんな感じで、日々を過ごしています。ちょっと退廃的だけど、別にいいかなと最近は開き直るようにしている。

 

あと、少し痩せた(4キロくらい)理由も、自分で気づいた。それは会社の近くに何も食べるところがなくなったから。弁当を作っているのもそのせい。別に作りたくて作ってるわけではないけど、作ってみるとストレス解消になって楽しかったりもする。

どうしてもインスタグラムにも上げてしまう。。

https://www.instagram.com/p/B3BgE_GApAg/

今日も泣きながら弁当をつくりました🤗ニンニクをきかせたオクラ玉ねぎインゲンの中華風炒めと人参のglacéとそぼろご飯です!うーんうまかった!さすが自分!自尊心回復!#自尊心 #弁当 #obento

https://www.instagram.com/p/B3TidrFgHF6/

でもしかし、この生活が終わるかもしれないのです。まだわからないけど、いつかはわかるようでわからないけど、終わるのです。ああどうなるのか。さようなら僕のとっても美味しいお弁当ら🔥