さわやかでまえむきな人間になりたい男が
好きな「文化」を語る。
そんなブログです。from 2004yaer。

ファンレター&苦情はこちら kyopon2017@yahoo.co.jp



このブログを始めて14年で一番良いことがあり、それが現実となった出来事がありました。

この間の週末に、とても素敵な出来事がありました。

一昨年、このブログに紐付いたところに書いた記事がきっかけで、短期大学音楽学科ピアノ専攻時代の友人と、再び連絡が取れました。

長らく音信不通で、生きているのか、そんなこともわからなくなってしまった、それでも彼女らはずっと僕の心に生き続けていたので、この記事を書きました。

これは一度消してしまった記事を復刻させたものです。

週末に、この中にも出てくる人と、再会を果たしました。4人組の友達、そのうち一人が僕らの学校の近く、僕が長らく住んでいた街の近くに住んでいるということで、連絡を取り、会うことにしたのです。そこは東武東上線ふじみ野駅です。

彼女は、当然に僕と同じ年齢を重ねて、大人びた雰囲気で、最初は少し違和感も感じましたが、話したら、昔のままです。明るくて、気遣いのできる素敵な人です。ショートカットだったのに、ロングヘアーになっていました。

20年、おそらくそれ以上に経っている人との再会というのは、これまでの人生ではなかったことでした。

僕が学校を卒業してからここまでのこと、殆ど知らない人、そして僕も彼女が何をしてきたのかは、知りません。でも、いる人は過去にとても仲良く行動をしていた人です。その時間の隙間、なんてものはまったく感じませんでした。僕は変わっていない、そして彼女も変わっていないんだ、ということがよくわかりました。

その後、この日にその人が通っているお店で、イベントがあるということで、行くことになりました。音楽系の喫茶店のようです。ピアノも弾いたりするとのこと。

イベントが始まるまで、コーヒーを飲みながら談笑をしました。僕の仕事のこと。学校を出て、アルバイト生活で辛かったなど、ずっとふじみ野に住んでいたなど、その後の遍歴も話しました。学校で学んだコンピューターが役にたったよね?みたいな話もしました。僕の学校は、音楽だけではなく、PCの教育もしてくれたところです。それも共感をしてくれたりしました。

そして、再会のきっかけとなったこのブログの話もして、すごいねー相変わらずだねえなんて言われました。僕は学校のBBSでこんな感じでタラタラ何かを書いていたのを、覚えていたのかもしれません。そして、「リリアンとアンリ」の記事も、その場で読んでくれました。「私も覚えているよ!風と話しをしたりするの。今でも私、風が強いと話しかけたりするよ」なんて言って、僕は感動を覚えました。

 

僕がWEB上に書いた文章を一生懸命にスマートフォンで読んでくれてる彼女の姿を見て、僕は「ああ、ほんとうにブログやってきてよかったなあ」と思いました。ちょっとウルっとしてしまいました。

まだ、信じられないです。こんな事があるなんて。この記事を書いたとき、本当は僕は辛くて仕方がなかった時です。山の中で、絶望の毎日でした。当時のブログを読んでいてくれた人ならわかってくれると思います。その中に出てきた人が、今、目の前で、短期大学時代、そこを出てからも、ずっと住んでいたふじみ野にて、スマートフォンでその記事を読んでくれている。

ブログを始めて、僕にとって良いことがたくさんありました。14年前からずっと読んでいてくれる人が数人いたり、その方たちとも会えた。もしかしたら、もっといるのかもしれない。はじめのころだけではなくて、もっと近くても。応援してくれる人達がいました。そしてたくさんの人が、ツイッターなどで感想をくれたりしました。ほんとうに、何百ものいいねがついたり、リツイートをされたり。身に余る光栄です。ほんとうにです!

 

それが始まる前、僕が僕らしかった時代を過ごしていた人と、実際に会えた。そして会えていないあと3人の友達も、みんな同じようにこの時代を生きていることを知れた。

まさに、奇跡です。ご褒美だと思います。

 

会場にはいろんな人達がいました。80歳のジャズピアニストのおじいさま、店主のやさしいご夫婦、そして、中学生男子のドラマーもいました。ドラムが好き?と聞くと「好きです!」とそれまでちょっとムッツリしていたのが、弾ける笑顔で答えてくれました。将来はバンドをやりたいということで、「僕はここからバンドやるために東京に行ってたから、大丈夫だよほんとうに。吉祥寺とか下北沢とかに行ってたよ!ドラムで!」というと「マジですか」と目をキラキラさせて、僕の話を聞いてくれました。ほんとうです。ほんとうに、僕はこの街から東京にずっと通っていた。練習スタジオ、ライブハウス、名古屋と大阪まで行ったこともありました。彼にはがんばってほしいな、と思いました。ちなみに好きなバンドは?ときくと「ブルーハーツ」と言いました。若い人って凄いなあと感心しました。

 

その後、僕はセッション的なものに参加をしました。スタンド・バイ・ミーなど、数曲をコードのついた楽譜を渡されて、ピアノを弾きました。なぜか照れくさくて、うまくできたような気はしなかったけれども、アップライトのピアノが久々に弾けて、楽しかった。もっと音楽をやりたいなと思いました。あの頃、ふじみ野に住んでいた時とは違うのに。東京に住んでいるのに。音楽をまったくやっていない自分が、やはり悲しくなりました。

人との再会、望むことすらもしなかった人、人たち、もう会えない人と実際の再会ができた、ということ。ほんとうに良いことです。

もっと、僕は知っていた人たちに会いたい。インターネットはまさに狂気の世界かもしれないけど、僕はまだ信じたいです。

そして、もっと人と出会って話をしたいです。そして音楽もやりたい聞いてほしい。ライブがかなわなくても、せめて音源だけでもと思っています。

ブログを続けること。僕にとっては楽なものなはずでした。最近は、それどころではなくなってしまって、辛いです。そうです。続けることはとてもつらい。すらすら書けるけど、書くまでは長くなってしまっています。でも、今や僕の代名詞のように、初めて会った人にも話してしまうようになってしまいました>< しかし、話していない、ほとんど関心も持たれていない場所、それが今、毎日行っているところです。

人生をやりなおすために、僕は東京にまた来ました。親も僕が幸せになることを望んでいます。僕は人生をやり直したい。このままではだめなんだ、とみんな、会った人たちが僕に教えてくれてるんだ、と自分に言い聞かせています。

ごめんなさい。もう2600文字をゆうに超えてしまいました。もう終わりにします。

終わりです。でも、はじまりですほのお!🔥🔥🔥

 

おわり

 

 

【Sexy Zone】誤字が多いのはMacBook Proの膨張のせいだと判明しました バッテリー鬱です(+_+)

どうやらおかしいと思っていました。正確なタイプングが得意だったのに、すっかりこんなことになってしみまました。誤字まあちがいdらけです。

これは、キーボードが膨張して、あんていしないkとが原因だったのです。私の痴呆のせいではありませんでした。

 

どうやらバッテリーが寿命らしくもう交換が必要だとMacにでていました・・。

このMacBook Pro、2012年に購入したはずです。なぜ覚えているのか

それはこの記事に書いてっあったからです。

maemuki.hatenablog.com

 サジェストにも見えますので、引用はやめておきますね。そういう事です。そしてもうひとつどうでもいいことで覚えているのですが、これは実は一括現金キャッシュで新宿南口のソフマップで買ったのです🔥おかしいですね。「セクゾンはまり期」の頃、わたくしは契約社員でした><>><のに、どこにどうしてそんなお金があったのか><

ほんとうにごめんなさい。しかしひさんな話があるのです安心してください。

どうやら修理費用に2万円かかるようです🌋

 

どうでもいいですね。さらにどうでもいいことをまた思い出してしまいました。

このSexy Zoneの初ライブ最終日最終公演を見に行けた、チケットが取れたのはあのそのあそののチケット流通センター駅から買ったのです。ああ違法でしょうか。。

しかし、ふつうにジャニースのコンサートにチケットなんて買えないのです。ジャニーズファミリークラブになんて入れません!!

意気揚々と購入し、会場に行きました。「佐藤勝利の親戚です!」みたいな演技をしながら入ったのです。そして1階席奥のほうの席に行くと、隣の女性から「○○さんですか」と自分ではない名字できかれたのです。「いいえ、違いますよ私は高木ブー伝説です」と言ったところ「ああ、私が最初に売ったんですよ、転売したんですね」「ああおおそうでしたか」「その方も男性だったから・・そうなのかと思って」「ああそうでしたか」しばらくの沈黙の後「今日はなんできたんですか」と聞かれてしまいました。

セクゾン、いやセクシーゾーンのファンなんですよ」「そうなんですか?男性なのに」「僕はアイドルが好きなんです。」というと「好きな人にチケットが渡ってよかったです!」と言われたこと、思い出してしまいました。

チケット転売はよくないけど、こういう事もあるんですね!!??!なんだかすみません。。当面、Macにさわるじかんをひかえないkといけないのです。

レビューなどの豊かな記事wはかけそうにありません。週末にはあっぷるsとあに行く予定です。予約もしました!ラララ〜さよなら2万円!さようなら!セクシーゾーン!!

おわり

Jamiroquai「Virtual Insanity」(1996) 僕は「仮想現実の狂気」の中に生きているのか

 

自分は、いろんな音楽が好きです。その中で「今日はオシャレな、くそオシャレな音楽を聴きたいな!」なんて思ってしまって、聴いてみたのがJamiroquaiで、いちばん有名な曲「Virtual Insanity」でした。誰でも聴いたことのある曲だと思います。親しみやすい、口ずさめるようなメロディ、洗練されたトラック。

「こんなオシャレな音楽を、果たして自分が聴いていてもいいのかな?」なんて思ってしまうほどです。なんでそんなことを思ってしまうのかはわからないけど。なんとなく、誰かが自分にダメだしをしているような、気になってしまうのです。そんなことないのに。おかしいな。自分はいつも誰かの価値観を気にしていまっているのかもしれない。なんでだろう?いつも誰かと、仮想の世界で、つながっている、つながっていられるかもしれない。

 

そんなことをなんとなーく思っていたとき、ふと「Virtual Insanity」ってどんな歌詞なんだろうと思いました。自分は英語が苦手で、聴いていても全く意味がわからないのです。でも「Virtual Insanity」はバーチャルなインサニティ、要するに狂気だとはわかりました。

そして、行き着いたのが、この動画でした。

www.youtube.com

英語の歌詞と一緒に表示される、日本語の言葉に僕は衝撃を受けました。この曲はただのオシャレ音楽ではなかった。

未来は仮想現実にある狂気(Virtual Insanity)によって、作られてしまう

いつでも、抑制された、私達の愛は

歪んだ無用なテクノロジーに注がれている

もうすぐ音がなくなってしまう。閉ざされた世界でで生きる自分達には。

 サビの部分の訳はこのようになっています。この曲で作詞をしたJason Kayが何を言いたかったのか、それはわからないです。すぐに意味がわかるようにはなっていないんだと思います。でもわからない。それは自分が英語がわからないかもしれない。でも、感じます。これは未来への警告だと。

しかし、この曲は1996年にリリースされた曲です。まだ今のような世界ではなかった。予兆はあった頃かもしれません。自分はこの時にはもうインターネットは使っていた頃でした。でも、今とは全く違う世界です。2018年の今とはまったく違う世界になっています。つまり、「Virtual Insanity」で示された未来が、そのまま今になっているんだと感じました。

 

僕は毎日、インターネットを見て、そこで人とコミュニケーションを取っています。今は仕事で使うことはなくなりましたが、かつてはインターネットの仕事をずっとしていました。そこで起こったこと。自分は良いサービスを担当することができたと思います。そして、そこで起こったことは、現実に親しいものだったと思います。でもそれはほんの一部分。その世界とは別の世界がインターネットにはある、と感じました。

狂気。目に見えないところにある恐怖。大きく人を動かしてしまうかもしれない狂気が、インターネットにはあると思います。そして人を殺めてしまったり社会的な死をもたらしたりしました。しかし、それは文字とたまにの写真などにて、起きたこと。タイムラインの乗せられて、どこかに運ばれていってしまう。そんな事が毎日ずっとずっと起きています。

抑制された、自分の気持ちは、無用なテクノロジーに注がれています。その通りだと思います。このような狂気は今まであったのだろうか?この世界は、新しい世界をまた生み出してしまった。自分もその中を揺蕩う動物にしかすぎないんだ、と実感させられます。

でも、現実の狂気の中で暮らしている私達は、そもそも正気なのか?

 この曲の最後は、この言葉で占められます。一体、どうなのでしょうか。こんなオシャレ音楽を聴いて、こんな事を考えてしまう自分は、狂気なのか正気なのか、わかりません。そしてこのような事を考えさせてくれるような音楽を作れる日本人アーティストは、果たしているのか?なんて、つまらない事も考えてしまいます。

この曲は、基本的に「ノリやすいダンスミュージック&アシッドジャズ」に違いないのです。でも、英語がわかる人は、意味をわかっていて、踊っている。なんて滑稽なんだろう、そしてそんなことをさせるのはかっこいいと思います。まさにVirtual Insanityここに然りと、と感じました。そもそも正気なのか??

 

おわり

f:id:maemuki:20181127225833j:plain

【携帯電紛失】とりあえず解決はしましたが解決はしました…が‥(゚∀。)

f:id:maemuki:20181125195750j:plain

とりあえず、ひとまずの問題は解決しました。解決はしたのですが、解決はしました。

なんだか複雑な上京になってしまいました。「複雑な上京」というのは、例により打ち間違いなのですが、「複雑な上京」というのは、実は自分自身のことでもあるということを、打ち間違いにて気づくことができたことは発見でした。

しかし、どうでもいいことには違いありません。「田舎から上京したけど埼玉だった」ということです。複雑でもなんでもありません。なんせ最寄り駅東武東上線ふじみの駅は、「池袋まで急行でたったの25分!!」なのですから。しかし埼玉は埼玉。複雑な、上京です。

本当にごめんなさい。こんな感じで(゚∀。)して混乱してしまっているのです。

 

携帯電話を失くしました。そして機種変更をしようとビックカメラに向かったのです。そうしようとしましたら、しつこいソフトバンクの勧誘にあい、状況を丁寧に説明したところ気がつくとiPhoneを新規契約、しようとして、MNPの番号を聞こうと、ドコモ様に電話をしたら「お客様がなくされた携帯電話が届いたというお知らせがあります」と言われたのです!!届いたのは区の警察署でした。。届いたのは、なんと失ったその翌日でした。なんで知らせがこなかったのか?と思いましたが、電話はないので仕方ないです。。

そしてそのまま帰ろうと思ったのですが、やはり「料金がやすくなりますよ月々の」と言われてしまい、そのまま、光回線も変えることになってしまいました。

もともと、ボクはiPhoneユーザーでした。スマートフォンを初めて持ったのは、確か、iPhone4の頃です。その後iPhone5に移り、今は回線契約が無いiPhone6をまだ持っています。しかしもうボロくて。。そういう流れもあり、iPhoneXRを契約しました。

しかし、ここ最近の自分は「イタいアイタタアップル信者」を脱しよう!と思っていたのです。Androidが素晴らしいとはいえませんが、確実にいえるのは「あっぷるよりぐーぐるのほうが良い」ということです。そうです。イタいアップル信者より、グーグル様を神と崇める「くそイタいGoogle信者」と化していたのです。それに気づいたのは、翌日の今日です。

なんで、Androidを捨ててしまったのか。しかし、Googleさまには、アップルユーザーを差別しない、多様性、ダイバーシティがあると思うのです。アップルのサービスは、他で使えなくても、AndroidのサービスがAppleで使えないということはない、インターネットに紐づくものですから、当然だと思いますが。

そしてアップルのソフトウェアは総じてクソだと、改めて気づいてしまいました。ほんとうにクソです。特にiTunesのクソさといったらひどいものです。弁護のしようもないです。長年苦しんできたiTunesのクソさはそのままAppleMusicにも渦巻いています。

ほんとうにクソです。肝心なところがカスタマイズできないのです。あっぷるにはもう未来はないと思っています。

ああ、どうしてこんなことになったのだろう。

しかし、ソフトバンクは結構良いかもしれないです。自分は容量50ギガのサービスを契約しました。余裕ができました。でもそれくらいかな。。

 

まあ、いいです。とりあえず、早速アップルIDのパスワードがわからなくなり、何度やってもうまくいきません><なんとかできないのでしょうか??まだ混乱しています(゚∀。)

あとは、もう回線契約のなくなった><携帯電話を引き取りに行く必要があります。警察署は遠くないのですが、、朝はやくに行っても、会社には遅れてしまいそうです。駄目とか言われてしまうかもしれないです。どうしたらいいのでしょうか???なんでこんな不自由な会社にいなくてはいけないのでしょうか???ひどいですよね。明日もまた日報をワードで作成してプリントアウトして提出する日々です。なんてアナクロなんだろう。。困りました。。ほんとうの混乱の原因はそこなのかもしれません。

ひとまず、早くいろいろ解決しますように。とりあえず、iPhoneはなくさないようにします終わり!!

スマートフォン略してスマフォ(正しい略)を失くしたその2と「印象的な少女」

f:id:maemuki:20181123001224j:plain

みなさんこばんわ。ごめんなさい。やはりMacよりウィンドウズを触る毎日なので、文字打ちがうまくできなくなりました。おかしいですね。ここ数年。ウインドーズには触っていなくて、久々に会社でウィンドウズをサワって全く文字打ちができなかったのです。僕はいえには、マックブックプロしかないのですから。

こんな感じですが、やはりMacはいいですね。ウインドウズは、なんですかあのウインドウマーク?あれを押すとクソな異次元にいきなり飛ばされたりして、馬鹿じゃないの?といつも思います。そうじゃないですか?あれはひどいと思います。

閑話休題です。スマートフォン、略してスマフォ(正しい略し方)ですが、やっぱりスマホ」はおかしいと思うのです。違いますかね?Smart Phoneなのですから、スマ「ホ」ではないはずです。hを略すな!!マイクロホン、イヤホン、なんていわないですよね?だから「スマフォ」だと思うのです。普及させたい。。

また閑話休題です。スマートフォンは、機種変更すればいいだけだと知りました。だから機種変更、略して機種変をすればいいいのですが。。やはり平日には行けそうもなく、時間もかかりそうなので、ドコモショップに昼休みに行くこともできません。なんとか遅刻するなりして行けないかと思い、上司様に話してみたことろ「駄目です!」とかいわれてしまいました。

「はい(心の声:氏ね)」なんてやはりなってしまいました。

 

しばらくスマフォのない生活になります。しかし、「回線契約のなくなった事実上のiPodと化したiPhone6」はあるのです。でもこれはもうディスプレイがあやしくおそらく短命の百合達(黒夢)になってしまうでしょう。

スマフォがない生活、というものはやはり悪くないです。電車ではおおよそ8割9割の人民らが、スマフォをひたすらに見ています。本を読む人は、ちょっとです。何を見ているのか、マナーなので見ないのですが、見てしまうときもあります。やはり、おそらくTwitterやLINE、あとはニュースなど。そして、多いのが、ゲームです。ギンギラギンにさりげなくない色づかいの、何やら神さま、ビックリマン的なマスコットがでてくるような・・。

でもまあ、自分もスマートフォンから音楽を聞いているので、同じようなものです。もうこれからは逃れられないのかなー諦めよう!とおもいます。が、基本的に多数派は自分の望むものではないのです。みんなと同じはイヤ!といういたい自分はずっと守っていこうと思います。

 

話は変わらないのですが、この間、自分は千葉にあるお茶の間ゲストハウスというところにとまりました。そこで「印象的な少女」に出会いました。

maemuki.hateblo.jp

17歳の女子高生が、お手伝いで来ていたのですが、彼女は、携帯電話、スマートフォンを持っていない、テレビも全く見ない、好きな芸能人はいない興味ない、インターネットも見ない。本は、料理が好きだから料理本を少し、友達はいる、アルバイトはスーパーのレジ打ち、給料は使わずに貯める、など。TwitterとかLINEとかInstagramやティック・トックも知らないしわからない、友達がやっているのは知っている、でも「好奇心は旺盛」との談、みたいな子でした。

彼女は、大人がスマートフォンをいじっているとき、ずっと上の方を見たり、そのあたりを見回して、「♪」みたいな感じでした。何も見ていないけど、何かは感じているんだと思います。そして、僕らのような大人に囲まれても、普通に受け答えができていました。まともな子でした。

自分も高校生のときには、まだ携帯電話ももちろんスマートフォンもなかった。テレビはボクは見ていたけど。ラジオも聞いていた。音楽も。でも、何を考えていたんだろう。スマートフォンやネットがない世界に確実にいたのです。ネットなど、そこで得られているもの、もちろんあります。しかし、果たして何かがそこにあったのだろうか?と考えてしまいました。

その女の子に、ボクはこう言いました「ネットとかテレビとかクソばっかりだから見なくていいよ!!」というと、「クソww」とクソに反応していました。そんな言葉、あまり聞かないのかもしれない。悪いことしました><

 

でも、実際に、クソばかりなことばかりだと思うのです。テレビもネットも。だけども、なくてはならないもの、だと思ったりもする。彼女の頭の中はどんな場所なんだろう?という「印象的な少女」でした。

よくわからなくなりました。スマートフォンは土曜日に復活予定です🔥

あしたもクソとの対峙をがんばります!!!