さわやかトラウマ日記

さわやかな音楽ブログです from 2004


さわやかでまえむきな人間になりたい男が
好きな「文化」を語る。
そんなブログです。from 2004yaer。

ファンレター&苦情はこちら kyopon2017@yahoo.co.jp



はじめての方へ!ブログ内リンク集はこちら!

このブログについて

このさわやかトラウマ日記は、個人にて非営利で運営をしているブログです!

2004年から、惰性感性が赴くままに続けてきてしまいました。。

自分は、普通の会社員です。特技趣味は音楽!を演奏することが本当なのですが、リスナーとして惰性感性のまま色々聴いていた結果が、このブログなんだと思います。

 

ブログの記事が多すぎて、カオスになってしまった気がしたので、初めてきた人、もっとまえむきさんのクソバカカオスを知りたいなという、け稀有な人にリンク集を設置しました!! 

 

それではよろしくお願いいたします。さわやかでまえむきなmaemukiより

 

続きを読む

Jaga Jazzist「Pyramid」形をつくらない線の中で人間はどう存在しているのか

f:id:maemuki:20200813142737j:plain

 

 人間とは何なのだろう。それは人間が行う創作の全ての原点であると考えている。世の皆がそう考えるべきだとも考えている。これは独善的ではなく普遍的なものだと言っても良い。

なぜ産まれてきて、そしてなぜ必ず死ぬのか。そしてなぜその2つに対して生を長らえているもの達は、その実感をその時に持てないのか。死ぬのはいつも他人ばかりなのは、いったい何故なのだろうか。

人において、生まれたこと、そして死ぬこと。そして生きていること。その「3つ」が真実なのだと思う。それらは線で繋がれていて、相互を成して形を作っていく。その3つの線が、土台となり、積み重なっていく。その形を具現化をしたかったのが、ピラミッドなのではないのだろうか。ピラミッドが何のために作られたのかわからないという。遺された物からも判別ができない、文字などにもされていないもの。

人は様々な想像を巡らせてきた。そしてそれが栄華にも繋がり、滅亡にもつながったしまった。しまうのだろう。

形をつくらない線。

Jaga Jazzistの「Pyramid」を聞いて、自分をこのような感想を持った。

冒頭の「Tomita」

www.youtube.com

でも存在している彼らの特徴である複数の楽器による、スラーなメロディが終始において漂うのは、規則的なリズムによって構成がされた、ある種のプリミティブな音楽ともいえるものへの答えなのだろう。総じてインストゥルメンタルであり、余計な言葉はここには想像しない。だからこそ、そこに出来た隙間にメロディの群がうごめき、変容をし、また漂っては散っていき、別の生き物になったかのようである。

今までのJaga Jazzistはある程度の構築がされていたと思う。それはリズムも、そして楽器の配置箇所とその配分も含めて。それは他との同調というのもあったのかもしれない。エレクトロニカのように、はたまたJAZZのように。しかしその「しがらみ」は悪いものではないのは確かだった。どこかにいるようなもの、というのはインストゥルメンタル音楽には必要だと思うから。

自分が書いていることは、もしかしたらとても抽象的なことなのかもしれない。けれども、決してこのアルバムの抽象性を説いているわけではないと言っておく。

例として2曲目の「Spiral Era」を挙げよう。

www.youtube.com

これは3連符のフレーズが土台となっていて、その上に空気の層が構築されているような音楽だ。わからないのだろうか。イメージが見えませんか。このイメージが。曲の意味は「らせん」と「時代」だと解釈している。とてもわかりやすい。螺旋となり人はいつの間にかその「三角」の中にいるということ。人とはそのようなものである、という冒頭に挙げた創作の原点も表しているのだろう。しかし、この無常感はなんだろう。人はしょせん螺旋の中に取り込まれている卑小な人間なのだという絶望すら感じさせるではないか。なんということなんだろう。Covid-19も当然の結果なのかもしれない。そう、人間は弱い、だから神が必要なのかもしれない。

3曲め「The Shrine」はそのタイトルの通りに「儀礼の場」を表すもの。確かに秘境の極匠民族が密林の中で時刻などは気にせずに、太陽の光の定めのままに火を見つめて執り行われるよう時に流れているかのような音楽である。確かにそうである。

しかし、宗教というものの主役は神ではない。決して神ではないとノーレリジョンな自分は思ってしまう。宗教の主役は信じるその人間たち。信じる人間たちが作り出した願望と妄想の結実であるのだと考える。そして、その歴史は人類の歴史とは決して重ならない。人類が生み出したものだからだ!

その証拠にこの曲には、原始的なものは排除されている。構築をするということを編み出してしまった人類の狡猾さが表れている。もし神がいるとすれば、それらを俯瞰をする立場でそれらを観察するということ。それができるのは神しかいないのだから。そんな距離感が、この「The Shrine」には表れている。

しょせん、人類は誰にも勝てない、人類の敵も理解者も他にはいないという諦めの舞踊なのかもしれない。

そして、新しい時代になった。その象徴がたった全4曲のこのアルバムのラスト「Apex」なのだと思う。20世紀に表れた新しい「神」の姿がここにある。それはコンピューターでありプログラミングでありインターネットである。それ以前とそれ以降で全てが変わってしまったことは、皆も認めることであろう。

コンピューターはプログラミングを通して、より人間に近づこうとしている。人工知能という、実は人間の手と脳が頼りであるteaching dataの積み重ねにしかすぎないものに、越されようとしている。超える超えない。資本主義社会経済においても欠かせないものになってしまった。そんな人間が作り出した愚かな輪の中に、この「Apex」は放り出されている「さま」を表現しているかのうようだ。でも、この音楽には言葉はありません。だから何が正解はわからない。プログラミングには必ず正解があるか、どうかはわからないけれど、時折バグを起こしたりして、重篤なインシデントは修正される。人間のような不能なものとは大違いなのだ。だから、人間は生と死とその間の、頼りない線、その3つの三角形の中で生きるしか無いのかもしれない。何も無くなっても、かならずあるもの。死。それはかならずあるのだ。輪廻転生も無い。輪が途切れたら、そこから外れてしまう。だから今はその輪の中を形成する一員として、入ればよいだけ。なのかもしれない。

終わり

 

 

 

ほ放浪に…行くかもも行きます…!


実は、自分には法定有給消化と、消え去る有給の消化も含めて10月15日までに13日ほど有給を取らなくてはいけないのです。法定は5日です。それ以上、もう2年以上働いて、あまり有給休暇は取っていなかったので、消え去る分もけっこうありました。

なんということなんだろう。

だったらもっと早く取っておけばよかったのに。海外とか行けたのに!

 

ほんとうにこの運のなさはすごいものだと思います。

狡猾にでも現実的にどこで休めるのかと考えたところ、9月の3週目に月火と2連休がありました。そこからスタートして13日。けい3週間になります。

 

3サン週間…。

こんなに長く公的に休める機会は、無いですよね。絶好の海外旅行のチャンスでした。。

 

こんなことばかり考えてしまいます。もう7年も海外に行けてないのです。悲しくて・・

www.youtube.com

悲しくて悲しくて とてもやりきれない♪です。。

東京の風景がすべて色あせてみえてしまいます。なんてつまらない建物ばかりなんだろう。色あせても、ミャンマーヤンゴンのような迫力のある色あせ方とは違うな…とか。

f:id:maemuki:20200804002119j:plain

もちろんローマフィレンチェベネチアとは…日本は街はキレイとかいうけど。。せめてキレイにしておかないと、建物がくそつまらないからそうなってるんだろう。。

f:id:maemuki:20200804002138j:plain

とか、かんがえてしまうんです。

ごめんなさい。自分は「住んでるところは全部ディスる」という性質があるのです。今、それが日本全体に向けられています。悲しくて仕方がないから。

 

日本を旅をするにしても、どこにも行きたいところが無いのです。でも、遠くには行きたい。。

この思いを晴らすには、ほ放浪しかないと思いました。

 

最初だけ決めて、あとはテキトーに。お金は無いので、節約をしつつ、移動をして。

目的も決めない。楽しくしたいとか考えたい。名所とかは見たいと思ったら行く。

そして、帰りたいときには帰ってくる。

 

そうしよう。

と、考えて…「予定は決めない」としていたのに、ある発見をしてしまいまいsた。

LCCが今、安いということです。名古屋から福岡が5000円とか!とりあえず生まれ故郷の名古屋に行って、福岡に行って、九州に…そして、福岡から札幌の便も安かったのです!

どうしよう。。楽しくなってきました!

 

10月は、在宅勤務になってもう1年になります。特に何もしなかった><1年ですが。

自分の人生とってとても大きな1年でした。ほとんど自分だけで過ごしたけど。

でも、やはり何もしないのはよくない!なんかしないと。

いつも同じ家にばかりいて、こんな感じのことばかり考えているので、場所を変えたら、なんとか別のことが出てくるかなーとも思ってます。旅の目的を見つけてしまった。。よかったです><

 

おわる

集団アイドル達よ!ワンギャルの「ヒロイン!その他大勢なんかじゃない」を聴け!

 

「その他大勢」

 

この言葉ほど、今のアイドルシーンを象徴するのにふさわしい言葉は無いのだろう。

 

「その他大勢」

 

今は、「その他大勢」がまた「その他大勢」となって

「その他の大勢アイドルがまたその他大勢」!となってしまっていることを、認めざるを得ない!

 

数人から数十人。ヘタすら数百人…コストパフォーマンスが重視されてる世の中では、仕方が無いことなのかもしれないけれども!

 

「始まりの方のメンバーは良かった・・」という集団アイドルにおける典型的なパターン(例:おニャン子クラブ)という典型例さえも無視しメンバー増殖!さらに集団アイドル自体も量産されて、実のないものとなってしまっている!集団がまた集団で来襲…なげかわしい。。

 

そんな集団「その他大勢アイドル」たちに送る曲があります★

それがワンギャル「ヒロイン!その他大勢なんかじゃない」です★★★★

f:id:maemuki:20200730151335j:plain

この曲を作ったのは、偉大なるプロデューサー作詞家作曲家であられるつんくさまです。リリースがされたのは2000年という、モーニング娘。の全盛期の頃です。つまり、もうモーニング娘も「その他大勢化」をしていた時なのであります。なんという矛盾。

しかし!その矛盾こそ芸能界そのもの…大人の世界はキビシイ!ということを教えてくれたんだと思います!!つんくさま最高!!

petitlyrics.com

 

その他大勢で終わる女じゃない!

絶対ない!!絶対ない!!絶対ない! 

 

これは、ワンギャル、本当は「ワンダフルガールズ」というTBSの深夜番組「ワンダフル」の今でいう「にぎやかし」セクシー系アイドルのようなアシスタントの女軍団にあてがわれた名前のグループでした。このその他大勢ソングは、記念すべきデビュー曲です。これぞ企画モノといった安っぽさ。。のような曲ですが。。。

 

もう発売から20年くらいたって、今のアイドルシーンがそのまま「その他大勢」になってしまったのです。さすがつんくさまです。ハロプロももうー全部「その他大勢」になってしまった現状がありますが?><

しかし、このようなつんくさまらしい美しい描写もあるのです。

その他大勢で終わる女じゃない!!

薔薇を着飾る かすみ草ではない!

絶対ない!!絶対ない!!絶対ない!! 

薔薇を着飾るかすみ草!!・・なんて美しい表現なんだろう。そして、なんて的確な表現なんだろう。。

 

薔薇をきかざるかすみ草。。美しい花びらと棘を纏った、花の世界の女王的な存在である薔薇。。誰もがそこに注目してしまう。。

それが美しく見えるのは、添えられた大量のかすみ草があるからなのかもしれない。でも、かすみ草の存在なんて、気にしないし、気にもされないのです。あっても良いけどなくても良い!キレイはキレイだけど目立たない。そんな…

存在なんですよ!集団アイドルは!!その他大勢なのです!!!

 

その後、この歌詞は「夢を見るのは無罪!でもその他大勢ではない!絶対無い!」という乾いたスクリームと過剰なアジテーションが繰り返されて、つんくさんらしいファンキーな曲調もあいまって、、そのお蔭で「その他大勢感」も強くなります。が、

やはりつんくさんらしい泣ける描写もありました。

少し落ち着いた感じのBメロにて。。

雨の日は 思い出す 田舎の両親

電話をしてみようかな

起きているかな?

 そうです。田舎の両親を雨の日に思い出す。すてきなことですよね。ご両親はアイドルとして都会に出て頑張っているかわいい娘さんのことを愛しく思っているはずです。

でもこんなことにもなるかもしれない。。

 

「お母さん、今度わたしテレビに出るんよー」

「ほんと?えみか!やったやん!母さんうれしいわぁ」

「うん・・ちょっとだけ、、かもしれないけど」

「いいよーちょっとでも。楽しみにしてるわあ  親戚のお母さんたちにも知らせないと!うれしいわあ」

放送日…えみかのグループの出演番組が放送された。しかし、、

「見たけど。。なあ、えみ映っとった??人いっぱいのグループやったから・・

出とったか直接えみかにきいてみるわ」

 

「えみちゃん?この前番組出とった?」

「・・・映ってたよ・・」

「え?」

「3秒くらい…ちょっとだけアップになった。でも、今回初めて選抜されたんだよ!事務所の人も推してくれて…ファンの人もツイッターで喜んでたし!3秒くらい映ってたねって。進歩したねって。やったね夢に近づいたねって。。ちょっとだけでも映っただけで凄いの!…えみ、すごく前向きになれたよ^^」

「ほんと……良かったね。でもそれでいいの?」

「ん?」

「アンタ、これじゃあその他大勢の女じゃない?」

 

「!!!!!・・・その他大勢で終わる女じゃない!絶対無い!!」

「えみちゃん、かえっておいで・・」

「薔薇を着飾るかすみ草じゃない!絶対無い!!!」

「ねえ、もう、帰っておいで・・」

 

実際、この歌を歌っていたワンギャルのみなさんがどうなったのか・・

ja.wikipedia.org

4期のメンバーがこの曲を出したようです。

f:id:maemuki:20200730173936p:plain

 ・・・ほんとうに失礼ですが、存じ上げない方たちばかりでした。。

つまり、その他大勢の女だったのです。もちろん今はそれぞれに素敵な人生を送っているのかもしれないです。芸能界だけが全てじゃないですから。

 

ワンギャル」といえば、その他大勢にはならなかった人もいます。それはただ一人だけ。その人は…

f:id:maemuki:20200730174153j:plain

 釈由美子さん。一流グラビアアイドルとして名を馳せた後は、女優としてドラマ「スカイ・ハイ」がヒット、映画化もされて、そしてバラエティ番組でも大活躍。出演したCMソング「釈お酌」では裏紅白歌合戦に連続ノミネートされるなど、歌手としても活動しているお方です。その他大勢では無いですよね。。

そしてワンギャルの初期メンバーでした。やはり「集団アイドルは初期じゃないと説」も立証されてしまっていたのです!なんということ…!!

ああ悲しい集団アイドル。その他大勢の女達…でも成功すると、いいですね!!いつか……!!

おわり!

計約285連休中ですが、7月4連休についてまとめました

さすがに4連休は長かったです。それがわかっていたので「人生変えちゃう4連休に」と考えていたのですが、結局は考えるだけになってしまいました。

考えることはけっこう得意なんです。計画を練ったりするのも。旅行、特に海外旅行となると、短い間にどこにいくかどうやっていくかどのようにしたら行けるのか、などを綿密に調べたりして、実行をしたりするのです。そんなことはできるのですが、いざ現実となると、計画を練るのも実行するのもだめなのです。自分にはまだまだ休養が必要なんだ、と数えて約285日めの連休である今でも、考えているのです。

まだまだ休養が必要な自分の連休1日目 7月23日(木)

この日は一日中雨でしたよね?だから何もしなかったです。部屋から出なかった。。

iPhoneの「ヘルスケア」というアプリで歩数が図れるのですが、今みたら、この日は歩数がゼロでした。。

f:id:maemuki:20200726235023j:plain

トホホ。。休養ができたとも思えないんですよね。部屋にいると。居心地が悪くて。

 

まだ休養が必要な連休1日目 7月24日(金)

髪が少し伸びて、自分は短くしているので、一般的にみたらまだ切らなくては良いのかもしれない伸び方なんですけど、とにかく髪を洗って濡れるのがイヤでイヤで…。短いとほんとうにラクなんですよ。短くしているのはオシャレとかではなくて、その理由だからです。めんどうくさい。長い人は大変ですよね…。

いつものBARBER YAMAMICHIさんを予約をして行きました。

barberyamamichi.tokyo

ひとまず新宿に向かい、連休なのにかなり人が少なくて…前日に今までより多いウィルス感染者が出たからかなあ〜しかし店などはやっている様子でした。

本当は「肉不足」を感じていたので、例の一人焼肉チェーン店に行ってみたら、開店時間直後だったためか、店に入っても電気が付いていなくて、やる気が感じられなかったので、出てきました。その代わりに、その辺りにあった回転寿司店に入りました。魚不足でもあったのと、今更ですがあまり食欲がなかったので軽いものを食べたくなったのです。矛盾していますよねでもそれが自分なのです。

「ひまわり寿司」というあまり聴いたことのない店でしたが、まあまあでした。はま寿司に行きたかったなあー

f:id:maemuki:20200726235407j:plain

鮭の3種盛り。これが一番美味しかった。

その後、御茶ノ水から淡路町に行き、理容室へ。御茶ノ水は落ち着く街です。千代田区に来ると心が落ち着くんですよね。千代田区文京区中央区だけで生きていきたいな。

それは「山手線の内側はさいこう」という思想のもとにあるのかもしれません。今はもちろん外側です くしょうー

f:id:maemuki:20200727000037j:plain

こんな感じで切ってもらいました。やはり腕がいいですね。しかし自分は痩せて余計に老けた老け込んだおじさんなんだという自覚は持っているんですよ ちくしょう

 

f:id:maemuki:20200727000840j:plain

この日は曇り空(ユーミンの名曲)でしたが、過ごしやすい気温だったので、散歩をしました。これは聖橋を超えたところで、何もない普通の風景を何となく撮りたかったんです。外出って楽しいなあやっぱり家はくそなにがステイホームでクショウと思っていたんだと思います。

f:id:maemuki:20200727001028j:plain

駅前で物産展みたいなのがやっていました。ジャムとかが沢山きれいに並べてあったり、美味しそうなみかんジュースがキンキンに冷えている!ということでしたので、買って飲みました。

f:id:maemuki:20200724151138j:plain

氷を詰めたクーラーボックスから出されたみかんジュースは、たしかに冷えてはいましたが、座って飲む場所を探している間にキンキン状態は脱していました。。伊方町という原発がある愛媛の南予地方にある町のみかんです。味は美味しかったですよ。愛媛の松山にも行ったことがあって、そこで食べたみかんかき氷とみかんジュースとみかんソフトクリームはとても美味しかった・・その辺りは、以下のこのブログより数倍もおもしろい「さわやかトラウマ一人旅日記」にあるので読んでくださいね

maemuki.hateblo.jp

まだまだ休養が必要な自分の連休3日目 7月25日(土)

この日も雨でしたよね。一日中yahooジャパンの天気を見て、雨雲レーダーで天気の行方を見ていました。何度も何度も。雨が上がった時もあったので、頃合いを見計らって、「濃厚ラーメンかなや」に行き、台湾まぜそばを食べました。

https://www.instagram.com/p/CDDql3dg73Z/

昼は濃厚ラーメンかなやで台湾まぜそばを食べました ニラ九条ネギ海苔という好物に鰹節粉と台湾ミンチに生卵をのせて濃厚タレとかき混ぜて…追い飯も入れて幸せ!しかしこの後ゲリラ豪雨スコールに遭いました…#かなや #ラーメン #まぜそば #ramen #ramennoodles

この日は、まともな朝食をとっていなかったといういいわけがあり、雨止みの中、行きました。味は上のとおり美味しかったです。でも、帰りにゲリラ豪雨に降られてしまいました。。罰を受けているような気持ちになってしまいました。やはりチクショウです。

もうずっと休養が必要だと感じた連休4日目 7月26日(日)

f:id:maemuki:20200726121325j:plain

昨日の成功体験をもとに、今日は東高円寺にある「103街区」というオムライス専門店に行きました。ここは「じゅん散歩」の東高円寺の回で知ったところです。目の前には癒やしの蚕糸の森公園があるところです。

tabelog.com

しかし、ここに行く前に黒い雲が迫ってきているのを感じました。戻ろうかと思ったのですが、行くと決めたら引けないタチなのです。雨に降られてもいこうオムライスオムライス!

こちらのシェフは何でも大使館やホテルの料理人だった方だのこと。すごいですよね。オムライスはたいめいけん的な生っぽい感じのものではなく、フワッとしていてでも固くない良い感じの焼き方だと感じました。デミグラスソースとトマトソースをミックスをした独特な味わいのソースが興味深い味でした。

そして帰りはゲリラ豪雨に合いました。が、ちょっとでした。もうこの程度は慣れてしまった感じです。

最後にーーー連休中に読んだ本「F式蘭丸」

f:id:maemuki:20200707145908j:plain

見てくださいこのすばらしい表紙の絵…!!大島弓子先生の「F式蘭丸」70年代の作品です。昔の少女漫画はやはりいいですね。絵がペンでガリガリ描いている感じがたまらないのと、いつも背景にお花があったりするのです。今は、空白とかですよね背景。コンクリートみたいなところで、プラスチックな恋愛ごっこ!ケッですよ。この「フロイト式蘭丸」と読む「F式蘭丸」はその名のとおり、フロイトの心理学に基づいた少女の空想の世界と現実が交差をするという、高度だけど可愛らしい作品なのです。美しい詩のようなモノローグも添えられて、ああ「マンガ」なんて言葉が悲しいくらいの作品なのですよほんとうに…!!やはり昭和は最高ですね!昭和産まれでよかった!ちなみに「F式蘭丸」は僕が生まれた年の作品です>< 終わり