さわやかでまえむきな人間になりたい男が
好きな「文化」を語る。
そんなブログです。from 2004yaer。

ファンレター&苦情はこちら kyopon2017@yahoo.co.jp



日本ではいつから、夕立ちのことを「ゲリラ豪雨」と呼ぶようになったのか

日本ではいつから、夕立ちのことを「ゲリラ豪雨」と呼ぶようになったのでしょうね?

「異常気象」の一端だとか言われていますが、普通のことだと思うのです。

現に、東南アジアでは、雨季は毎日「ゲリラ豪雨」なんですよ。バンコクとかこの時期は毎日天気予報は傘のマークがでていますが、それは「ゲリラ豪雨」が来る、ということで、一日中振り続けるものではないのです。

f:id:maemuki:20180814231342j:plain

バンコクのこんな冠水も日常茶飯事です。だいたい陽が落ちる前にくる「夕立」なので、街の人たちも別に、という感じで、止むのを待っています。雨の勢いは凄くて、でも災害はおきるということは、ありません。いつものこと。

バンコクに行く時は安いということもあり、いつも雨季に行っていました。午前や午後の早い時間は、外に出るのは、辛いので、ひたすらホテルの部屋や、プールで過ごすのです。プールでも暑いので、泳がずに、チェアで横になってのんびりしたり。ジュース頼んでのんだりしたり。イヤフォンでラクリマ・クリスティなんかを聴いて、過ごすのですよ。

そして日が暮れてきたら、サイアム地区のデパートで過ごすのです。買い物には興味はありませんが、僕が好きだったのは「マーブルクロン」という庶民的なデパートでした。

スターバックスで街を見ながら、豪雨がひたすら降りつづけるのも、楽しかった。また行きたいな。

 

「印象的なゲリラ豪雨」はお隣のミャンマーです。こちらも雨季まっさかりに行ったので、ゲリラ豪雨はありましたが、ミャンマーでは夜、深夜にありました。

寝ている時に、エアコンがバチっと切れたりして、「あ」と思うと、雨がざーざーひたすら屋根を打ち付けるのです。ミャンマーは電力が不安定で、常に懐中電灯を常備していました。それをつけて、外を見ても、何も見えない。街灯やら家の灯り、家が何もなかったりするのです。

インレー湖、という湖の上の水上ホテルに泊まったときにも、夜に「ゲリラ豪雨」がきました。

f:id:maemuki:20180814232053j:plain

こんな感じで、この後に雨が降るかなあと、雲が動くのじっとみたりしていました。

何もない、なにもない風景。ただそこに自然があるだけ。

ホテルは単独のコテージになっていて、木造でかなりもろく、夜の嵐の時にはユサユサと揺れたりして、かなり怖かった。

この時に見ることができた風景は、一生忘れないでしょう。ほんとうに美しかった。なので、これ一度だけでもいいかもしれない、とも何故か思ってしまいます。不思議ですよね。

 

f:id:maemuki:20180814232252j:plain

ミャンマーの最後の日も「ゲリラ豪雨」でした。このシュエダゴンパゴダという大きな仏塔のあるところ。ヤンゴンの人たちにとっては、とても大切なところのようです。

f:id:maemuki:20180814232237j:plain

ものすごい豪雨が振り始めて、みんなが屋根のあるところに避難していきます。そしてニコニコして、床に座って、談笑している風景。今でも忘れません。ほんとうに楽しそうで、時折、祈りも捧げたりしている。豪雨はやがて止むことがわかっているから、その時も動じたりしない。その時を、普通に楽しそうに過ごす。そういう瞬間を「ゲリラ豪雨」と下品な呼び方をする日本人は、悲しいな、と思ってしまいます。

頭を刈られ、特殊な女子人生について話しました

今日は有料頭狩り屋さんに、行きました。猛暑熱暑でしたが、有料頭狩り屋さんは、バスで降りてすぐのところにあるのです。

余裕を持ち、さっそくまずドトールでレタスドッグを食べました

https://www.instagram.com/p/BmU5xscHh0_/

愛しいドトールのレタスドックをたべましたアルバイト当時10年以上前(>_<)に比べるとレタスがおおくなり、おいしい黄色い謎のソースが激減!!たまたまかもしれませんね#ドトール#レタスドック#改悪

レタスドッグが変わっていて…10年以上たって、まったく違うもになっていました。レタスが大幅に増えたのは良いことですが、特徴であるよくわからないけどおいしい黄色いソースが、少ないのです。たまたまかもしれない、というのは、自分の経験からです。たまーに入れすぎの時とか少ない時とか。あったのです。「ミラノサンドA」はマヨネーズを「M」の形で書くという決まりがったので、大丈夫なのですが。。

そんな感じでいつもの銀座マツナガさんにお邪魔をして、今回はさっぱり切ってください!と意気込みました。いつもと違う個室フウののところでの施術となりました。

いつも担当をしてくれている、僕が書いた「ホットペッパービューティー」のクチコミに感動してくれた山道さんが担当してくれました。ほんとうに感じの良い方です。

f:id:maemuki:20180812012427j:plain

思い出残しのためにホットペッパーを貼り付けビューティーしますね



髪を刈られながら、またお話をたくさんしました。今の会社の話のことです。1ヶ月半しかたっていないのですが、ひととおり、また今の会社のことを話しました。

女性ばっかりなんですよーとか。今日はさらに自分の特殊な女性人生の話もしてしまいました。姉妹中高吹奏楽部で女ばっかり短大ピアノ科は女子100人に男3人。

など、まだあるんですけどね。そこは話しませんでした。せっかく今日は土曜なので、みなさんに補足してつたえますね。

高校時代、クラスに友達はいませんでしたが、当然女子とは仲良しでした。2人の女の子が僕の実家のペンションに泊まりにきてくれたりもしました。そして一緒にスキーもしたのです。僕が日曜日の強制参加の無料スキー教室のおかげで身につけられたスキーの滑りにも称賛の声をいただくなど、ふたりとも楽しんでいただけたようです。

さらに短期大学でも女子2人が埼玉からわざわざペンションさんびきのこぶたに泊まってくれました。この時は冬ではなく夏でした。茅野駅から母が送迎に行き、僕もつきあい、運転マナーの悪い運転手に母が「クソ!ばかやろう」とか言ったので、かなり二人がビビってしましたww

短期大学で一番仲良くしていた女子たちは、4人です。5人でいつも食堂の2回のところでひたすらだべっていました。女子があつまると、うわさ、悪口ばかり、というのは今日、山道さんにも説明をしましたが、この女子たちは、真面目な面もあり、ひたすらお気に入りの作曲家の話や先生とのレッスンの話などをしていました。すばらしい時だったなあ

あとは社会人になり、3人の女子とディズニーランドに行き、その後、京都へ1泊旅行もしました。あれも楽しかった。写真とかまだあるんですよ。良い思い出です。

一番、良いところを話せなかったので、またこんど話そうと思います。

 

しかし山道さんは改めて驚いていたようです。他の女子の方に「たかぎさんすごいんですよ女子人生が」なんて話してしまって「いやいや」「興味ありますね」なんて、ことになってしまいました。謙遜をし「いやいや女子についてわかったふりをしたらだめですよ」なんていうと「それは完全に女子の考え方です。高木さん完全に女子ですよ」なんて言われてしまいました🔥

そしてその女性の方に、ネイルケア1000円もやっていただきました。

https://www.instagram.com/p/BmU9lrqHZtK/

ネイルケアしました💅💎✨おじさんだけど🌋もんくあるか😠 #ネイルケア#ネイル #ネイル男子

ちょっと爪の切り方がきたなくて、今度はもっと投資をして爪皮の手入れもしてもらおうかな、でも、頭がかなり刈られてしまい、中性的から程遠くなりました。

なんだか「ロシア軍人」になった気分なので、そういうようにします。レーニン万歳!!!

おわり

【ROCK】BAND-MAID / start over ちゃんと演奏できて曲が作れる美しき「キワモノ」

www.youtube.com

 

f:id:maemuki:20180808232535j:plain

このまえツイッターマイミクシィの方が…教えてくれたBAND-MAIDのMVをどうぞ!

朝に、このバンドを紹介していたので、ちょっと気になっていたのです。ギターの小鳩さんが「ポッポー」とか言っていて、非常に痛々しく、ラリPだったときノリピーを思い出してしまいました。

が!このバンドのMVが紹介されて、その時はこの曲ではなかったのですが、演奏が上手くて、そしてボーカルもすごく迫力があり、メイドがへきへき(なつかしい)萌え萌え(最近は普通に使われてますよねこの言葉…)していない、かっこいいボーカルでした!

なんだろう、気になっていて、知ったのが「Start Over」です。いきなり流麗なピアノからはじまり、その後変拍子を含めて展開していくのですよ。HR/HMが売りのようで、他の曲ではすごい迫力の曲ばかり。

でも、メイドです。

オフィシャルサイトのプロフィールによると

20137月結成、同年8月に現在のラインナップとなる。

メイドの姿をした5人組ロック・バンドである。

~ありそうでなかった、メイドのバンドのガチロック~

衣装はメイド服で、ライブを『お給仕』、観客を『ご主人様』・『お嬢様』と呼び、メイドの世界観を演出する一方で、ビジュアルとは相反するハードなロック・サウンドを武器に観る人を魅了し、既に日本だけに留まらず、海外のご主人様、お嬢様にも熱狂的に受け入れられている。

 だそうですよ!けっこうわかりやすいですよね?

でも、メタルで、自分たちで作詞作曲編曲をしているのです。そして演奏もうまい。とくにドラムの子は天才だと、感じました!

ドラムというものは、才能がなくてはできないものだと、僕はわかります。なぜなら僕が才能がなかったから><ほんとうです。

でも、メイドなのです。

 

こういうもの、ロックやメタルをエンターテイメントとして昇華をする、有名な子たちがいますよね???大手芸能事務所が「企画」をした、グループのあの子たちです。あの子たちに罪はないのですが、あの子たちをひたすらに絶賛をして、自分に酔っているようなひとたちがひたすら気持ち悪くて、僕は好きではありません!!

そして、最近のくそつまらない日本のアイドル、男も女も!完全に韓国のアイドルに負けています。すべてが…追い抜かれてしまっているように感じていました。

日本が、韓国に対抗するには、バンド。実は韓国ではバンドはあまり活発ではないようです。「楽器を持たないパンクバンド」とか「楽器が弾けないヴィジュアル系バンド」なんてファックですよお!!!楽器持って氏ね!!!

 

そして、彼女たちから、音楽への真摯な愛が感じられました。楽器を通して、表現をする。自分たちで音楽を作り上げる。それがどんなに尊いことなのか!!?

なんて暑くなりました。

これこそが、エンターテイメントであると考えます。明らかに他と違う、でもわかりやすい。とくにバンド名!BAND-MAID!わかりやすい

でも、確固たるものがる彼女らこそ、美しき「キワモノ」である、とあえて評したいです!

 

おわり