さわやかでまえむきな人間になりたい男が
好きな「文化」を語る。
そんなブログです。from 2004yaer。

ファンレター&苦情はこちら kyopon2017@yahoo.co.jp



はじめての方へ!ブログ内リンク集はこちら!

このブログについて

このさわやかトラウマ日記は、個人にて非営利で運営をしているブログです!

 

ブログの記事が多すぎて、カオスになってしまった気がしたので、初めてきた人や、もっとまえむきさんのカオスを知りたいなという、け稀有な人にリンク集を設置しました!! 

 

それではよろしくお願いいたします。さわやかでまえむきなmaemukiより

 

続きを読む

【YouTube】幻のバンド SCARE CROWのデモテープ「My Home and Mother」を聴いた感想

www.youtube.com

f:id:maemuki:20200223233640j:plain

YouTubeに1年前にSCARE CROWの貴重なデモテープ「My Home and Mother」がアップロードされていました。これは1992年7月にリリースされたものです。

 

彼らの唯一の公式のアルバム「立春」は1994年11月にリリースされました。このデモテープがリリースされたのは、おおよそ二年前になりますね。SCARE CROWならびに「立春」については、下記の記事を参照ください。

maemuki.hatenablog.com

 

デモテープなので、A面とB面に分かれていたようです。Scare Crowについて非常にお詳しいブログ「ロック名盤レビュー【音楽ぶらり旅】」さんに詳細が書かれていましたので、収録曲について引用いたします。

(side A)
He stood in a field where barley grows
蜃気楼 02:40〜
Race Dance 5:19〜

(side B)
Concrete hole 12:05〜
鎖のついた銀のスプーン17:27〜
No imagination 19:47〜

http://blog.livedoor.jp/rock78/archives/5450161.html より引用

 

次作である「立春」と構成はとてもよく似ていました。美しいピアノのフレーズが使われるなどのインストを挟み、それぞれに個性のある曲が並べられていました。

が、その世界は全く異なるものです。「立春」が光、自然、のようなイメージがありました。イメージビデオも山と森林、などが主なモティーフのものでした。

「My Home and Mother」は、意図をしたのかはわからないけど、全く逆の世界です。ひたすらに闇の中だけを突き進んで、頓挫をして、それでもまだ闇へと落ちていくかのような作品だと感じました。

そして「立春」と「My Home and Mother」に共通をして言えることは、一回だけ聴いただけではわからないのではないか、という感想を聴き終えた後に思えたことです。

実際に、曲は複雑で、「立春」にはある、少しばかりの聴きやすさや美しさは、ここにはありません。あるのかもしれないけれども、あそこにはあった迷宮感が、今度は洞窟のような闇の中のようになっています。

1曲目「He stood in a field where barley grows」はサイコスリラー映画のオープニングのOSTが、エンディングでも流されるような、存在感のあるインストゥルメンタルの曲。ピアノが淡々と冷たさを表現して、美しい曲

2曲目「蜃気楼」はタイトルがそのままのような、まさにという曲なのかもしれない。ジャズ風味のイントロに惑わされて、このデモテープでは常にカオティックで宗教的な声をあげるヴォーカルいずみの声がおそろしくも美しい。

3曲目「Race Dance」は6分近い大作。一応の展開はあるのだが、ひたすらに同じメロディとバックが繰り返されるやはり儀式的な曲のように思える。反復されて行く中でもちろん展開はある。リズムを変えて、ギターも変えて。手練のギターとベースとドラムが、何かをどこかに引っ張っていく。ブレイクを挟んで、破壊的な間奏の後に、テンポを速めて、やはり同じフレーズが繰り返される。これをポストロックと表現したら良いのかもしれないけれども、おそらく1992年の当時には無かったからその形容は相応しくないのかもしれない。

4曲目「Concrete hole」は基幹となる部分のコード進行がどこかおかしくて、何度も繰り返されるけれども、実体がつかめない印象が面白い曲。ここでも呪術的ないずみのボーカルが響き渡る。そしてギターのフレーズのバリエーションの豊かさがさらなる彩りを添えていって凄い。どこまでも続いていく暗闇、だけど広い空間を感じてしまう。

5曲目「錆のついた銀のスプーン」は公園の子どもたちが遊んでいるようなサウンドスケープをモチーフにした、インストゥルメンタル。まるで坂本龍一のような抑制されたピアノのフレーズも出てくる。次作「立春」と同じような流れになっている。

6曲目ラスト「No imagination」疾走感を持ち、ディレイのかかったギターが続いていくのは、次作のラスト「美娼」と同じかもしれないが、今作らしく闇の中で光輝くような個性がある曲だと思う。途中、4分の4だったのが、3連符を用いた拍子に変わったりするのが面白い。この曲だけではなく、彼らの曲は、1度聞いただけではわからないものが多いと思う。ブレイクを挟んで、シークレットトラックのようなものもある。ここではスクリームでプログレッシブ、コンテンポラリーの風味の混沌を思わせて、作品は終わる。

 

立春」もそうだった。彼らの音楽は、何回聴いても、そこに新しい発見がある。入り組んでいる構成だからというわけではない。その音自体に、何らかの意味がそこに感じられるからだ。「立春」を聴いたのが、おおよそ20年以上前のことになるけれども、僕はSCARE CORWのような音楽が他に無いのだろうかとずっと探して続けていた。

 

それは見つからなかった。彼らが日本のバンドだということもあるのだろう。日本のバンドは総じてカッチリキッチリしている傾向があるのだと感じている。要するに、日本人らしいきめ細かな演出がそこにあるのだと思う。SCARE CROWはそのような日本人の体質が、本人たちが狙ってはいないのかもしれないけど、うまく表れていたバンドだと思う。なので、外国のバンドでは見つけられなかった。そして日本のバンドでも。

 この日本ではこのようなバンドは出てこないのかもしれない。いや、自分が知らないだけなのかもしれない。確実に言えることは「ヴィジュアル系」の範疇では、もう出てこないです。

彼らの音楽からは、売れるとか、この作品を売ってメジャーにとか、大衆に受け入れられたいとかカラオケで歌ってほしいとか、ライブで皆で合唱をしたいとか、動員を上げたいとか、そのような物がまったく感じられないです。要するに、プロ意識というもに欠けてしまっているのです。そして、さっさと解散をして、二度と再結成なども無いのでしょう。

もうスケアクロウは幻です。とうに無くなってしまった。

幻のバンドという言葉がふさわしいバンドに出会えてほんとうによかったと思います。

おわり


SCARE CROW - 立春 (FULL ALBUM)

 

しょっぱすぎる歌詞に涙  金澤朋子「黄色い線の内側で並んでお待ちください」【レビュー】

www.youtube.com

好きだったのに、すっかり興味が無くなってしまったJuice=Juice。でも金澤朋子さんだけは、別腹で愛おしく思っていたのです。いくら若いメンバーが増えても、いっさい関し無いその存在感…ハデな顔だち・・。

金澤朋子野太い声は、どんな曲でも異様な浮き立ち加減を見せてくれていて、やっぱり・・私はローズクオーツ…この世の全てがローズクオーツ…な女なんだなって。ずっと思っていました。 

maemuki.hatenablog.com

 六年前!からずっと・・。

そんなローズクオーツ金澤朋子のソロの曲がYouTubeに上がっていました。

「黄色い線の内側で並んでお待ちください」という、庶民的なタイトルに共感・・は特にしませんでした。でも、朋子さんも推定東武伊勢崎線、また宇都宮線上り列車に乗車をするなど、南方を目指す埼玉県民だということだというから、そのような苦悩もあるのだろうなーと感じました。電車がつらいワーーみたいな曲なのかな??と邪推をしたのですが。。

まず、作曲の共同クレジットに大物作編曲家の馬飼野康二大先生の名前がありました!これは期待できるなと。サウンドも、オーガニックなポップスの曲調とアレンジで、最近のハロプロのEDMというかもうDTMでしかない感じにもうたくさんだよーだったので、ホッとしました。

が、動画を見進めているうちに、ちょっとなあ…と思ってしまいました。

f:id:maemuki:20200222222116p:plain

まず、イントロでは、出勤途中かのようなお格好で「ちょっとウツだけど、今日もがんばるかな。はぁ」みたいな金澤朋子さまが見られるのですが、、。このスタイリングはどうなのでしょう。ちょっとださくないですかね。僕はそんなにオシャレってわけではないのですが…。評価の基準として、会社の女子らの普段ファッションコーデと比べると、やっぱりダサくねーかと思ってしまいました。。…まあでもそういう演出なのかなーと、自分フォローをしました。

その後、「だいじな自分だけの時間…だいすきなコーヒー。ああ、心地よい風。。」みたいな場面は素敵なくつろぎスタイルの金澤さんが見られました。こちらの方が可愛らしくて素敵ですよね。やはり怒りを鎮めておられるのだろうか。。なんて。

 

そして、テロップで表示される歌詞にはげしく違和感を感じてしまいました。

出だしがこうなっていました。

 

平和に生きれたら充分で 大きな夢はなくて

味気ないねと言われるけど 私はそれでいいの

 

波を立てずに逆らわずに ちゃんとルール守って

目立たなくても自分なりに世の中支えてるつもり

 

ごめんない。まずごめんなさい。「平和に生きれたら」というのは、原文ママなのです。「ら」が抜けています。。ら抜き言葉指摘なんて、どうでもいいかもしれない。

一応「生きれたら」は問題ないのか調べてみたのです。

まあ、やはり・・な感じですが。やはりどうでもいいです。

どうでもよくないのはこの曲の歌詞全般です。

上の歌詞の引用を見ていただければ分かる通り、この歌詞はかなり受動的であり厭世感であります。まるで枯れ果てくさった、ロストジェネレーション世代のあきらめの歌のようではないですが。私はロストジェネレーション直撃世代なので、こんな気持ちはよくわかりますが、それを若い子になぞってほしくなんてないのです。

そして、この歌詞のとても凄いところは、上の最初の引用部は最初のところなのですが、ここから最後まで、ずっと同じ感情だけで構成されています。タイトルの「黄色い線」もそのままです。そのとおりに言うこと聞いて電車にのるわーみたいな感じでした。それだけの曲なんです。

ここまでやると「これにはなにかダブル・ミーニングがあるのだろうか」「この金澤朋子のプチうつ振りにもなにか意図が」「深い意味があるのだろう、この意味のなさには」

なんて、考えてみたのです。でも、わかりませんでした。僕の頭がおかしいのかもしれない。また年を取ったので、感覚が衰えているのかもしれない。

僕の中の金澤朋子像は、この曲の歌詞と全く逆なのです。「味気ないなんて言われるけど」なんて、考えつきません。濃い、はずです。もちろんそれは実像ではないのかもしれませんが、でもでも、そういうものでしょうアイドルって。この曲のようなしょっぱい女は、こんなの、単なる誰にも愛されないくそつまんない女ですよね??違うかなあー。

 

・・・つんくさんだったら、この曲にどんな歌詞をつけたんだろう。もっと女の子の世界に寄り添った、なんでこんな気持ちがわかるんだろう?みたいな。生活の中で忘れていたことを、わかりやすいモティーフを使って、悲しみとか嬉しさとか幸せとか、いろんな風景を想像させるようなものになっていたのではないののかな、と考えてしました。

金澤朋子の歌は悪くないです。この曲の歌詞にもしかしたら共感をしているのかもしれない。それくらいの歌い込みがあると感じました。

でも、この歌詞のような人間にはなってほしくないです。これはフィクションだけど、フィクションだとしたら、もっと夢も見させてほしいのです。「私はローズクオーツ」のような、可愛らしくてカッコイイ金澤朋子が見たかった。です。

 

終わり

どうなんだろう、こんな毎日

毎日があっという間に過ぎるようになってしまった。抗えない流れに乗せられているような気がしてしまう。別に悪いことが何もない、いろいろ問題はあるけど別にいいや、そうだ別になんでもいいんだ、という楽観に満ちすぎている自分を少し、恥じてしまっている。

恥じというか、迷いもあるのかもしれない。文章を綴るということをあまりしなくなったのは、迷いというものが無くなったからなのかもしれない。

 

最近の自分は、発見をするということが無くなってしまったように感じる。音楽もあまり聴かなくなってしまった。もう自分の好きなものというものが、わからなくなってしまった。恥の上塗りで正直に書けば「何が好き」というより「何が嫌いで許せないか」という事を考えてしまっていることを告白する。いったい何がそんなに嫌いなのか、わからないけど、そんな事ばかり考えているような気がする。気がするだけなのだろうけど、その感情を打ち消すことはできない。

それは、懐古趣味にも起因するのだと思う。そして他人のレビューブログが新譜に満ちているという常識に、ついていけない自分を、やはり恥じているということもある。しかし、しかしときてしまう。自分はあまり音楽を知らない。聴いていない音楽がこの世にたくさんあるというのに、なぜ、大したことのない新譜を我慢して聴かなくてはいけないのだろうか。フレデリック・ショパンも、全曲把握をしていない。バラード4曲、スケルツォ4曲は特別に把握したけれども。それは「弾くのに挑戦したけどだめだった」という経験に基づくものがあるから。まだまだ、まだまだたくさんある。

最近は、ジャズ喫茶に通っていて、よく通っている。ジャズを聴くのがただ楽しくて週3くらいは行っている。この前はそこの帰り際に「いつもありがとうございます。」なんて言われてしまったほどに通っている。。しかし、自分はジャズというものを全く知らない。「何か好きなものをかけますか」なんて言われても、答えられなかった。

しかし、それは恥ではないとも感じている。知らないことは恥ではない。全く恥ずかしくないし、だったら、だったら新譜に興味が無くても問題ないと、思いませんか?自分はそう思いました。

 

ここで持ち出したらいけないことかもしれないけど、最近はヴィジュアル系バンドというものを、よく考えるようになってしまった。言いたいことは自分はリスナーとして超絶ラッキーだったと主張をしたいということ。ほんとうにラッキーだった。自分の人生の中でラッキーだったことが「ヴィジュアル系がはじまるまえからそっち系のリスナーだった」なんて、バカらしいことになってしまったことがかなしい。と告白をしたことが、過去に炎上をしてしまったけど。今に思うと「僕が思った」と書いて、何が悪いのだろう??ほんとうに不思議だ。自分がそう思うことさえだめなのだろうか?おそろしいおそろしい。だからまた主張をします「僕はヴィジュアル系リスナーとして超絶ラッキーだったと思います」だから満たされた!もー満足!ヴィジュアル系最高!だった!それは絶対に確か!

 

確かな事といえば、ドラマーさんとのセッションがとても楽しいということ。かけがえのないもの。他の誰にもできないことを2人でやっているということ。そして、2度と同じ曲が演奏ができないという即興ロマンス。でもそこに甘えず、もっと向上していこう!という共有もありました。なんて素晴らしいのだろう。この情熱の常識力を仕事とかで活かせないものだろうか。・・まあ、もう会社はいいです。そっちは達成感に満ちてしまいました!ほんとうに。日々楽しかった会社での日々を思い返せる。それだけでもう十分なのです。楽しかった楽しかった。ほんとうに。今は、別の場所で何かが楽しいそれでいいんだ。

迷いはなくなりました。来週は、このタイミングで息抜きに行ってきます!楽しみ!

おわり

【グルメ】最近食べた美味しいもの店をレビューしmす【肉豆腐!濃厚ラーメン!饂飩!BLT!!】

最近、自炊をさぼりがちで。。寒いスーパーマーケットに行くのが面倒くさいなどの言い訳のもとに、外食が増えてしまっています。節約しなくてはいけないのに。あまりお金も溜まっていません><自炊の効果は。。痩せたことくらいかな?少しだけですが。家の体重計が無くて、銭湯やスポーツジムの体重計に乗った時にしか測らないのですが、最近、また少し減っていました。でも、下腹は出ています><とほほ

><は控えめにして、最近食べたものをちゃんとレビューしますね

蛭子さん恵比寿の定食屋「こづち」肉豆腐はクリーミー絶品!

f:id:maemuki:20200214111547j:plain

恵比寿駅西口の前の通りにある、老舗定食屋「こづち」の肉豆腐の素晴らしさを伝えたいのです。ここはかつてランチに頑張って歩いて行っていたのです。肉豆腐が美味しいらしいという口コミ情報があり、にくどうふおいしそう!と思い素直に注文をしたのです。「肉豆腐定食」とかは無かったので、他の一品料理と合わせて、ご飯と一緒に注文しました。はじめて食べた時…豆腐を一口した時にはこここここれは!という気持ちになりました。深い大豆の味わいが濃くて、辛めに煮込まれた牛肉よりも味が強いような気がしたのです。ひとくちひとくち、その味わいは何度も繰り返されます。豆腐は軽いので、あっという間になくなってしまって悲しい思いがします。牛肉を突付きながらも、豆腐の軟い風味を思い返したり。。お値段はたしか210円くらい?かな。基本的に「こづち」は安い店です。日替わり定食は500円!サラリーマンの味方です。

お店の内装は「完全に昭和」です。愛しい店。お昼から夕過ぎまでしかやっていないので、あまり行けないのですが、恵比寿に寄る機会があったら行きたいお店です。

「濃厚豚骨ラーメン かなや」の黒豚骨ラーメンのニンニク油に恍惚!

f:id:maemuki:20200213190721j:plain

ramendb.supleks.jp

「かなや」は丸ノ内線のある種の最果て方南町環状七号線沿いにある、個人店のラーメン屋さんです。前に行ったことがあったのですが、最近美味しくなったという、これも口コミ情報を得て、再度行ってみました。普通のとんこつラーメンを食べたところ、とても美味しく感じたのです。濃厚とはいうものの、あっさりしていてくどくなく、でも物足りなさも無く。絶妙なバランスのラーメンでした。とんこつラーメンは濃すぎても薄くてもだめだと思うのです。

そして、「黒」のラーメンを食べてみようと、地獄の環七を自転車でひた走り向かいました。「黒」はスープを飲んだとたん「うまいうまままま」という気持ちが止まりませんでした。これ以上はない程のニンニクの香ばしい風味が口に広がったのです。自分はニンニクが好きなので、たまらなかった。です!さらに「赤」もあるので、また試してみます。また「台湾まぜそば」も評判が良いので、チャレンジしたいですね。深夜2時までやっているので。。今から行こうかな!!嘘です。

「濃厚肉汁うどん とこ井」の最高な激太うどん!ふろむ埼玉!!!

f:id:maemuki:20200214215609j:plain

f:id:maemuki:20200104120936j:plain
tabelog.com

 

家からすぐ近く近くなんだ!と自分に言い聞かせながら、かなりの努力を感じつつも向かう、悲しい夢の街、高円寺にあるうどん屋「とこ井」を紹介しますね。

サブカルシティ高円寺に憧れつつも、あまりお店とかを知らないという悲しみを払拭するために「高円寺ちょうさ」をしていた時に、この店のうどんの写真を発見したのです。このうどんのいじょうなふとさ・・・おいしそう・・・。さっそく涙の環七北上に務めました。

うどんは普通の太さの麺と、「極太麺」を選ぶことができて、「極太麺」のオプションとして、あの太すぎる「ひもかわ麺」をハーフで入れられると、並んでいる時に勉強をしました。「初めてなのに。。これは上級者向けなのでは」と思ったのですが、臆せずオーダーしました!「ひもかわ麺」はやはり太くそして厚みもあって、食べるのになかなか苦労をしてしまいました。が、やはり味わいは深く、ちょっと麺の色が黒いのは何だろう。独特に風味がするような気がしました。つけ汁は濃い甘い醤油の味でおいしい!オプションで揚茄子などを入れてみました。安かったです。

「極太麺」は食べやすくて、この方が麺としての体裁をなしているからか、歯ごたえのど越しを楽しむことができました。あまり食べ過ぎるのはよくないという自制心から、大盛りを注文しなかったことを悔やみながら、うどんをしっかり噛み締めて、食を終えました。出る頃にはもう大行列。並んで食べる価値はあると思いました!美味しかった!

僕の秘密基地!ジャズ喫茶の「BLTサンド」が思いもよらず🐴!!

f:id:maemuki:20200212142843j:plain

自分は何かに依存をしてしまう「へき」〜癖〜があってしまうのかもしれません。かつては品川にある「喫茶ダリ」に依存をしてしまい、そこに通える最後の日には、お店のウエイトレス、美人ウエイトレスさんとお話をしたりするほどでした😂それが今、このジャズ喫茶に依存をしつつあるのです。ここは最高です。もう住んで2年近くになるのに、見つけられなかったことを禿げしく後悔しました。まさに癒やしの場所!僕だけのサンクチュアリ!!…ごめんなさい。ここはいつも飲み物だけのオーダーだったのですが、軽食もあり、「BLTサンド」をオーダーしてみたのです。正直あまり…期待はしていなかったのですが、とても美味しかったんです!!

もう出てきたのを見ただけで、うまそうこれはあたりだ!と思いました。まずパンが焼いてある…これは普通なのかな?焼いてあると大きくても食べやすいですよね!そして綻ぶキュウリとトマトとレタスの新鮮さもわかりました!おいしそう!と、両手で掴んで、がんばって口に入れると。。一口一口が美味しさの渦につつまれました。まずパンが美味しい。それにベーコン(そんなに薄いタイプではなかった)と野菜達との美味しさのセッション!ああここはジャズ喫茶だ…なんて考えながら美味しく頂きました!更にここはジャズ喫茶なのにうどんのメニューもありました。。今度頼んでみます!

以上です。本当は、食パンについても書こうと思ったけど長くなったので終わりにします!おわり