さわやかでまえむきな人間になりたい男が
好きな「文化」を語る。
そんなブログです。from 2004yaer。

ファンレター&苦情はこちら kyopon2017@yahoo.co.jp



La'cryma Christiの再結成嬉しい♪

↑(イマルたんの記事)だけでは何なので。。。
いとしのラクリマクリスティが再結成!うれしー♪
前に書いたV-ROCK FESTIVALの1日目に出演するようですね♪
ラクリマクリスティ、好きなんです。
ラクリマクリスティ」なんと刹那的な響き。
ヴ!ィ!ジ!ュ!ア!ル!系! って感じです!!!!
な!に!そ!れ!こ!わ!い!→なんとなく併せてやってみました。。。


べ、別に「若い時好きだったカラ再結成してうれしいんでしょオッサン!昔話は苦手!本でも書いたら?オジサン!」ってワケでもないんだからね!このネタ(昔話は苦手〜)わかるひとも、もうオッサンだな。。。
その人達しかやっていない音楽が出来る人達は、本当に素晴らしいと思うのです。
だから、好きなのです。時代を超えて!
ここまで書いて、ぴーんとキタ方、そうです。僕はいわゆる「初期ラクリマ」のファンなのです。

Dwellers of a sand castle

Dwellers of a sand castle


本当はリメイクする前の「Warm Snow」の方が好きなのですが。。。そっちを最初に聴いたもので。。。
この「若手ヴィジュアル系(当時)」に全く相応しくない、オッサンくさいロマンチックなロック!
「プログレ」と簡単に済ませていた時代もありました。
でも本当に「ヨーロッパの昔のプログレ」と聴き比べるとなんか違う。
TAKAも「よく言われる」と言っていた日本の昔のバンド、NOVELAともちょっと違う。
神秘主義に走ったスクリャービンが、現代に蘇ってヴィジュアル系バンドを組んだかのような音楽。
うまく表現できないですね。結構な高みにこのミニアルバムはあると思うんですよね。
おっさん臭さが。。。
Sculpture of Time

Sculpture of Time


メジャーデビューアルバムにして、最高傑作!
先行シングル「Ivory trees」「南国」も、インディーズの頃の神秘主義的プログレシッブを残しつつ、新しい世界を広げていって最高です。「南国」に象徴されるように、世界を広げるために、南国方面へ広がっていきました。
この発想。。。ただものでは、ありません。
ふつう南国方面に広がっていくミュージシャンといえば、、、そう。オッサンです。
若いミュージシャンは普通、北へ、北へといくものなのです。
それがどうした、脇目もふらず南国路線を拡大し、ヴィジュアル界最初にして最後の「リゾート・ヴィジュアル・ロック」がここに完成されています。ありえない!
メンバーの素晴らしい演奏力も特筆すべきもの。
しかしなんといっても、ひたすら「ブルーズへの回帰とリゾート、そしてヴィジュアル系!」というものすごい無駄な努力を同調させるアルバムの曲たちが、わけがわからなくて最高なのです。
そよぐ風、木々のざわめき、小鳥のさすらい、きらめく水しぶき、TAKAとHIROの厚化粧、KOJIの薄化粧。。。
そんな情景が浮かんでくる音楽です。後半はいらないですね。
僕はタイのバンコクが好きでよく行くのですが、ホテルのプールサイドで寝転がる時にiPodでかける曲はかならず、ラクリマクリスティです。
「ふふっ 僕っていま、南国で、、、ラクリマ聴いてるんだ。。。へへっ」とか思ってます。きもい。きもいな自分>< おわた><
「リゾートといえば誰だ」と思い、他にも中原めいこ(君たちキウイパパイヤマンゴーだね、で有名な80年台のシンガーソングライターです)とか杉山清貴なんかも聴いてみたのですが、やっぱりリゾートといえば、ラクリマです。


と、ここまで書いてこの次のアルバムのレビューは無いな、と思ったあなた、正解です。
この2枚が強烈すぎて、「神秘とリゾート」以外のラクリマには興味が持てなくなったのです。
Lhasa」も悪くないのですが

magic theatre

magic theatre


あ、これだけは除外です。これは名盤です。
神秘とリゾートとかを超えた、珠玉の名曲が詰まった傑作ですね。
でも「雪になって消えた二人」のアレンジは好きじゃないなあ、ウォール・オブ・サウンドをはき違えてる。
普通に神秘とリゾートの頃のようなアレンジでよかったのに。
このアルバムは年齢相応?になり、「オッサン臭さ」は無くなりました。年を経て、オッサン臭くなくなるって
どういうことなんでしょう。
やっぱり変!


一番ショックだったのは、ギターのKOJIが「初期の頃のような音楽は5人でしかできなかった。あの頃の音楽は自分の誇り」と言って脱退したことでしょうか。「まさか自分と同じことをメンバーが思っているなんて」と思ったものです。
でも、そのKOJIも再加入?しての復活ですから、期待できますよね〜
何より、オッサン臭い音楽をやっていた人達が、解散時より更にオッサンになって帰ってきて、オッサン臭い音楽をやるのが楽しみなのです。後期のオッサン臭さはちょっと好きになれませんが。。。
いやーどうしうかなーV-ROCK FES
他のメンツに興味がわかない(Moi dix Moisくらいかなあ)ので、どうしようかと思っています。