読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
さわやかでまえむきな人間になりたい男が
好きな「文化」を語る。
そんなブログです。from 2004yaer。

ファンレター&苦情はこちら kyopon2017@yahoo.co.jp



【ヴィジュアル系】BAISER 全ては「華」を咲かせるためだった。全力レビュー第2回

 前回

maemuki.hatenablog.com

Terre

「Terre」1998年8月26日

前回のリリースからまた短めの間隔でリリースされたフル・アルバム!「ASH」以来のフルなので期待が高まります。ちょっと前回前々回はガッカリだったけど、上昇の兆しはあったので、少し期待。

1曲めはいつものBAISERの感じのテクノでインダストリアルなインスト!ゆかりんほんとにこういう好きだよね。この曲を聴いて「BAISER変わっちゃった」って思う人ってどうなんだろう。まさかブックオフで250円で買った「接吻」と「Terre」しか聴いてないってことないよね。

2曲目は「warth」

じゃなくて。「earth」ですよ!「で、で、でたー名盤だ」みたいな事書いてるのに…大事なヘッド曲なのに。おかしいなと思ったら、ネ申サイトグラスレでも間違えてた。グラスレはふかださんが涙の手打ちしてるけど、コピペしたのか?まあ僕だってグラスレからコピペするから。まあそれはいいですね。

「earth」は初めて聴いた時から気に入りました。「まわる〜まわる〜まわる〜まわる〜」というサビのメロディがまわるまわる〜

全体にサウンド、アレンジが向上し、ゆかりんの歌も良くなってるかも。曲は元から良いし、安心のV系サウンド(この頃からヴィジュアル系という言葉が頻繁に使われるようになりました。)タイトルが素敵な「phantasmagorla」神とは関係ない、しっとりしたミディアム・バラード。そして最後はお約束の発狂系「Martyr」意味は「犠牲者」とか「殉教者」とかそんな意味。なんか「メティラー」に読めるんだけど…気のせいかな?曲はメティラーとは程遠いプチ発狂系。まあまあかな。悪くないけど、そんなに「名盤」ではありません!ゆかりん大好き!(★★★)

La luna(98年10月リリース)

La luna

また短い間隔でリリースされたミニ・アルバム。とにかく売りたかったんでしょうね。そして売れたかった!そのせいかまた「くちづけ」が入ってる。この曲に賭けてたんでしょうね。アルバムの内容は、3歩進んで2歩下がるって感じかな。やっぱり音源乱発しすぎ。超絶メロディアス「Four Seasons」は好きです。(★★)

「psychoballet」98年11月リリース

 

psychobarret

psychobarret

 

 

ラスト・インディーズシングルになるのかな?この曲のPVがテレビ埼玉MXテレビで流れまくっていました。このサビのインパクト!「アン・ドゥ・トロワー♪アン・ドゥ・トロワー」頭から離れない!最後の転調もナイス!

カップリングの「Air」「Message」も割りと良い感じ。いつものBAISER。(★★★)

しかし、本番はこれから!

メジャーデビュー以降の華麗すぎる軌跡

なんとBAISERのメジャーデビューが決まったらしいと聴いて腰を抜かしました。誰でもデビューできるの?レコード会社はソニーやビクターではもちろん無く、「フォーチューン・レコード」という謎の会社。早速探りを入れたところ、BAISERの事務所(PENICILLIN、Media youthもいました)が設立したレコード会社なんですね。流通はソニー系列。ちゃんとした「メジャー」じゃないですか!!!!!一応・・・

 

「プリズム」(98年11月リリース)

 

プリズム

プリズム

 

 

しかし、一番に腰を抜かしたのは、そのクオリティ。

デビュー・シングル「プリズム」アニメ「ゴクドーくん漫遊記」のオープニング・ソングという凄いタイアップまで!当時タイアップは必須でした。しかも人気のある作品のオープニング・ソング!

そしてドキドキしながら「ゴクドーくん漫遊記」を見ました。

え?これBAISER?でもゆかりんの声だ!今までと違う!サウンド、メロディ、共に段違いだ!変わったんじゃなくて、進化した!「華のように棘のように 君は気まぐれで」という歌詞が印象的!作詞はゆかりんじゃなくて、森雪之丞大先生(Λuciferの基地外作詞&その他有名な曲が沢山の大御所)です!外部を柔軟に取り入れる発想!やっぱりゆかりん好き!曲はもちろんゆかりん。最高の夢見る明るいメロディ!ヴィジュアル系のメジャーデビューで一番良い曲だと思う

しかもカップリングの「セレネの微熱」これがまた名曲。もちろん作詞作曲はゆかりん!切な系のアップテンポ。メロディが極上。どこか気品も感じさせる。メガマソの曲がこれに似ていると話題になった。涼平くんもBAISER好きだったのかな。でもそこまで似ているわけでもない。涼平くんも好きだからOK!

8センチシングルの「プリズム」もう手に入りづらいけど、まあようt(以下略 是非聴いてみてほしい!(★★★★★)

「エンジェル」(99年8月リリース)

エンジェル

エンジェル

 

 

「プリズム」は何かの間違いだったに違いない。いつものベーゼに戻ってるはず!しかし、やはりBAISERは進化していた…アップテンポの爽やかな曲調で「天使」を歌うゆかりん。エンジェルってゆかりんの事だろ。とにかく素晴らしい!

カップリング「パンドラの箱」は昔っぽい曲!でもサウンドもボーカルも良くなってるので新鮮にきける。ああ「エンジェル」良い曲だ・・(★★★★★)

 

「毒」(99年10月リリース)

毒

 

 

また短い間隔で、アルバム「華」の先行シングルとしてリリースされた曲。「毒」ってシンプルでいいね!ガラスの仮面の「毒・・・!」を思い出しました。

「次こそ外すに違いない!」と別の期待を胸にこの曲を聴きました。もうしつこいけど、やっぱりゆかりん天才!これまでの明るく前向き爽やか路線とは違って、ダークでマイナー調でアップテンポ。「BAISER」の「毒」ってだけを聞くと「うわつまんなそうな曲」って思うでしょ?超ポップでやみつきになるダーク曲!はあ(★★★★★)

 

「華」( 99年11月リリース)

www.amazon.co.jp

f:id:maemuki:20151209231842j:plain

そして・・・いよいよやってきたラスト・アルバム(涙)このアルバムにも入っている「プリズム」「エンジェル」「毒」全部良かったので、もう普通に期待していた。

やはりシングルが良かったっていうのもあるのか、シングル曲を含めてどれも良い!

とくにローソン限定でリリースされたらしい「フローラ」この曲…ゆかりんゆかりん!爽やかなメロディ、爽快感のある曲調!こんなに素晴らしい曲聴いたことがない。「出会いはガラスの華 思い出が幻でも 繰り返す運命の 華が咲くように」

という歌い出しからして、最高。華が咲いてる!ずっと前から何故かひたすら聴き続けてきたバンド。「なんだこれ」と思って、聴かない時期、「もう買うのは止めよう」と思った事もありました。でもそれは全て「華」のためだった。華が咲いた…涙が出るではなく時間を経た、深い深い感動がそこにあった。ありがとうBAISER。(★★★★★★★★★)

この「ペガサス」という「エンジェル系」のシングルをリリースして解散したBAISER。こちらは名曲ですが、レビューは割愛します。ゆかりん愛してる。

 

何故今更BAISERなの?

こんな感動的な終わりの後に蛇足ですが、何故BAISERの事を書いたのかというと、ちゃんと理由があるんです。物事には理由というものが必ずあるのです。

実はこの「さわやかトラウマ日記」のライバルとみなしているブログがあるんです。その人がBAISERの「Terre」のレビューを書いていらして、それを見たら衝動的に自分も書きたくなったんです。そのブログの内容はひd、素晴らしすぎて!

内容は良いとして、事実誤認が沢山…その点は前回に書いたので見て下さいね。

 

なぜこの人がライバルなのか?それも理由があるんです。

この方、漫画家さんらしくて、フォロワーが3万人くらいいらっしゃるんです。

しかもこの前、LUNA SEAのネタで9千リツイート!

これですね!

f:id:maemuki:20151204052157j:plain

あれ?どこかで見たような。

 

maemuki.hatenablog.com

 あれ?

まあでもLUNA SEAファンにとっては定番のネタだし、塾がなんとかっていう小ネタは僕のところには無いし、別に気にしないでいたのですが、9000リツイートか‥と考えてしまいます。僕のブログもそれくらいのポテンシャルが…なんて思ってみたりして。

それにこの「9000リツイートもされるなんて、俺にはヴィジュアル系を伝える才能がある」と思ったのか、ヴィジュアル系のブログを始めたんです!つまりライバルですよ!でも今のところ一番面白い記事はNMB48ライブレポートですよ!さすがトラウマ日記に通じる!ライバルというより仲良くなれるかも?そんなあなたに最後にこの曲を捧げます!

cali≠gari もちろんご存知ですよね!そんな彼らの曲です。歌詞とブログの内容は無関係です!


cali≠gari - 187 - YouTube