さわやかでまえむきな人間になりたい男が
好きな「文化」を語る。
そんなブログです。from 2004yaer。

ファンレター&苦情はこちら kyopon2017@yahoo.co.jp



MIYAVI 「ヴィジュアル系」から最も華麗なる脱走を果たした男。

f:id:maemuki:20180309230926j:plain

www.sankei.com

MIYAVIが国連難民高等弁務官事務所のイベントで、親善大使として、ギターを難民と共に演奏した。このニュースを知った時、僕は驚きました。ワールドワイドな活躍をしている、ということが本当だということが本当にわかったからです。

もう「ヴィジュアル系」「元ヴィジュアル系」で括られるようなことが本当になくなった、必要がなくなったんだ、ということも感じました。

 

凄いです。

そして今HONDAのCMで流れている曲が、MIYAVIの既発表の曲だったということも、今知りました。凄いです。

www.youtube.com

www.youtube.com

彼は「サムライ・ギタリスト」という冠の元に、様々なところ、それは「ミュージックステーション」のようなそして「紅白歌合戦」のようなところでも。

そこで必ず「ギターが凄い」と話題になる。実力だけでここまで這い上がってきた。

 

凄いです。高田馬場AREAにてDué_le_quartzでライブをしていたヴィジュアル系バンドマンが、ここまで一人で成功を収めた。

 

彼は、当時から、スターでした。加入したDué_le_quartzが「PSカンパニー」に所属して、人気が出たのも、MIYAVIがいたからです。視線は常に彼に注がれいたように思います。そのスター性の強さがバンドの解散に繋がったのかな、と僕は思いました。

その後、どうなるのか。行く先は厳しかった。彼の歌声はソロのボーカリスト、JPOP的な歌い上げる曲には、向いていないものと僕は感じました。仕方ないです。

「ギタリストなのに歌わなければいけない」という戸惑いもあったと思います。

 

彼を評価する声が、聞こえたきたのは、ファンや一般人からではなく、ミュージシャン達からでした。そしていろんなところに「呼ばれる」ようになった。それが積み重なった。

 

テレビでアコースティックギターで披露した「スラップ奏法」と「タッピング」

パーカッシブなアプローチはこれまでにないものでした。斬新です。

そしてテレビでも取り上げられるようになった。

 

そしてその時は、「歌」を歌っていなかった。歌がなくても評価される。ギタリストして評価された。

歌がない、ということは、言葉がない。言葉の壁がなくなるのです。

そして、アコースティックギターということは、PAがいらない。ギター一本あれば、どこでもライブができる。例えば電気が通っていない紛争地域でも、演奏ができるのです。

 

もう一つ大事なことがあります。

歌番組で出ていた彼を見て僕は思いました。「なんてカッコイイんだろう」と!

 

まず身長が185cn、やはり映えます。そんなに身長が高いイメージがなかったのですが、それは顔が驚くほどに小さいからだと気づきました。並んでいる他のアーティスト、アイドル達に勝ってました。

そして醸し出す雰囲気は、普通のギタリストではそれではありません。

 

そうです。彼は「ヴィジュアル系」の出身なのです。もうかつてのようなメイクはしていないのに、そこに表れてしまう。

そこが凄いと感じました。

 

もう時代は変わった、というより、海外に近づけた。その象徴がMIYAVIだと言っていいと思います。

ギタリストが無理をして歌わなくても、曲にあったヴォーカリストに歌ってもらえばいい。そしてサウンドメイキングに集中したらいい。

そして「ヒット曲」というものがなくてもいい。オリコン1位とかではなくてもいい。CDなんて売れなくてもいいのです!

 

更に、俳優としてもまた活動をするようです。問題ないと思います。俳優というものは、そこに立っているだけでもいい、ものだと思います。他の人に出せないものが、彼にはあると思います。

 

終わり。