さわやかでまえむきな人間になりたい男が
好きな「文化」を語る。
そんなブログです。from 2004yaer。

ファンレター&苦情はこちら kyopon2017@yahoo.co.jp



【書評】「ラオスにいったい、何があるというんですか?」村上春樹

こんばんわーーーーーーーー

ーーーが多いのは鬱の証拠ですーーーー

ーーーーなんかーーーーーいいですねーーーーーー

遠いーー遠いところへーーー繋がっているみたいーーー

 

遠いところへ行きたいどこか遠いところへ

あの空の彼方へ行きたいなー

このブログの真の歌姫森高千里様の名曲「風に吹かれて」(オリコン1位)の歌詞ですねー本当に良い曲だな〜ほんとうに遠いところへ行きたいですーー

というのもわたくし、当面「自然が美しい都道府県ランキング」「県民が幸せそうな県ランキング」で上位を占める、聖なる地NA・GA・NOに抑留、いや滞在が決まりそうです。

毒の地、悪なる東京へなど、帰りたくなかったのでちょうどいいです。

長野さいこー!佐久さいこー!佐久鯉佐久鯉佐久へ来い!(CMでやってました)

佐久は最高です!なんてったって日本で唯一の「モン・サン・ミッシェル公認の教会」があるんですよ!!

www.youtube.com

モンサンミッシェルのウエディングを、佐久で!

これがテレビから流れて来た時は「嫌だ嫌だ遠いところへ逃げよう」と思いました。

しかもちょうどお友達がリアル・モンサンミッシェルへ旅行中で、Instagramにその画像を上げていて「まじ格差ーー」とうつになったりして、ハッピーな毎日です><

 

今日は、村上春樹の「ラオスに一体何があるというんですか?」の書評です。

私達の佐久には図書館があって、たとえ市内でも気軽にはいけない気高い離地にあるのですが、お車ですと気軽に行ける距離です。僕は免許がないのですが><

そこで借りたのがこの「ラオスに一体何があるというんですか?」です

 

 僕はビビっときました。タイトルを見て。

まず前に書いたような気がしますが、村上春樹の紀行文は好きでした。

しかもラオス!実は僕は・・・ラオスに行ったことが!あります!自慢です!!

maemukiバブル期」のころ、「バンコク行きすぎて飽きちゃったぁ〜新しいところどっかいこうかなぁ〜」と思って行ったのがラオスです。ルアンプラバン。世界遺産の街…。素敵…。自然と寺院に癒やされる・・って感じです!くされOLですね。そんな過去の自分がうらやましー

そこでノーベル賞別に欲しくなさそうなのにファンが騒いでるかわいそうな村上春樹さんが、紀行文を書く!こりゃー読みがいありそうですよ!

でも、開いて最初は「ボストンで暮らした時の話」でした。あら、と思うとラオスに関してはいくつかある中の1項目で、ほんと一部分でした。

他にはフィンランドアイスランドポートランド、ニューヨーク、ギリシャなどなど。素晴らしいところ、金持ちの匂いがプンプンする感じで、タイトルを「一体なんでラオスがタイトルになっているんですか?」と変えたほうがいいかもしれないような、内容です。

とにかく彼が真の「リア充」であることが、端々に感じ取れます。世界的に著名な作家。アメリカの田舎街でもサインを求められて、向かう場所はオフィシャルなガイドがついたり。

また、グルメです。真のグルメ。文章でその美味しさが伝わってきます。ほんとうに美味しそう。世界各地の美味しい物の特徴が手にとるように描写されてます。

また、ネコ好きです。どの街にいってもネコが気になるようで、その土地のネコからその土地の歴史や民族まで推し量るという高知能っぷり。でもネコが甘えてくると嬉しいみたいで、奥様が嫉妬するほどとのこと。なんだよ幸せそう。リア充だなはるきん。

 

冒頭はマラソンで有名な「ボストン」なのですが、その風景の描写の見事なこと。

見たことがないけれども、鮮やかな風景が浮かんできます。写真よりも伝わってくるかもしれません。また、意外にアスリートであり、旅行した各地でジョギングに挑んでいます。それは職業柄運動不足になりがち、ということで毎朝のジョギングは怠らない。そこで見る風景も美しいとのこと。あーなんて作家的!

 

肝心のラオスのところですが、まるで旅行ガイドのようですが、「◯◯行って楽しかった」というよる「◯◯行って楽しかったと思うためにはこうしろ」というような、完全に上から目線、何だか逆ギレのような文章で、面白かったです。

そしてラオスが「世界最貧国」だと認めながら、ルアンブラパンで過ごしたのは最高級ホテル。そこで優雅に読書をする姿も本にありました。

f:id:maemuki:20170213212932j:plain

この他にもはるきんのキュートなフォト満載で、春キチにはたまらないですね!

前に読んだ村上春樹の紀行文「辺境 近境」よりまともなところを旅しているので(前はメキシコの僻地とか村上家所有の無人島とかメチャクチャでした)なので、純粋に楽しく読めます。特にアイスランドの項目は興味深いです。世界から一番離れた国。火山の国。あー行ってみたいなー

感想はその一言につきます。

僕は旅行記が好きです。だってそこに行った気になれるから。その人がその地で感じたこと。旅行という特殊な状況で何を思って、何を見たのか。とても楽しいです。

そして楽しいのが、自分が書いた旅行記です。

というわけで宣伝ですー

maemuki.hateblo.jp

すみません。

といわけで当面夢見る乙女状態継続なので、どんどん更新しますよーーー

あと「おやすみプーランク」もよろしくです!みんなの大好きなクラシックのブログです!!

poulenc.hatenablog.com

ではどもです。