さわやかでまえむきな人間になりたい男が
好きな「文化」を語る。
そんなブログです。from 2004yaer。

ファンレター&苦情はこちら kyopon2017@yahoo.co.jp



【ROCK】BAND-MAID / start over ちゃんと演奏できて曲が作れる美しき「キワモノ」

www.youtube.com

 

f:id:maemuki:20180808232535j:plain

このまえツイッターマイミクシィの方が…教えてくれたBAND-MAIDのMVをどうぞ!

朝に、このバンドを紹介していたので、ちょっと気になっていたのです。ギターの小鳩さんが「ポッポー」とか言っていて、非常に痛々しく、ラリPだったときノリピーを思い出してしまいました。

が!このバンドのMVが紹介されて、その時はこの曲ではなかったのですが、演奏が上手くて、そしてボーカルもすごく迫力があり、メイドがへきへき(なつかしい)萌え萌え(最近は普通に使われてますよねこの言葉…)していない、かっこいいボーカルでした!

なんだろう、気になっていて、知ったのが「Start Over」です。いきなり流麗なピアノからはじまり、その後変拍子を含めて展開していくのですよ。HR/HMが売りのようで、他の曲ではすごい迫力の曲ばかり。

でも、メイドです。

オフィシャルサイトのプロフィールによると

20137月結成、同年8月に現在のラインナップとなる。

メイドの姿をした5人組ロック・バンドである。

~ありそうでなかった、メイドのバンドのガチロック~

衣装はメイド服で、ライブを『お給仕』、観客を『ご主人様』・『お嬢様』と呼び、メイドの世界観を演出する一方で、ビジュアルとは相反するハードなロック・サウンドを武器に観る人を魅了し、既に日本だけに留まらず、海外のご主人様、お嬢様にも熱狂的に受け入れられている。

 だそうですよ!けっこうわかりやすいですよね?

でも、メタルで、自分たちで作詞作曲編曲をしているのです。そして演奏もうまい。とくにドラムの子は天才だと、感じました!

ドラムというものは、才能がなくてはできないものだと、僕はわかります。なぜなら僕が才能がなかったから><ほんとうです。

でも、メイドなのです。

 

こういうもの、ロックやメタルをエンターテイメントとして昇華をする、有名な子たちがいますよね???大手芸能事務所が「企画」をした、グループのあの子たちです。あの子たちに罪はないのですが、あの子たちをひたすらに絶賛をして、自分に酔っているようなひとたちがひたすら気持ち悪くて、僕は好きではありません!!

そして、最近のくそつまらない日本のアイドル、男も女も!完全に韓国のアイドルに負けています。すべてが…追い抜かれてしまっているように感じていました。

日本が、韓国に対抗するには、バンド。実は韓国ではバンドはあまり活発ではないようです。「楽器を持たないパンクバンド」とか「楽器が弾けないヴィジュアル系バンド」なんてファックですよお!!!楽器持って氏ね!!!

 

そして、彼女たちから、音楽への真摯な愛が感じられました。楽器を通して、表現をする。自分たちで音楽を作り上げる。それがどんなに尊いことなのか!!?

なんて暑くなりました。

これこそが、エンターテイメントであると考えます。明らかに他と違う、でもわかりやすい。とくにバンド名!BAND-MAID!わかりやすい

でも、確固たるものがる彼女らこそ、美しき「キワモノ」である、とあえて評したいです!

 

おわり