読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
さわやかでまえむきな人間になりたい男が
好きな「文化」を語る。
そんなブログです。from 2004yaer。

ファンレター&苦情はこちら kyopon2017@yahoo.co.jp



【テレビの感想】「奪い愛、冬」の予想もつかなかった・・程のつまらなさ!

テレビの感想

「奪い愛、冬」について、世間がどう思っているのか、わかりません。

でも、最終回を、いや、その前くらいから、あまりにつまらなくて、イライラしました。ドロキュンだぁ?なーにがドロきゅんだぁ〜!ばかやろー!

 

全てが予測通りの展開。「次はこう来るのかな」と適当に予想していたら、その通りのことが繰り広げられて、「あら、まさかまた次はこうかな」と思っていたら、またその通りに展開していく!悪夢のよう!なんだこれは〜

「昼ドラを意識している」とのことでした。

だから「昼ドラみたいなんだ〜無職の時によく見てたから、楽しみだな〜昼ドラ面白かったな〜真珠夫人とか牡丹と薔薇とか。はるちゃんとか!なつかしいな〜でも最近みてないなーまた無職なのにーっていうかもう昼ドラやってなかったーー坂上忍が威張っているクソ番組の時間になってたー」

とか考えてしまうのです。だから、期待していたのに・・・

 

脚本は「嫁がブス」ということを売りにした大物テレビマン鈴木おさむさん。過去にドラマの脚本もやっているようですが、大ヒットと言えるものはなく、その作品に漂う芳醇な「お金の薫り」に一瞬期待したのですが、やはり「なんとなく受けそうだからてきとうにやってみたよどう美幸いいでしょ」「サイコー!ごはんおいしー」みたいな感じでしたよ。

 

全部全部、全部が今までみたことあるような、陳腐などろどろばかりです!

たとえば倉科カナ演じる光を憎んだ3人組女がLINEで終結されて集まるのです。「何をやるのかな」と思ったら、硯で墨を擦りだします。「彼女の大切なもの・・それは母親」とか誰かが言い出して、光の母親が営んでいる貧乏くさい食堂に、「この家の娘は淫乱です」みたいな事を書いた紙を店の外側に張り尽くすのです。

なんて・・・・衝撃的な・・・・までに・・・つまらないんでしょう。

このあと光がかけつけて、撤去を手伝い、母が「私はこんなことでは負けない」と貧乏くさい食堂で、光を励まします。このドラマで貧乏くさい場面はここだけだったので、印象に残っているのです。他はありえない金持ちの生活が描かれていました。

やはりテレビマンは儲かるのでしょうか。

 

あれ、「奪い愛、冬」の話でしたね。

これは愛という言葉あるように、ラブ・ストーリーなのです。

主役は倉科カナ演じる光で、この人を中心に「奪い愛」が始まるのですが、光とイケメン大谷涼平さんがくっついたりはなれたり、くっついたりはなれたり、そして光を好きな三浦翔平(ジュノンボーイのバーニング)がその度にくるったり、そして初ヒール役で話題を集めた水野美紀さん。この人たちが中心です。

 

倉科カナが「しんさん・・・」と涙をする場面で必ず流れる「冬のソナタ」みたいな音楽がかかります。あきらかに意識してます。「冬ソナファン」に見てほしいのでしょうか。その頃の冬ソナファンは23時にはもう起きていないと思います。「あ、そろそろ来るぞ」

と思っていると「しんさん・・・」タラララ〜♪みたいな。

ジュノン翔平くんは、激しい嫉妬心からか頭がおかしくなった、頭がおかしくなったような演技を全力しています。目をひん剥いて、どこを見ているかわからないような目をして、物にあたったりします。バーーン!そしてぎゃー!!わかりやすーい!純粋!結局、なんでそんなに光に固執するのか、見えなかったです。でも、なんとか自分をおかしく見せようとするそのことに固執していることはよく伝わったのです。

それでいいんでしょうか・・

 

そして「逃げるは恥だが、役に立つ」(逃げ恥とは略しません)でブレイクした、韓国からの逆輸入俳優、R・オータニさんですが、この方、このドラマで演技していたのでしょうか?いつも同じようなセリフと同じような表情で、そういう役だったのかもしれません。見せ所はシャワーシーン。ある意味昼ドラっぽいと思います。なんだか可愛そうです。大谷亮平という名のお人形・・・。そういえば「逃げるは恥だが、役に立つ」もあんまり大したことない役だったような。間のCMがほうが目立ってましたね。

 

そして水飲み器さん、まちがえた水野美紀さん。初ヒールとのことで「まかせて」って感じでした。確かにすごかったです。でも、そんなに怖くなかったのです。その前のクールで水野美紀さんが出演した「黒い十人の女」での、「空気の読めない売れないアングラ女優」の役のほうが怖かったです。あれは本当に怖かったです。「遙かなるサンフランシスコ」という全く意味がわからない劇の上映のために命をかけて、そして不倫。よくわからない。よくわからない方がこわいのです。よくわかるこわさより、よくわからない、というほうがとってもこわい、そして魅力的なのです。

 

全体的にこのドラマは、「わかりやすすぎ」たのです。全てが予測された動きで、それが予測された結果を呼び込む。脚本家の「鈴木おさむ」さんはこのドラマで何がしたかったのでしょうか。もしかして、続編、または映画化、そして本にして出版してウハウハ。浅い浅い考えしかみえないのです。

 

「誰も予想もしなかった結末」との煽りがあったような最終回ですが、もちろん予測できました。

「これは!」と思ったのは、ジュノンの翔平さんにセクシーに迫る元AKB48チームBの秋元才加さんです。すごく、すごく気持ち悪かった・・・ほんとに・・・

秋元才加さんはインタビューで「翔平くんのファンに申し訳ない」と言ってましたが、むしろ「翔平くんに申し訳ない」と言ったほうが好感度が上がったのではないでしょうか。すごくトラウマです。さやかのセクシーな指のうごき・・・さやかのさそった目・・・まるで・・・ケモノ!ケモノです!ジュノン君かわいそう><

 

脇役といえば、翔平くんをひたむきに愛するダレノガレ明美。特筆すべきこともなく、普通の役でした。ドラマの撮影は大変だったと思います。そして連続ドラマに出られたことは良かったことだと思いますが、こういうつまらない役をやっている彼女が可愛そうで、こっちの現実のほうが残酷だと考えてしまいます。

おそらく「潜在的ライバル&漢字カタカナ名前系」のトリンドル玲奈が見せた「黒い十人の女」のBBA(ババア)強烈連呼にはとうてい及ばない、哀しい現実です。美しい愛の物語なのに、BBA連発に負けるなんて。。

 

そして最終回は、別に病気にならなくても常にいつも死にそうな顔をしていた「しんさん」が亡くなるという、フツーの結末でした。

そして水飲み器さん演じる蘭の足・・・しんさんを話さない理由になっていたその足の怪我は・・・嘘だったのです!まさか!そんな!しょうげきーー

なわけないでしょう。本当に勘弁してほしいです。もしかして、なめられているんでしょうか?と思ってしまいました。こんなもんじゃ満足しません!

 

昼ドラを意識するなら「たわしコロッケ」「財布ステーキ」くらいのことをやってほしいのです!全てが自然に流れていったドラマだったので、ある意味癒やされました。

これは皮肉ではありません。僕の貴重な時間を奪った、あなたへの愛。。。です。

 

いい加減腹たってきたのでおわりにします!!

【完全に入り込みレビュー】竜くんが好きで病んじゃったえみかがレビューするよ 有村竜太朗「デも/demo」

Plastic Tree 有村竜太朗 完全に入り込みレビュー

 

デも/demo(初回生産限定盤B)(DVD付)

デも/demo(初回生産限定盤B)(DVD付)

 

 

みなさんこんばんわ。

お久しぶりです。花小金井えみかです。

花子鐘異えみかとしますね。竜くん風です。

竜くん。シューゲイザー・バンドの「Plastic Tree」のボーカル竜くん。

ほんとうにwikiepediaの「シューゲイザー・バンド一覧」にあったの。Plastic Treeが。さすがだわ。つまりPlastic Treeヴィジュアル系バンドじゃないの!SHOXXとかフールズメイトによく載ってたけど、違うの!

えみか、シューゲが好き。シューゲって、シュー(SHOES)を見てる(GAZE)ってことだって。みんな、知ってるよね。ごめんね。知らない。意識が離れて 離れて散っていった 置き去りのえみか 置き去りの竜くん。

 

シューゲが好きといっても、あまり知らないの。マイブラくらいしかしらないの。マイブラは新木場AGEHAでライブみたけど、幻だったのかもしれない。

それにえみかは今、フラスコの底に閉じ込められてるから。情報遮断状態人形なの。でも、知ってるの。竜くんが囁いてくれたら。「マイブラで十分だよ じゅうぶん。だよ」って暗い声で囁いてくれたの。

「竜くん、マイブラだよね。やっぱり、2曲めの【浮融】は「Lovelessだよね。えみかわかったよありがとう。でもね、竜くん、えみかはマイブラは「Strawberry Wine」しか受け付けないの。ごめんね」

「君が 離れていく 見えなくなる どうして 気づいたら憂い 憂い」

「ごめんね竜くん。あと日本のシューゲイザーバンドで一番好きなのは、Plastic Treeじゃなくて、ルミナスオレンジなの。ごめんね。だから3曲めの「魔似事」はちょっとルミナスの2ndぽくてよかったかもごめんね」

「会えないんだし 知らないでいいよ」

「どうしてそんなこというの 哀しいな。竜くんはいつでも暗い声だったね。でも、初めて君を聴いた浦和ナルシスが出したオムニバス『漆黒のシンフォニー』の時は、暗いっていうか、ジキルのタスクさんのモノマネみたいだったね。EBYちゃんも当時言ってたよね。格好も似ているって。後でプロデュースしてもらった人だよね」

「まちがいだって まねごとだって」

「ごめんね。竜ちゃん。でもその後は突然変異して、『奇妙な果実』からはずっと今と変わらない同じ暗い声だよね。ありがとう。ほら、月が見えるよ。えみかがいるところは花小金井から遠くはなれたところなの。どこだと思う」

「気にかけてよ ほっておいてよ めんどくさい」

「ひどいね竜ちゃん。バイバイ。竜ちゃん。全部リセットだよ。人生にはリセットボタンはないけど、電源オフはあるんだよ」

「・・・」

「竜ちゃん寝ちゃったの?」

「・・・zzz」

「寝ちゃったんだね。いま、月が堕ちたのに。」

 

えみかも寝ちゃおう。えみかは猫になるの。夢だとねこになるの。

黒猫かと思うけど、茶色の猫なの。拾い子で行き場がないの。だから公園にいくの。

そこで、防止をかぶったお兄さんがいるの。「青が痛い」って泣いているの。

話かけるけど、一方的に叫んでるの。暗い声で。内容はよくわからないの。だからにゃあってなくんだけど、人間とは会話できないの。これは悲しい夢なのかな。えみかは今猫なの。猫は本能があるの。だからはつかねずみつかまえちゃうの。そしたら、笑ってくれたの。暗い声のお兄さん。これは夢なんだって。最悪な夢なんだ。でもずっと続いたらいいのに。

 

ミセス・オズモンドが扉を叩きました。

わたしは目を覚ましました。「鍵をお開け!えみか!」

「鍵なんてないわ」私は言いました。「鍵がかかっているわよ。それが何よりの証拠よ。いいから開けて」

「開けないよ。これは鍵じゃないの。時計なのよ。回っているから。回っているの。時計は止まらないで回るの」

「鍵をかけているのね」

「そう、鍵をかけているの。」

「わかったわ。きいてちょうだい。今日、あなたの部屋の窓の横に、黒い猫が死んでいるのが見つかったわ」

「・・・」

「後で、自分が戻ったら、埋めて上げて。」

「はい」

「いいこね。えみか。」

 

気づくと、私は病院にいました。

身体じゅうに何かが付けられて、動くことができません。しかし周りの人たちは真摯にそれらを推し進めました。そして耳栓を私を耳に入れて、「動かずにじっとしていてください。20分ほどでしょう。音がしますので、すこし我慢してください」と言って、離れていきました。右から左から、ガシャンガシャン、そして下からブーーっという音が鳴る。ずっとそうでした。

 

私はなんでこんなめにあっているのだろう。そう思っていました。これは夢なのか、現実なのか。わからない。夢だったらいい。夢だったら、いつでも好きな世界にいられるから。幻想。幻想が全て。覚めないで。覚めないでいいよ。消さないでいいよ。

 

「おつかれさまです」

その声で私は還った。

また、ひとりの自分が死んでしまった。

それは毎日続く。

 

おわりです。

 

maemuki.hatenablog.com

maemuki.hatenablog.com

maemuki.hatenablog.com

 

 

【随筆】もう何も信じない

随筆

僕は何も信じていません。

それは、一般的な人たちが信じている、話題のネタにしていることです。

例えば「血液型による人格判定」

 

ありえません。

人間の血液型は3つだけ。それで3つだけで人格がわけられるなんて

ありえないのに。

「え?まえむきさんA型なんだ〜わたしぃABのひとと気があうんだよね〜わたしはB型ですうえへへ」

みたなくそな会話をするくそ女がよくいます。

「うわー 出た血液型くそ女」

と内心思いつつも、「ふーんそうなんだ」と軽くいなします。

 

そしてもっと理解できないのが「星座占い」です。

朝の、あの呪わしき「今日の貴方の運勢ランキング」に代表される、腹の立つでっちあげ、一部の人がテキトーに書いた妄想で、人の判断を占うのです。

占いというものが、ほんとうの実態に存在しているなんて、信じている人がいるということが、信じられません。

占い、というものは、他でお金を稼ぐ術がない、または占いとされていることが上手くできた人がやるもの、生活のための手段なのです。金儲けのためのものなのです。

占いに基づいた「◯◯学」みたいなのものに対して「何百年の歴史」がある、とされていたとしても、それは「詐欺のノウハウ」を詰めた込んだ、HOW TO本に過ぎないのです。

 

テレビの朝の番組の「今日の運勢ランキング」は、怪しげな占い師の名前の人がクレジットされています。「今日のラッキーアイテムはカレー」「アンラッキーは双子座のあなた」

こんなのをどうやって、思いついているのか。

それは、適当に書いているだけなのです。占い、なんてものは、適当に言っているだけなのです。「この人の占い当たる」なんていうのは、単なるトリック、または商業主義的な裏のあるもの。真実ではない。

 

大体天体の星の「座」がなぜ人格や人生に影響するのでしょう。

「宇宙」とか言っておけばなんても通用すると考えているからです。「宇宙」は謎なので、何いってもあり。だから、性格や生き様にも関係する。関係なんかしません。

 

そういうものを信じないというのは、自分には「信仰心」が全く無いからなのかもしれません。

神様が本当にいたら、もっと幸せになっていたかもしれない。でもなっていないのです。誰もを救うような神様じゃなかったら、いても意味がない。そして殺し合いをしている宗教もある、ということを考えると、やはりくだらない。

そして個人を崇拝する宗教、現存している人を崇拝している「新宗教」は最も恐ろしいです。マルチ商法と同じです。汚らわしい、恐ろしい存在。

 

何も、信じないのです。何も。

でも、親友に「5月生まれは淋しがりだっていうよね。そういえばまえむきくんもさみしがりだね」と言われて

「そうかもしれない」と思いました。

「でも僕は最後の日だから、あと1日でさみしがりじゃなくなったかもしれないから」

と言い訳をしました。

 

その他、水商売(イオン水とか水素水とか)とか、本厄後厄前厄、マルチ商法ネットワークビジネス、すべての占い、全ての信仰、全ての迷信、全ての言い伝え、全てを信じません!

俺は孤独です!わるいか!

終わりです。

【再開のお知らせ】嬉し涙が悲しくてまた涙

随筆

どうです。このタイトル。

難解を極めているような気がします。

そして、底なしの混迷があるような、そんな気持ちを起こさせるようです。

申し訳ありません。

 

嬉し涙、ということは、嬉しいことがあったのです。

それは、実はなんと、実はなんと

先日の「停止宣言」のブログを書いて、各種SNSに共有をした直後に起きました。

電話が来ました。

住宅供給公社からでした。二分の一の確率で抽選となっていたのですが、その相手が辞退したのこと。つまり、当選しました。

一度、近くを通っただけで、行ったことはないマンションでしたが、そこが良いと思ったので、申し込んだところ、受かりました。

よかった。と思ったのです。

 

そして、しばらくがたち、両親と共に、その「当たった家」を見に行ったのです。

セブンイレブンが真後ろにあるということを発見しましたが、行ってみると

そこはまるで、東南アジアの貧困地帯にあるようなみすぼらしい建築物に、壁に落書きと、それを消そうした後が沢山、沢山ありました。

4階までは、階段です。

その階段の幅の狭さ。昭和の本当の良い時が来る前に立てたられたものです。貧しい時代に立てられたものは、やはり全てが貧しいんだ。と実感しました。

やっと思いで4階に辿り着きました。この日は中には入れませんでしたが、玄関のドアから中を覗き見できました。今となってはそれはいいんだろうかと、思うのですが。

そして高台(きつい坂の上)ということ、4階ということもあり、眺めは良い、ようでした。部屋に入ってみたわけではありません。

 

そして、思いもかけないことが起きました。

「上田で2,3万くらいで部屋が借りられるなんて知らなかった」と父が言い出したのです。「見てみようか」と言ってくれました。

さっそく不動産屋に電話して、話をきいて、そのアパートを見に行きました。

 

そして、僕は「ここがいい」と思ったのです。少なくとも、前の公営住宅よりは。

 

みなさんは、普通の街、あるいは普通の田舎にお住まいだと思います。

僕が今いるところは、普通の田舎ではありません。

それは幼い頃もそうでした。

その環境がいやでいやで、いわば東京に逃げてきたのに。

今はその状況に置かれている。

 

ここでの生活の辛さは、その環境に起因するものだけはありません。

襲ってくる自己嫌悪、孤独、後悔、いろんなものが

たったひとりの自分に襲ってくる。

 

この戦いに負けてはいけないけど、明けない闇に負けて

ブログなどを休もうと思っていたのですが、

止めた途端に状況が好転した。

 

だから、それはいいことだと。思うのです。

 

本日は、その新しい部屋の審査結果の伝達があり、問題なく通ったとのこと。

よかったです。

 

ここで、この別荘で、優雅に親の金でこのまま暮らすこともできました。

しかし、僕が今、求めているのは自己承認、他者との接触なのです。

そして、働くこと。お金を貯めて、東京に帰ることのなのです。

 

それが、叶う日がきたのです。

蛭子能収さんが「人生で大切なのは自由と金」と言っていました。

僕には自由がありません。一日中やることがなくて、音楽聴いたり、ピアノ弾いたり、やり放題なのに。自由がない。車がないと、どこにもいけないから。なにもないから。

 

そしてお金もありません。もう全然ないのです。お金は大事です。母は今日お金の話ばかりしていて、うんざりしましたが、つまらないことですが事実なのです。

 

それでもまた今日、ひとりになって、ほろほろ泣いてしまいました。

そして、それが嬉し涙だと、気づいたのです。

そして、なんでそんなに嬉しいのか。なぜここにいることが、それだけ苦しくなってしまったのか、悲しいです。そして泣いてしまいます。

 

引っ越しが急だったので、もしかしたらしばらくはブログの更新できないかもしれません。

しかし「ネットカフェ」が歩いていけるところにありました。

なんて皮肉なんでしょう。佐久の「ネットカフェ」に親に車で連れっていってもらって、久々のPCに苦戦して、何も更新も閲覧もできなかった。その時を思い出します。

今では歩いていけるところに住めるようになる。

ばかばかしいと思うかもしれません。

みなさんに共感してもらおうなんておもわないです。

 

当たり前だと思ったことが、全てそうではなくなった。

そして、一人で行動することができなくなった。

こういう状況にある人は、他にいるのでしょうか?

 

こんななかでも僕を支えたくれた人、その心にすごく感謝しています。

東京で幸せに暮らしているのに、心の片隅で、いつも僕のことを思ってくれた。気遣ってくれた。

ありがたくて、仕方がないのです。

この記事もそのひとたちのために書いているのです。

 

僕はうれしくてないています。

ずっとずっと悲しくて涙が止まらなかった。

 

しかし涙は終結しました。The End of tears

僕は、普通の人間に戻ります。

普通の、普通の人間に。

 

まずは・・・職探しです><

そしてブログ更新も再開します。

 

みなさんここまで読んでくれた人はありがとう!

 

しばらくブログ、SNSへの投稿を休みます

これ以上続けても

哀れな自分を出してしまうだけ

 

もう少し状況がよくなるまで

ひきこもります

 

よろしくお願いします