読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
さわやかでまえむきな人間になりたい男が
好きな「文化」を語る。
そんなブログです。from 2004yaer。

ファンレター&苦情はこちら kyopon2017@yahoo.co.jp



【ヴィジュアル系】ROUAGE「ROUAGE」曲の世界に完全に入り込んでレビューするブログ

みなさんこんばんわ。花小金井えみかです。

皆さん年始年末はどう過ごされました?えみかは彼氏も今はいないので、花小金井ではない場所の家で、テレビを見たり、音楽を聴いたりしてました。

Mステスペシャル、紅白…。アイドルが多くて、えみか滝沢くんの「愛・革命」以外のアイドルには興味ないの。

あ、X JAPANのMステSPは素晴らしかった。さすがヴィジュアル系の始祖ね。まさかこんな素晴らしいパフォーマンスが今、テレビで見られるなんて、信じられない!と思って、MステSPの「X」ではヘドバンカマしたわ!家族もいるのもおかまないなしよ!だって身体が熱いんだもの!かまってられないわ!

そしたら母は無言で台所に行って、父は首を横に振って部屋を出て行ったわ。フンだ。父は来生たかおとか好きなのよ。正統派ポップスね!やだやだオヤジくさいわ!

最後は「YOSHIKI様ぁ~?」って咲いたわ。しかも3回連続。ハートも飛ばした。あら?Xって咲き禁かしら?もしライブに行ったら気をつけなきゃ。

 

アイドル以外でもなんか「2人で乗り越えて頑張ろう!明るく元気に頑張ろう!」みたいな曲が多くてウンザリ。それに自分を良く見せたいみたいな無難な曲が多いの。広告代理店に受けそうな曲ってことね。トンでもないわ!

本当の音楽ってのは汚い自分の本性を曝け出さないと。そう、それこそ現実。いえ、非現実?わからない…そんな時えみかはこのアルバムを聴きます。

 

ROUAGEの「ROUAGE 

ルアージュ

ルアージュ

 

 

f:id:maemuki:20160109231213j:plain

これよ!!!!!!

ROUAGE (アルバム) - Wikipedia

このアルバムは1994年にインディーズでリリースされた、ROUAGEの記念すべき1stアルバム。

この頃はベースがKAIKI様。ROUAGEは解散した名古屋のネ申バンドSilver RoseのリーダーだったKAIKIが名古屋の若手有望株を集めて結成されたバンドなの。

メジャーデビュー決定後、なぜか謎の理由で脱退。そして福岡のWITH SEXYに加入。今でもこのヴィジュアル系界隈には関わってるの。偉大よね~

 

KAIKI様のゴリ押しったら凄かったわ!KAIKIっていうより円盤屋かしら?SHOXXにも広告がバンバン出てたわ。「Silk」っていうシングルがまず出て、写真が毎月バンバン!しかも写真見たら全員美形!特にKAIKI様!インターネットの無い時代、試聴も無い時代。「聴いたことないけど、これは売れる!」って写真だけで思うのよ。無理もないでしょう?

そしたらアルバムが出るって。早速買いました!

一聴して、これはデザビエ以来のやらかし?って、正直その時は思ったの。クオリティが低いな。って。でもこの後、ROUAGEはメジャーデビューして比較的長い時間をかけて、どんどんクオリティを高めていったの。世間の評価も高かった。華々しく解散したと思う。

改めて、この「ROUAGE」を聴くと…アレ?最高じゃないの!これぞヴィジュアル系だと思ったの。演奏はまあまあギター以外は上手いけど、なんとも言えない味わいのある狂った曲達。そしてアレなKAZUSHIのボーカル。狂気に満ちている!

 

1曲目「シ・ク・マ・レ・タ・ト・キ」は、まあインストみたいなものね。歯車(ROUAGEの意味)が回り出すような不思議な雰囲気のシンセのインスト。シ・ク・マ・レ・タ・ト・キが始まったのね…と、ぽわわーとしてるとKAZUSHI様の声で「死ンデシマエバイイ」って聴こえてきたと思ったら間髪入れず2曲目の「Function」へ!

 

デデデッデッデッ!デデデッデッデッ!っていうフレーズが延々と鳴り響く。なんか殺人マシーンが自分に向かって来るみたいなフレーズ!殺される!さっきの「死ンデシマエバイイ」ってえみかを殺しにきたの?やめて!

デデデッデッデッ!デデデッデッデッ!デデデッデッデッ!デデデッデッデッ!

曲はこのデデデを中心に進んでいくわ。狂気のギターソロもあるの。ジャーン(Em)ミソシシーソーミー ジャーン(Em) ミソシシソミってEmのコードそのままじゃないの!狂ってるわ!

 

3曲め「めざめのうたげ」イントロからハイスピードで「タンタンタンタン」というヴィジュアル系独特のコアなリズムでアゲアゲ。でも最初の歌い出しで更なる衝撃が…

歌詞カードには「I hear somabody countdown」って書いてあるんだけど「あい ひあ さむばでぃ かうんだうん」って聴こえるの。カタカナ英語を超えたひらがな英語ね!はっ!だからタイトルも「目覚めの宴」じゃなくて「めざめのうたげ」なのね!深すぎ…KAZUSHI様愛してる。

 

4曲め「Cry For The Moon」は代表曲ともいえる名曲ね。解散まで、ライブでも定番だった。

えみかの気持ちそのままの歌詞に泣きそうになる。タイトルは「叶えられない事を願う」って意味ね。「頬に伝う雫は 何を僕に伝えてるの?」えみかが泣いてるのバレちゃった?ソレは…哀しみとせつなさよ!あ〜あ~ 

曲も詩もわかりやすい名曲よ

www.youtube.com

。メジャー時にセルフカバーしてたけど、個人的にインディーズの方が好き。

 

6曲め「hide and seek」はノリやすいテンポの曲だけど、起伏の無いボーカルラインに謎の歌詞。そしてセリフ…・。

KAZUSHI様が低い声で何やら呟くの。

「絶望を知りすぎた フェミニストが支配する 痛みにあふれた世界の中で」

「僕は消されていく…虚像の中へ…」

「あなたは僕を隠す…虚像の中へ…」

 

曲は「かくれんぼ」をモチーフに、虚像の中でお互いをごまかし合う二人が描かれてる。

最終的にどうなるのかよくわからないけど…でもえみかは気づいた。

歌い出しの「息を潜めて 殺めた双子を 巧みに隠す 心見つけて」の意味がやっとわかったの。殺めた双子、それはKAZUSHI様とえみかの事なのね!終わらない死という永遠のかくれんぼ。でもえみかはKAZUSHI様を見つけてみせる。太陽が昇る前に…ギャーーーー!

 

8曲目Pa・ra・no・i・a」もライブの定番曲。最後にギャーあり。全体的に4拍子と3拍子が入り乱れてツタツタの名古屋系っぽい曲。カッコイイ曲!

そして、意味不明な歌詞。いきなり「月も無い砂丘 ”クツを止めてよ”」という難易度の高いフレーズが痺れるわ。全体的にほんと意味不明なの。曲もなんだか不安定なコード進行でパラノイアになっちゃいそう。パラノイアになる前に、歌詞を分析してみたわ!

歌詞:http://j-lyric.net/artist/a004c3f/l00407b.html

 

f:id:maemuki:20160109232310p:plain

どう?

わかった?

えみかはわかったの。この図を見て、理解したの。でもさっきから変な妄想が浮かぶの。四角形で細かく。おかしいわ!おかしいの。

え、これが、Pranoia mosaicなの?????パーラノイアモザーーーーイーク!!!!!!

 

そしてラスト「Creation -審判-」へ。歌が始まったと思ったら、3拍子になるの。歌詞が意味不明だわ。よくわからないけど、審判は下るんらしい。誰?残された二人?

君と僕?

曲の途中から謎のカウントダウンがサビの「ラランランランラ」に併せて、謳われるの。これが「あいひあ さむばでぃ かうんだうん」のかうんだうんの事かしら?深い!深いわルアージュ。その後、ラランランランラに併せて、赤ちゃんのような声で

 

曲の最後は呟くように歌われる「ラランランランラ」にあわせて、例の赤ちゃん的な声で

 

ここは

どこ?

君は

誰?

僕は…

 

 

と呟かれて曲は終わり。

えみかも終わり。ここはどこ?君は誰?審判は下されたの。KAZUSHIとえみかも終わりなの。

だからこのアルバム・レビューもここで終わり。

 

このアルバムなんとメジャーで再発されてるの!

ROUAGE -312604806-

ROUAGE -312604806-

 

 

でもタイトルも変更されて、曲順も変わり、KAIKI様の曲2曲は華麗にカット。代わりに昔のレア曲が収録されてる。

曲は全体的にリミックスされて、ところどころ変わってる。手に入りやすいのはやはりこちらだけど、えみかは「ROUAGE」の方が好きかな。

ヴィジュアル系上級者にしか踏み込めない&受け付けないこの名盤。みんなも聴いてみてね!

終わり

 

過去の完全に入り込みシリーズ

maemuki.hatenablog.com

maemuki.hatenablog.com