さわやかでまえむきな人間になりたい男が
好きな「文化」を語る。
そんなブログです。from 2004yaer。

ファンレター&苦情はこちら kyopon2017@yahoo.co.jp



リエンターになりました!!!!

最近、Rentrer en Soiにはまってます!!!
ぴエラーをあきらめ、リエンターになりました。きっかけはなんとなくで、KLACKで盛り上がって?しまったフールズメイトのイベントで初めて見たのですが、やはり決定打は見にアルバム「ゆりかご」でしょう。これは優雅事件の起こるちょっと前に自主制作でリリースしたミニアルバムで、現在入手不可です。
彼らは、透明感のあるいわゆる「白い」世界が特徴です。白いって言われてもわかりませんよね。初期のラルクみたいな感じでしょうか。
クリーントーンのギターに、抑揚のあるメロディ、自然や心象風景と組み合わせた穏やかな世界、しかし空へ飛んでいくような疾走感。。。
勝手に「白系ヴィジュアル」の系譜を作ってみました

(洋楽)
コクトー・ツインズ4ADレーベルのみなさん(浮遊感)
スミス(クリーントーンのギター)
U2の割と初期(エフェクト)

超後期DEAD ENDの一部の曲(本当にごく一部)

LUNA SEA の初期メジャーの世界観

アインス:フィア(LUNA SEAの影響は受けてないだろうけどw)

ラルク・アン・シエル

アンジェ∞グレイ

極初期マリス・ミゼル(当時東京のシーンではマリスが白系だった)

ラクリマ・クリスティ(微妙かも)

後期ベーゼ(ちなみに初期ベーゼはマリスの白に対して黒系と呼ばれていた。オリジナルメンバーの紫はリエントール・アン・ソイのプロデューサー)

BIBLEの頃のROUAGE

EllDorado

RONDE

AURORA(綴りあってます?)

Rentrer en Soi

こうだったような気がする。
しかし、「白系」な音楽は、残念ながら「黒系」のバンドの一部レパートリーとして組み込まれることがほとんどです。
Dir en greyの「太陽の碧」とかDの「Angelic blue」とか
一番顕著なのは、コテコテバンドSyndromeが、「白い」曲と「黒い」曲に分けて発売した 「CORE〜黒夜現〜」「CORE〜白昼夢〜」というミニアルバムだろう。
白は所詮黒に飲み込まれるのだ・・・同じこの夢と暗い体・・・night・・・黒夢がぁ・・


そんな絶滅種Rentrer en SoiのCDレビューしますよ