さわやかでまえむきな人間になりたい男が
好きな「文化」を語る。
そんなブログです。from 2004yaer。

ファンレター&苦情はこちら kyopon2017@yahoo.co.jp



baroqueのアルバム「Sug life」がmixiのレビューで神扱いな件について

sug life

sug life

http://mixi.jp/view_item.pl?page=1&id=43127

2004年の9月にひっそりと発売されたバロックというバンドのアルバム「Sug life」がなぜかmixiのレビューで
神扱いだった。2006年頃からmixi自体が爆破的に会員が増えたので、それも影響しているのかなと思ったのですが
このバロックというバンドはかなり曰く付きのバンドで


結成当初→ファッショナブルな衣装(当時まだ主流だったエナメル髪青ピンク)に、軽い曲調、ちょっと意味不明だけど
椎名林檎系の「〜なんです」調の歌詞。メンバーの脅威の若さ、事務所力もあいまってあり得ない人気


そうしてこうして結成して2年もしない間にNHKホールのワンマンライブを成功させて、あっという間に
メジャーデビュー!ただし、インディーズ後期の頃には、音楽性がDragon Ash意識のような音楽にチェンジ!
衣装も段々フツーの若者に!


メジャーデビュー→デビューシングルはまあまあの売れ行き。デビューをきっかけに人気爆発とはいかなかった。
武道館ライブはガラガラ、音楽性の変化と明らかに「脱・ヴィジュアル系」をはかっている雰囲気にファン離れが
深刻に 当時の風潮は「初期バロックは最高」「今は単なるドラゴンアッシュのパクリ」


その後、メンバーの素行の悪さを理由に、事務所社長の、あの!ダイナマイトトミーがバンドの活動停止を言い渡す
あのトミーさんがそんなこというんだから、ほんとにすごかったんでしょうねーーー
今で言う沢尻エリカのようなバッシング!ファン離れはますます深刻に!


なんとか復活し、シングルを何枚か発売。そして最初で最後の「Sug life」発売
数日後、解散を発表。。。


確かこのアルバム、ムックのメジャーデビューアルバムと当日発売だったような気がする。
光に満ちたあちら側と、終わってしまったこのこのバンドとの差がスゴイな、、、と当時思ってました。


そんなゴミのように当時は思われていたこのアルバムですが、ふとしたきっかけで聴いてみたところ
凄いんですよ!超画期的なアルバムなんです!
ヴィジュアル系が、初めて本格的にシューゲイザーに挑戦したんですよ!
シューゲイザーって何って人は検索してみるといいよ!マイブラとかライドみたいなやつですね!
日本で言うと、初期スーパーカーみたいな感じかな?


当時のこのアルバムの評判も、一部のファンを除いて「ボーカルがよくきこえない!」「ギターがごちゃごちゃしてる!」
みたいな評価でした。そりゃあそうでしょうねえ 
マイブラを聴いて「ボーカルがよくきこえない!」とか「ギターがごちゃごちゃしてる!」とか言ってるようなもの
そういう音楽なんだもん!そりゃーそうだ!


本人達の音楽的なルーツにシューゲイザーがあったのかどうかは全く持って謎!
当時のインタビューでは「俺たち、宇宙に行っちゃったね」とか意味わかんないことばっかり言ってた記憶がある。
推測するに、ドラゴンアッシュがあたりが好き→それっぽい曲を作った→ギターは歪んでた方がいいよね
→宇宙的に2人で好きに弾こうぜ!→結果、ギターサウンドがカオスに→
ドラムもいないし、打ち込みで、ついでだからシンセもいれちゃおう→
この曲あんまり頑張った感じで歌うのよくないよね→力抜いて歌おうかな
という経緯で、たまたまシューゲになっちゃった「天然シューゲイザー」だと思うんですよ
スゴイですよ。そんなの、ありえない!


その天然的独創性に、みんなやっと気付いたんじゃないかな!
よくレビューを読むと泣きのバラード「キャラメルドロップス」の事ばかりのような気もするけど


とにかくバロックの「sug life」はヴィジュアル系史上唯一のシューゲイザーであることは間違いありません!
かなり貴重な名盤です!



アルバムの3曲目のシングル「ガリロン」
疾走系シューゲイザー。。。というには、ややボーカルが前に出ていますが
これはPVだからシングルバージョンですね。アルバムでは更に奥にボーカルが引っ込んでます。
それにしてもヴィジュアル系の片鱗すら見せませんね。クールなメロディはルミナスオレンジのようです!
う。。。そんなことないか


これまたシングル「nutty a hermit」シカゴ系を意識してるかのようなAメロが素敵
格好もどうみても下北系で笑えます。

シングル「lia.」
この曲ドラゴンアッシュ臭さがあるんですけど、好きですね!
やたらもうすこし、優しく控えめに歌えば完璧なナードヒップホップとシューゲイザーのミックスになったのに


結成当初のオサレ系の基礎を作ったといわれる「あなくろフィルム」
ほんと、3,4年の変化とは思えないですね
今にしてみると、なんかカリガリみたいだな。。。。