さわやかでまえむきな人間になりたい男が
好きな「文化」を語る。
そんなブログです。from 2004yaer。

ファンレター&苦情はこちら kyopon2017@yahoo.co.jp



2007年の自分的ベストなフィギュアスケート

ブログっていいですね。SNSもいいんですけど、反応がありすぎて
好きな文章書けない。空気読んじゃうから。
読み手が匿名だと、かえって気が楽。
あっちでスケートの事とか、ヴィジュアル系の事かいても
何の反応も無いからな
無くてもいいんだけど 「その人に取って無駄な時間をすごしてもらっちゃたのかしら」とか
思っちゃうんだよね


こっちでは好きなように書くぜ!!


ということで、2007年に感銘したフィギュアスケートのプログラムの話です。
今年は世界選手権を見に行けた!ことが大きなニュースでした。
うわさによると、近年にもう1回くらい日本で(しかも名古屋で)やるのでは?というのもありますが
やはり何十年に1度、自分の国で世界の最高峰の演技が見られるというのは、生で見なくては
行けません!!
ちなみに自分が観に行ったのはアイスダンスのODと男子フリースケーティングです。
自分的には本当は女子とか見たかったんだけど、プレミアチケットですから。


生で観て一番感動した演技は
スウェーデンの選手Kristoffer Berntssonのこの演技です

SPが下位で、かなりプログラムの前の方に出てきた為、テレビでも放送されませんでした。
曲はなんと「サタデー・ナイト・フィーバー」!ずーっとクラシックが続いてたこともあり
会場はノリノリ。本人もノリノリ!
中間部は突然曲が変わってX JAPANの「Forever Love」一体なんなんだ!また元に戻って最後はガッツポーズ
会場はスタンディングオベーション!神演技を産まれて初めて目の当りにしました!


あとは高橋大輔くんは全日本の方がよかったし、優勝したジュベールは手抜き
ステファン・ランビエールは会場は盛り上がってたけど、なんかスケールが小さい気がして、俺的には今市。
トマシュ・ベルネルは新しいスターの登場という感じで楽しかったなー。クリストファー・ベルントソンと仲が良いらしい。
NHK杯も良い感じですね。キャラ立ち最高!
織田君の3A-3T-3lは凄かった。割と自分の席の近くで飛んだので驚きました。


世界選手権の男子といえば、テレビ観戦でしたが
ジェフリー・バトルのSPは素晴らしかったです。ピアソラのADIOS NONINOのピアノ独奏部分だけというセンスの良い選曲。

ステップワークが細かいピアノのフレーズと合っていて最高です。芸術!
キメ顔もすごいですね。


世界選手権といえば、やはり女子の盛り上がりは神でした。
昨年のテレビ視聴率ランキング、紅白を抜かすとトップは世界選手権女子フリーだったらしい。
殆ど生放送(のようなもの)だったし、あの内容じゃそうなるでしょう。
前日のSPで真央ちゃん失敗 安藤2位 キムヨナ神演技で1位
そんでもってキムヨナ大転倒 真央ちゃんは・・・脅威の神演技で逆転!会場感動に包まれる
しかし最後に安藤が手堅い演技で優勝!すごい流れでした。


ただ、キミー・マイズナーたんの端正な滑りもよかったです。
最近某所で人気ですね。マイズナーたん。うわさによると、とにかく良い人らしい。
アジア勢3強に阻まれて大変ですが、がんばってほしいです。


あと、イタリアのスポーツカーウーマン カロリーナ・コストナーのSPもよかったです。
パッヘルベルの「カノン」というシンプルな選曲がいいですね。
ジャンプも高くて、スピンも優雅。アジア勢の演技も良いのですが、こういうのを見ると
あ、フィギュアスケート!と感じます。


シーズン終わって、明けて織田君の事件があったりしてなんだかイヤーな幕開けだったような気がしますが
浅田真央ちゃんがThe Iceで滑ったエキシビションナンバー「So Deep in the night」は衝撃でしたね・・・

これまでと方向性の違う優雅な動作、なめらかなスケーティング、あふれ出る感情・・・
カメラの位置を間違えたのか、逆側から写してますが、演技が凄すぎて大きな問題ではないです。
もう真央ちゃんの時代か・・・と思ったのですが、キムヨナはもっと凄かった>< 難しいもんですね


グランプリシリーズは、女子に限って結構マイナーな選手を見ることができて楽しいですね。
スケート・カナダでSPで真央ちゃん中野ゆかりんを抜いて1位になったフィンランドラウラ・レピスト
爽やかな風の如き演技が凄くよかったです。その分FSでのコケっぷりも凄かったけど・・・


スケートカナダは、全然期待してなかった武田奈也ちゃんが凄かった。そこで自身をつけてNHK杯で花開いたという感じかな〜
NHK杯は女子に限っては本当にひどい試合でした。観に行かなくてよかった・・・行った人すみません><
1位のコストナーはジャンプもイマイチ決まらず、全体的にグダグダ。2位のサラ・マイヤーは一応まとめましたが、演技後の高得点に
本人が「どうでもいいわ」的な表情をしてたのが全てでしょう。この負けず嫌いの姿勢はかっこいい。
それにしてもサラ・マイアーは選曲のセンスと衣装のセンスがいいなー 新美徳英なんて日本人でも誰も知らないよ。
安藤美姫ちゃんは「トリノの悪夢再び」という感じでしたね。凄かった。あそこまでひどいと爽快。
そんな中、ルッツが飛べなくてもフリップこけても3位に入った武田奈也ちゃんは素晴らしい。やれる事をうまくやったら評価されるんですね。

SPの「ジャンジャン」で終わるラストの笑顔がいいですね。ジャン!ジャン!→笑顔は最強の組み合わせ。


グランプリ・ファイナルは特に・・・という感じだった。真央ちゃんのフリーは凄かったけど、やっぱりショートでミスしないでほしいなー
振り付けをしたタチアナ・タラソワが解説してるロシア版の中継の動画を見たんだけど「私の振り付けが良くなかったかもしれません」
なんて言ってたのが泣けた・・・
キムヨナは完璧だった。。怖いです。あの子どうなってるんだろう。色んな意味で強いです。強いことは素晴らしい。


全日本は太田由希奈さまが前年の12位から躍進して7位!
いよいよ復活か???

順位どうこうよりも、その素晴らしい表現力に感服しました。泣きそうになった。
アランフェス協奏曲の切ないメロディと相まって、まるでひとつの物語のようでした。
ジャンプが簡単なのばっかりとか、そんなのどうでもいい感じです。スポーツなので、重要なのはわかるけど。
来年も良い演技を見せてください。


全日本男子は、ジュニア1位無良嵩人選手に感銘を受けました。すげートリプルアクセル
佐藤有香大先生に教わってるらしい。
あとジュニア2位の佐々木彰生選手も凄い。ジュニアのグランプリシリーズの動画も見たけど
すごいステップ、すごい踊り。そしてすごいトリプルルッツ
でもトリプルアクセルもループもフリップもできないんだって!すごいなどうなってんのwあんなにルッツはすごいのに。
男子はノービスにも凄い子がいるらしい。女子と比べて男子は将来明るいのかなー


で、なんとなく翌日のエキシビションを見ていたところ、全く予想もしていなかったところから神演技がやってきました。
真央ちゃんとタメの17歳 水津留美のエキシビションです。

水津選手は、今年の全日本ジュニアで1位 昨年は2位で世界ジュニアは5位
安藤や真央ちゃんと比べてもスペックは劣ってしまうのですが、このエキシビションは神でしょう。
Nitin Sawhneyの「Nadia」というインドっぽい曲に乗せて、インドなメイクに衣装でキメた
インドっぽい美少女の水津選手がインドっぽい振り付けを完璧に表現してます。
素晴らしい!
ミシェル・クワン(そういえば水津さんクワンに似てるような)がかつて「サロメ」でオリエンタルっぽい振り付けを
やっていましたが、ここまで徹底したのは初めてみました。しかも振り付けのニュアンスも完璧。
特にステップのキレ、流れは神としかいいようがないですね。
ジャンプでは安藤や真央ちゃんに大分劣るのですが、このエキシビションはそんなのを軽く吹き飛ばす素晴らしい出来です。
ジャンプも好きなんだけど、こういう選手にも上位に行って活躍してほしいなあ。
来期は競技用プログラムでインド極めてほしいです。



他には
クリスマス・オン・アイスで見たエフゲニー・プルシェンコの立派な出腹
同じくクリスマス・オン・アイスでの荒川静香の美しさ
あとは、世界選手権の中継での山口達也のナイス解説が印象的でした。
国分太一が「うわぁーみとれちゃいましたねえー」とか言ってる横で「トリプルルッツからは表情が明るくなりましたね」と的確なコメントを
サラリというのは素晴らしい。マジで交代しろ!!!!!
というわけで終わりです。