さわやかトラウマ日記

さわやかな音楽ブログです from 2004


さわやかでまえむきな人間になりたい男が
好きな「文化」を語る。
そんなブログです。from 2004yaer。

ファンレター&苦情はこちら kyopon2017@yahoo.co.jp



最近聴いている「タイポップ」を紹介します!SmallRoom、La Ong Fongなど

最近、僕は急激になぜかまたタイのポップスや、ソウル・ファンクなどをよく聴いています。

僕の中で、タイポップといえば、僕の歪んだ渋谷系観、実体験を伴った!渋谷系コンプレックスを見事に破壊をしてくれた、このアルバムです。

maemuki.hatenablog.com

このSmallroomというタイのレーベル!サイアム(バンコクの地区名)系といわれるレーベルによる、フリッパーズ・ギターの1stアルバム「海へ行くつもりじゃなかった」をレーベルのバンドがそれぞれ曲順通りにカバーするというトリビュート・アルバムです!このセンスの良さ、柔軟性多様性!全てがすばらしいアルバムでした。もう本家のアルバムより聴いてるかもです><

 

このレーベルのYouTubeのチャンネルも登録していました。

そこから、さらっと聴いただけでも、やっぱりいいなタイの音楽ってと思いました。やはりタイ語の響きは優しくて、軽いということ。ポップスには合うんですよね。日本語はどうにも響きが重くて…。そしてサウンドもこのレーベルの音楽は僕の好みのものが多いです。優しい力の抜けたポップス、バンド音楽だけど、ロックには寄りすぎていないところがいいです。

www.youtube.com

このAppleMusicには2曲しか入っていないPOSTBOXというバンドの「DEVIL FAIRY」が、かなり気に入りました。日本ではなかなか無いような、力の抜けた、そしてどこか変な音楽です。ボーカルが頑張って歌っている感じではないのがいいです。変なコードでふわふわ入ってくるキーボードも良い感じです。

後、このバンドに限らず、ギターの音がすごく良いと思います。湿り気があるけれども、しつこくない。タイ料理もそんな感じですよね。塩味、甘さ、苦味、辛さ、全てが合わさっているけれど、しつこくはない。初めて行ったバンコクで食べたトムヤムクンを食べた時のような感激に近いです。いろいろな味が一体となっていて、カラフルだけど、良い意味で後を引かない感じです。わからないよなあ。ほんとうに美味しいんですよ本場のトムヤムクン!!

www.youtube.com

こちらもSmallRoomのバンド SOMKIATです。力の抜けたソウルなポップスです。どこかに隙間がある感覚があるんですよね。なんか日本のバンドの録音とは違う気がするんですよね。。木の精山の精?

サビはボーカルがオクターブになって、すごくキャッチーですよね。CMソングなんかでもよさそう。最後は転調なんかもしたりして。。ニクいなあ〜

そしてカラフルなヴィデオ!見てて楽しい!女の人もきれいです。タイの人は、美白信仰らしいですよ。日本人も十分に白いらしいです。しかし、なので、白人の方が男女共に人気なのです。タイでは外国人のことを「ファラン」と呼ぶのですが、本来は白色人種の事を指す言葉らしいです。外国人=白色人種、かつて日本もそうだったような気がしますよね。僕もけっこうそのケがあったりします><しかし、叶えたい事は「世界平和」なのです。綾瀬はるかさんと一緒です!!

www.excite.co.jp

www.youtube.com

こちらはタイのblur!というわけではなさそうですが、なんとなくUKっぽさを感じるSLURというバンドです。ナイーブな楽曲で悲しげなところが良いですね!この「FLASH BACK」という曲、歌詞はやはりわからないのですが、悲劇的な歌詞なんですかね。タイ=微笑みの国なんてよくいいますが、それは自分達が観光客だからなんだな、といつも思っていました。当然、彼らにも悩みはたくさんある、そして今現在、タイは軍事政権なんですよ・・。またそうなってからはまだタイに行けていないのですが、あまり良い噂を聞かないので心配です。

www.youtube.com

SmallRoomの大物バンドTATTOO COLOURも、やはり力の抜け具合が心地よいソウルミュージックです。ここまで紹介をしたどこのバンドよりも再生回数が多いですね!先程紹介してフリッパーズ・ギターのトリビュート・アルバムでは「Exotic Lollipop 」で参加しています。他の曲もどれもカッコいいです!たくさん音源があるので、もっときいてみます。

www.youtube.com

www.youtube.com

そして、SmallRoomではないLa Ong Fongです。このバンドは、日本でもリリースやライブをしていたバンドなんですね!全然知らなくて無知で恥ずかしいです。

allabout.co.jp

この完成されたサウンド!すばらしい楽曲!そしてやはり力抜けた空間系ポップ!それはリズム感の良さの表れなのかもしれないですね。そして明るい!それは言えますね。微笑みの国なんて言われているのは、こちらからの目線なのかもしれませんが、国民性は明るいのかもしれないですね!?ちっとは見習いタイ!

上記のインタビューによると、かなり日本が好きみたいですね。渋谷系も…ラウンドテーブルが好きとか、信用できます!みなさんご存知ですかラウンドテーブル!知らないか><

日本語の曲もリリースしたりしています。正直、僕は日本とか気にしないでほしいなって思ったりもします。日本なんて飛び越えていってほしい!なんか勝手だな><

今日はここままでです。まだ知らないバンドがたくさんあるので勉強します!おわり!